カルカッソンヌ旅情報

カルカッソンヌ ミディ運河 クルーズはする価値ありか?

カルカッソンヌ2つ目の世界遺産ミディ運河観光をしてみるべし

せっかくカルカッソンヌを訪れるのなら、、、

お城だけではなく「もう一つの世界遺産 ミディ運河も観光したい!」という方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

が、、、そう思っても、クルーズの情報が少なく、情報がつかめないまま、現地入りして予定がイッパイ。

で結局

「ミディ運河観光は、クルーズ船を、カルカッソンヌ駅の橋の上から、見送るだけに終わたぁ〜」という事も、あるのではと思い、

今回運河とクルーズの事を、観光が楽しめるようにと、記事にまとめてみました。

スポンサーリンク

ミディ運河とクルーズ

■ミディ運河ってどんな運河?

地中海から、大西洋を横断する。大きな運河。

ミディ運河沿いの街の、ワインなどの物資を、流通させ
るために作られ、鉄道が登場するまで使われていました。

造ったのは、リケという運河沿いの南の街、ベジエに生まれた人物です。

1666年に工事が開始され30年程の歳月をかけて完成されました。
1996年に世界遺産に登録されています。

こちらは運河とリケの歴史秘話の記事です。宜しければお読み下さいませ。
ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語

カルカッソンヌ駅を降りると、すぐ目の前をこのミディ運河!

休暇でシーズンになると、運河をクルーズするヨーロピアン達、地中海から大西洋へ数週間かけてクルーズする船も。。

■クルーズってどんなクルーズ?

ミディ運河観光クルーズは、アウトドアー的な雰気。大きな河川の大きな船での、きらびやかな雰囲気のクルーズとは違う趣向です。


小型の遊覧船で、1時間〜2時間ほどユルユル水上を走り、季節の風を感じながら、船上から、自然の景観を楽しむものです。

運河クルーズおすすめポイント

ミディ運河クルーズ気軽に観光できる世界遺産

運河クルーズ船の乗り場が、駅近で場所が解りやすく、アクセスが良く、1〜2時間程の短いクルーズなので気軽に楽しめます。

クルーズのお楽しみは、、、

船上のゆっくり流れるかのような時間の中で、カルカッソンヌのお城を遠くに眺めたり、船のガイドさんの説明、運河の歴史(英、仏、西語)のお話を聞いたり、水門を船でくぐり抜けたり、といったところです。

■クルーズの見所

その①:自然と景観を楽しむ
ミディ運河沿いの自然や、世界遺産のカルカッソンヌ城(コースによる)を眺められる。

その②:ミディ・運河の歴史解説

船上での、クルーズのガイドさんの、ミディ運河の歴史解説(英、仏、西)
クルーズのコースは2つあり

その③:水門
運河の水位を調整する水門で、水の高さ調整が、船の中で体験できます。。

■水門のお話

水門といっても、、、、ピンと来ない。かもしれませんね。

写真のような仕掛けです(400年ほど前からの)水の高低差で水位を調整するもの、今でも運河で、日々使われています。

カルカッソンヌミディ運河水門にてクルーズ船が通過する様子


水門の水の切り替え場面、頑張れ!お兄いさん〜


水門の水が切りわ割った後、水位が上がってま〜す


水門の水は最初はこんなに低かったんです〜

余談ですが、、

運河沿いの、こちらの水門が8段階もある事で、有名なベジエという街で(カルカッソンヌから70キロ地中海方向)こちら、8段階の水門を、クルーズ船くぐり抜けた友人がいました。

これが、水門一つ抜けるのに何十分も、かかるわけですから。

水門八つ通過する、となると、、、かなり凄かったようで、時間だけでも3時間くらいかかっていました。。運河水門好きの方には堪能できて、オススメです。

でない方は、眺めるだけにしておいた方が、、良いかもしれません。

カルカッソンヌの観光クルーズで体験するのは、水門は1段階の通過です。気軽にお楽しみいただけます^^。

スポンサーリンク

クルーズの注意点、等、、

その①:
船内が、混み合うこともある

モンサンミッシェルに次いで、フランス第二の観光地のカルカッソンヌには、世界各国、仏国内から、観光客がひっきりなしで、又遠足等学校の行事にも利用されています。

クルーズ船内で、学校の遠足などと鉢合わせすると「楽しいけど、、静かなクルーズがぁ〜楽しみたかった」と思うことも、正直あります。。

その②:
風と太陽の対策が必要

クルーズの船上では、運河を吹き抜けるや、水上の太陽の照り返しを、モロに受けます。

又カルカッソンヌは盆地で風が強いのですが、風が吹くと船では肌寒く感じます。夏の始まりや終わりには、少し厚手の風を通さない素材ジャケットなど、来ていた方が安心です(例:デニム、ゴアテックス素材ジャケット、ダウンのチョッキ

紫外線も春〜秋の間強く、サングラスで目を防御したり、帽子、日焼けどめなど事前に日焼け対策の用意を。

その③:
運行スケジュール調整を事前にチェック!スケジュールは変則的

あっという間に、時間が過ぎてしまうのが観光の滞在です、クルーズ運行スケジュールと、到着出発時刻等とのスケジュールを調整が、必須です。又クルーズ船の予定は季節によって変更されます。記事の後ろに詳細記載

クルーズINFO

■カナル運河観光クルーズの種類と時間

・1時間コース:8€〜
ナルボンヌ方向(西)へ数キロ進み、遠目にカルカッソンヌ城を仰ぎ、水門を船で通過し水の高低差が変わるのを体験。

・2時間コース:10€
トゥルーズ方向へ(東)へ7キロ程進み、折り返し地点のカフェで休憩。こちらの方が静かで、何方かといえば、コースで、ミディ運河らしいクルーズ(此方はお城の眺めは無し)

■運行スケジュール
大よそ1日3つの時間帯に運行されます。

・午前10時頃
・午後14時頃
・午後18時頃

注意①:詳しくは運行会社にお問い合わせください(記事下記載)

注意②:クルーズ運行時間は季節によって変更され、11月から3月までは、クルーズは完全運休。

■食事付きコース約2、5時間:
10€(クルーズ代金)+27€(食事代金:食前酒、前菜、メイン、デザート、コーヒー)

・ランチクルーズ:毎日(月休4月〜10月迄)
・ディナークルーズ:月、金、土曜日(6月15〜9月15日迄要予約)
・レストラン:Bateau Restaurant
・☎︎:0033(0)695792120)

食事付きクルーズは割高?でも利点も。。

ランチか、ディナー食事とセットのクルーズは、時間的には便利ですが、西洋人向きなメニューなのと、割高な気がします。(クルーズと食事代で一人38€)

でも、、、

船上でユックリと雰囲気を楽しみたい方、、夕暮れ時ワイングラスを傾け、ディナーも楽しみたいという時は、、悪くない趣向なのか?とも思いますが。。好みが分かれるところでしょう。

2つあるクルーズ会社比較

運河を挟んでクルーズ会社2社の予約窓口があるのですが、2社の間に大きな違いは無く、クルーズの内容は2社同様で、2社の違いは運航スケジュールの出発時間が30分程違う事。

・場所:クルーズ運行会社2社予約窓口共カルカッソンヌ駅近く

・値段:8〜10ユーロ
・時間:クルーズ時間1時間〜2時間
・予約方法:電話予約か当日直接窓口にてチケット購入。

Croisière Carcassonneは食事付きクルーズ有。
Le Conqueは貸し自転車有

後は、、船のモデルの違い、船の座席の並びの違いで、個人的にはLe Conqueの方が好みです。

・運行会社名:Croisière Carcassonne
☎︎: +33 (0)680 475 433
食事付きのクルーズはコチラ

・運行会社名:Le Conque
☎︎ +33 (0)650 407 850

ミディ運河をもっとも活用し、楽しみ方を知っているのはゆったり、自家用クルーズ船で訪れる、ヨーロピアンのバカンス客かもしれません

スポンサーリンク

関連記事
ミディ運河カルカッソンヌ今昔物語

おすすめ記事
コンタル城を100%満喫するための観光ガイド
カルカッソンヌ城の絶景を観るための
地元ガイドの情報

カルカッソンヌ現地駅からの行き方|3つのアクセス方法

ブログランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです!!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. フランス人が英語を話さないワケ
  2. 標準的なフランス語って何?

関連記事

  1. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?

    あのマイケルもジョニーも宿泊のホテルカルカッソンヌで一番の、格式と…

  2. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ観光②|現地観光は歴史ロマン

    カルカソンヌ城欧州史上最強無敵の城壁から、歴史ロマンを垣間見るスス…

  3. フランス旅情報

    南フランスの穴場ビーチで、お気楽バカンス

    ローカルなお気楽ビーチがオススメフランスのリゾートといえば、ニース…

  4. カルカッソンヌ旅情報

    歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た

    カルカッソンヌ城壁内の歴史と建物を、サラッと見学するツアー「カルカ…

  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌの穴場ホテル・ポン・ビュー

    カルカッソンヌ観光に便利な滞在先は?カルカッソンヌに来たら、「中世…

  6. カルカッソンヌ旅情報

    南仏ガイド③|トゥルーズ 薔薇色の街て本当にバラ色?

    「薔薇色の街」トゥルーズはそれは、それは、美しいお屋敷や、歴史的な…

twitter

最近の記事

  1. 冬フランス観光の服装「防寒?お洒落?」どうする寒さ対策
  2. モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語②
  3. おフランスの魚達
  4. おフランスの常識①|ユーロ通貨その2 
  5. 南フランスの穴場ビーチで、お気楽バカンス

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. 南フランスの毎日

    そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
  2. 美味し国フランス

    白いタラのブランダッド
  3. 美味し国フランス

    チョコレートは仏人のお口の恋人
  4. カルカッソンヌ旅情報

    コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
PAGE TOP