カルカッソンヌ旅情報

カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?

あのマイケルもジョニーも宿泊のホテル

カルカッソンヌで一番の、格式と歴史を誇る、五つ星ホテル。

世界遺産要塞都市、お城の一角にあります。

カメラの望遠で、、ズームして見ると、、

ココだけ空気が違う、別世界のような、、ホテルのカフェテラス

こちらのホテル、日本で言えば重要文化財クラスの建築物が管理されています。

そしてそれを、一般の人にホテルとして、扉を開いているようなものです。

サンナザール教会横の、ホテル正面限界

それもその筈、このホテルは元々、隣接する世界遺産のサン・ナザール教会の、司祭様(一番偉い僧侶)のお住まいだったそうです。

ステンドグラスが豪華な事で有名な、シテ内サンナザール教会

教会が建設されたのが、13世紀。同じ頃こちらのホテルも建築されました。

現在までの、、、800年ほどの時が流れる間に、その時代の色々な。。権力者の手に建物は委ねられて来たという事で、第二次世界大戦の頃は、仏国を占領していた、あのドイツ軍のナチが建物を使用していた事も、あるそうです。

スポンサーリンク

そんな戦乱の時代を経た後、ホテルになったという、何とも数奇な運命を持つ建物なんですね。

現在は城内、随一の格式と歴史あるホテルとなっていてます。

館内にはミッシェラン一つ星レストランスパ、カフェ、バーなどの設備があり、それぞれ素晴らしい施設です。

カルカッソンヌにセレブが来ると、こちらに御滞在ようです。(マイケルジャクソン、ジョニーディップは来館した時のサインがホテルにあるそう)

 


敷居が高〜い、、エントランス


ドアを潜るとこちらに出ます

ホテル入り口から庭へ通じるホール


レストランとカフェバーの入り口


こちらはホテル内、ミッシェランの一ッ星レストラン。


真っ白な、クロスが怖いくらい綺麗

カフェの横のバー
重厚な雰囲気のカフェ

遠目で解らないのですが、ウエイターさんは、まるでビッフェの版画から抜け出てきたような、彫りの深〜い顔立ちで、スマートな物腰の方で、いかにも一流ホテルの給仕さんという雰囲気でした。。

それから、働いている方々美男ん美女が多く、そんな所からして

やっぱり5ッ星ホテルは他と違うな〜と、、いう印象でした。


とても上質な革張りのソファーは、とても座り心地が良かったです。

と、、ここにで寛いで、、

かなり満足していましたら、、

秘密の扉を発見?!

本棚の下の段の本とっても年代物だと思われますが、、とっても大きいです。ソファーと比べてみてくださいナ、

突然

本棚だと思っていた所から、綺麗なホテルの受付の女性が出てきたではありませんか!

ここは秘密の扉通用口?
(写真テーブル席後ろ、縦長の本棚は偽物で、実は扉です)

他にも、何か仕掛けが、あるのかも、、

ナント!!コーヒーに付いてくるチョコレートが、カルカッソンヌのお城型という粋さ!

 

スポンサーリンク

中世の不思議の国の、ホテル庭園写真館




不思議の国のような雰囲気
上の写真には、実は人間が、二人混ざってま〜す。

丁度お庭の飾り付けが季節の変わり目で、新しく変わり、風変わりな動物達の彫刻数体が展示になって、ちょっと怪しい独特の素敵さに。

 

ワン子様も格調高くお散歩

こんな環境でティータイムも、、

館内は細部の作りも凝っています。窓とその飾りの紋章かなり細か〜い細工です。

漫画に出てくる王家の紋章みたい。。です


ホテル内のスパ

地元ガイドのホテル採点

・施設:★★★★★
・コスパ:★★★
・サービス:★★★★★
・ロケーション:★★★★★
(満点星5つ)

■良い点

①何と言っても、世界遺産のお城の一部にあるかのようなホテル、泊まれるだけでも素晴らしいかと。

②雰囲気が重厚、歴史伝統の空気の濃い感が凄いです。

③ホテル内の調度品や作りが、クラッシックホテルらしい一級品揃いです。

④四季の花や緑が豪華に整えられ景観が素敵な、お庭が素晴らしい。

■悪い点、注意点

①カルカッソンヌで格式、歴史何でも一番ですが、宿泊費も、一番お高いホテル。

余談ですが、、朝食も28€と高額!庶民は、予算の考えると、一寸身構える所です。

(こちらの朝食では何でも、、オムレツなどマイオーダーの作りたてを作ってくれるそうですが、、28€といえば、カルカッソンヌでは、星付きレストランでランチが、食べれる値段ナンですけどぉ、、美味しそうですね〜)

②駅や空港から、要塞都市のお城の入り口までの車でたどり着いたら、、

その後、数百メートルは石畳を、雨だろうと、雪だろうと、自分の足で歩き、
スーツケースを押して徒歩🚶。お迎えシャトルバス無しで〜す。

③今回のルポではホテルの部屋は、拝見してません。

が、こちらのホテルは、部屋のタイプが色々で、予約の時自分の好みの部屋、、
眺めがある部屋、広い部屋など、希望を言った方が良いそうです。

ホテルINFO

■ホテル名:
ホテル・ド・ラ・シテ(Hotel de la cité)

■宿泊費:
約320€〜

■☎︎:
Tel: +33 (0)4 68 71 98 71

■公式ホームページ:
http://www.cite-hotels.com

■住所:
Place Auguste Pierre Pont 11000 Carcassonne – Cité Médiévale

[ホテル周辺地図]

Googlemap

スポンサーリンク

おすすめ記事
コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
カルカッソンヌミディ運河クルーズはする価値ありか?
カルカッソンヌ城の絶景を観るための地元ガイドの情報
カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状
カルカッソンヌ観光を1泊で満喫するためのホテル選び

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです!!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. フランス人が英語を話さないワケ
  2. 標準的なフランス語って何?

関連記事

  1. カルカッソンヌ旅情報

    コンタル城を100%楽しむための観光ガイド

    世界遺産城壁都市の本陣コンタル城「カルカッソンヌの、城壁を、観ず死ぬな…

  2. フランス旅情報

    秋フランス旅行気候と服装|トレンチコートは伊達じゃない

    フランス観光にオススメの季節、哀愁漂う秋フランスに、旅行するのに良…

  3. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌの穴場ホテル・ポン・ビュー

    カルカッソンヌ観光に便利な滞在先は?カルカッソンヌに来たら、「中世…

  4. カルカッソンヌ旅情報

    歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た

    カルカッソンヌ城壁内の歴史と建物を、サラッと見学するツアー「カルカ…

  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ

    ミッシェラン2ッ星シェフのお手軽ビストロ登場高い、高飛車、料理がソ…

  6. フランス旅情報

    南フランスの穴場ビーチで、お気楽バカンス

    ローカルなお気楽ビーチがオススメフランスのリゾートといえば、ニース…

twitter

最近の記事

  1. フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食②
  2. ムール貝をフランスで食べると|バケツ鍋一杯、一人前が当たり前…
  3. フランス春の始まりは、一寸機械的!?
  4. 歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た…
  5. フランス郵便事情の不思議 お手紙編

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. 美味し国フランス

    スープ・ド・ポアソン|お魚のスープ
  2. フランス人観察記

    仏国主夫主婦事情
  3. 南フランスの毎日

    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  4. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城現地駅からの行き方|アクセス方法3つ
  5. フランス国事情

    フランス春の始まりは、一寸機械的!?
PAGE TOP