フランス人観察記

仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手

日本の温泉文化は世界一デス!!

お風呂と宿と食事がついたサービ
スが破格の値段で提供されている

とか

好きな時にフラリと、日帰り♨︎に
行ける

日本では、普通の事かもしれませ
ん、世界中を見渡しても、他の温
泉大国と比べても、

きっと日本が

ブッチギリの温泉天国なのは、間
違いないでしょう。

フランスにも温泉はあります。

大概作りは、温水プールで水着着
用の

「ローマ風テルマエ温水プール大
人バージョン」といった感じです。

bain12_v
写真:http://www.bains-couloubret.com

そして、日本のように、どこにで
も温泉施設があって、よく出かけ
るとという風でもありません。

施設は豪華なものから、庶民的な
ものまであり、日本のようにサウ
ナがあったり、マッサージやエス
テが受けられたりしますが、

スポンサーリンク

残念なのは

お湯の温度が「ヌル」いことで
フランスは全国的に同じようで
す。

実は

仏人の体温は低いのか???

と、思ってしまう程、彼らは熱
いのが苦手なんです。

日本人に程良い、湯加減の熱さ
が「ダメ」らしいという事なの
ですが、、

お風呂の温度だけでなく

熱い飲み物、食べ物も同じで
コーヒーやスープなど、食べる
時、ナマぬるいと、

「美味しくない」ので

器を温めて、中身も熱々にし
て「美味しく」頂きます。が

これを仏人に、熱々の同じ、
飲み物や、食べ物を出すと、、

「アツゥ、、何やねん!」

(なぜか関西弁ですが、雰囲
気コンナ感じです)

、、と失礼な事をした。みたい
になるんです。

で、

温泉も彼らに「熱いお湯に入る」
というと、

何か

「体に暴力的な事」みたいに
「熱いお湯はダメよね」と、、
いわれます。

9_131125-540x360
写真:http://sozaing.com/photo/

でも「熱いのがイケナイ」のは
フランスだけでなく、

他の国の人も同じな様で

スイス人の友人と、ジュネーブ
郊外の温泉施設に行った時も、
同じでした。

施設のお湯の温泉温度は、ヌル
く物足りなく、

スイス人の友人は「熱くなくて
いいワァ」と安心した様子でし
た。

話が、飛ますが、

以前インドに滞在していた時、
あるインドが風邪をひいたのと
聞いて、

「熱いシャワーを浴びる」と体
が温まり「良い」と親切のつも
りで言うと、

「それだけは勘弁してほしい」と
言われた事があります。

「?」と思い

後で、色々な人に聞いてみたと
ころ、

インドは熱帯の国なので、水シ
ャワーしか浴びない人達もいて、
普段、水シャワーで過ごす人達
には

お湯のシャワーは、熱すぎて
「ダメ」らしいのです。

シャワーでコウですから、温泉
なんてどうなるんでしょう。

ただ、これはインド人でも人に
ヨルようで、私は、温泉好きの
インド人も知っています。

elephant-1209037__340
写真:http://www.bains-couloubret

話が脱線してしまいましたが、、
つまり、

世界の中でも

日本人は何かと、、熱いものが
好む民族らしいのです。

体の温度に対する感覚が違う
、、、と

なので

フランスのフランス人のための
温泉施設は、フランス人に快適
設定になっているので

熱い湯加減が好みの日本人には
ヌル目だ。

という事のようです。

スポンサーリンク

そして、温泉意識(?)の違いも日本とフランスにはあります

「温泉に入るのは医療行為」と
フランスでは考えられていて、
場所により、

温泉に行く時は、医師の診断書
が必要だったりしますし、

高級スパ的なリゾートも、他に
ありますが、

雰囲気的に

マダムな人達が、数日滞在して
ダイエットや美容エステのプロ
グラムのために滞在する贅沢な
所、みたいで

「一寸お湯に」という雰囲気で
はいのです。

それでも、、

フランス全国でどの位有るのか?

解りませんが

中には、気楽に日帰りで入浴で
きる水着着用の温泉があります。

axville3_v
写真:http://www.bains-couloubret
フランスのある温泉の入り口

フランスの温泉地は、ミネラル
ウオーターの産地として有名な、
エビアン、コントレックスとい
った良質の水源で知られる地域
など

中央山岳地、スペイン国境近く
のピレネー山脈などに点在して
います。

私が、度々冬に行く

ピレネーのスキー場近くの、温
泉には、沢山のスキー客が、

一滑りした後、冷えた体を温め
にお湯に入りに来るのですが

フランスではレアな、

気軽に入れて、リーズナブルで、
施設も綺麗な温泉、

とあって人気が高いようでした。

お湯の温度はフランスにしては、
熱くはないものの、ヌル過ぎず、
許容範囲内でした、
(微妙な褒め方ですが、、)

雪が積もっている中、遠くから

野生の鹿が珍しそうに、私達温
泉客を観ていて、少し肌寒かっ
た事を覚えています。

フランスにも、きっと気楽に
楽しめる良い温泉が、他にも

あるのでは、、
あるとイイな、、、
と思います。

私は冬になると、温泉がとにか
く恋しくなり、自分の事を日本
人だなとシミジミ思うんです。

でも以前よりも、気軽に温泉に
行くことがフランスでも、

少し広がってきたような気がし
ていて、嬉しく思います。。

スポンサーリンク

オススメ記事
フランス主婦主夫事情
フランス人が英語を話さないワケ
ピエ|ノワール①欧州系移民とは?
フランス観光冬の陣②|
どうする寒さ対策

ブログランキング応援して頂けると、
嬉しいです!クリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. 標準的なフランス語って何?
  2. フランス人が英語を話さないワケ

関連記事

  1. フランス人観察記

    標準的なフランス語って何?

    日本語にも、地方訛りがあるように同じ様にフランス語…

  2. フランス人観察記

    ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編

    はじめに全5回「ピエノワール」のシリーズは、アフリカに住んでい…

  3. フランス人観察記

    フランス家族の肖像

    アムールの国フランス「アムールの国」と呼ばれる、フランス何…

  4. フランス人観察記

    仏国のバレンタインデー

    バレンタインは、フランスでもアムール❤️の日として、祝われるのです…

  5. フランス人観察記

    フランス人が英語を話さないワケ

    フランス語はフィンランド語位?!私には、ワケが解りませんでした…

  6. フランス人観察記

    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?

    色々な国の人が、フランスに暮らしているから、フランスは美しいと…

twitter

最近の記事

  1. 南フランスの穴場ビーチで、お気楽バカンス
  2. ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランスはパン王国
  5. ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. フランス旅情報

    南フランスの穴場ビーチで、お気楽バカンス
  2. カルカッソンヌ旅情報

    コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  3. 美味し国フランス

    仏国の愛しいキャベツ
  4. フランス人観察記

    フランスのシングルマザー達
  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城現地駅からの行き方|アクセス方法3つ
PAGE TOP