スポンサー·ド·リンク

詐欺被害を発見した時

、、、、、私は
スグに解らず、事態を把握するのに、数日掛かりました。

ソレが発覚したのは、11月の中旬。

銀行の入出金明細書に、某ショッピングサイトAZでの、身に覚えのない「49ユーロの買い物」の引き落としを見つけました。

その時は「?」と、首をかしげただけ。

そして、、、数日後、

ネットサーフィン中、発見した、あるフランス在住の女性のブログ記事で、

仏人の旦那さんが、買い物サイトで、カードを使われ、、私と同じ様に、知らない間に身に覚えのない買い物、DVDなど、少額の買い物をされ「総額50ユーロ程の被害」に遭った。

という記事を読んでいるうちに、「モシヤ!」と思った私は、ショッピングサイトAZの、購入記録を調べてみました。

やはり

私が、49ユーロの買い物を、してない事を確認。

yjimage-5
写真出典:http://www.pc-techno.net/
「ヤラレタ〜〜〜」

「フィッシング詐欺ていう奴だ!!」

と、

慌てて、銀行に電話して、対処法を聞きました。

・銀行でカードを停止。
・警察で被害届け書類の作成。
・銀行クレジットカードの保険に、被害額を申請する。

と、いう事で、、

4899911241_5b5b165c57_m

写真出典:http://farm5.static.flickr.com/

大至急、、、大きな街の警察署に、行きました(田舎の小さな警察ではイケマセンから。。)

私は、南仏の小さな村住まい。

なのでこんな時、お役所も、金融機関も近くの街まで行かなくては、ならないんです。

スポンサーリンク

警察署

1時間ほども、、順番待ちして、やっとお巡りさんと、ご対〜面

経緯を説明すると、、、開口一番お巡りさんは、

「この手の詐欺は日常茶飯事ですよぉ」と言われました。

そして、驚いた事に、、「実は僕も、全く同じ詐欺被害に遭って、買い物サイトAZで、49ユーロの身に覚えのない、買い物をされた事があるよ」

と、、、、お巡りさん

奇妙な話です!!

でも、、よく考えてみると、これは詐欺の巧妙な手口で、

泥棒チームの「少額なら警戒されないだろう」という、此方の意表をついた策略のよう。

49ユーロでも10件で490ユーロになり、金額が少ないので、気付かれにくい、という策のよう。

対処方法としては、、、

普段からカードや銀行の入出金明細書を、よく確認して、妙なものはその都度調べる事。少し大変な気はしますが、、他に方法は無いようです。

私はフランスで、被害に遭いその後の、手続きをしました。

国により、金融機関により、手続きには多少は違いうでしょうが、

基本的な事は、対策も被害の手続きも万国共通でしょう。

スポンサーリンク

フィッシング詐欺とは?

メール、ネット上で、サイトに誘導して個人情報を盗み悪用する。この詐欺は古典的な物。

メールのURLから誘導
偽りの有名ショッピングサイト、大手銀行からの誘導。
サイトを検索して開いたページが、泥棒フィッシングサイト。て事もあります。

virus
イラスト出典:http://www.jpita.or.jp/pc/index.php?Virus_taisaku

恐ろしいのは、、

ネットの回線を盗み自動的にサイトに誘導する手口、こちらで個人情報を入力しようものなら、筒抜けです。

又有益なソフトだと思って、ダウンロードすると、ウイルスで、コンピューターに侵入してきて悪さを働くもの。

トロイの木馬と呼ばれるウイスル等色々アリます。

被害にあい、今時の詐欺にはドンナものがあるのかと、、その詐欺手口をネットで検索してみると、、その種類の多さと巧妙さに、驚くばかり。

実は、、夏頃、から見知らぬブラウザーに繋がったり、勝手にパソコンの設定が変わったり、妙な事が起きていたので、ウイルス対策ソフトを良いものに変更したり。。

自分なりに、できる事はしていたんですが、、、個人情報を盗まれていたようです。

こういう手口の詐欺には、、、基本対策が大事で、最初の対策が一番効果的で重要なのでは、と思いました。

基本対策

①知らないメールのURLを、クリックしない。

②サイトのURLを確認する、ソフトのダウンロード先に気をつける。そして買い物サイトで支払いをする時、注意が必要です。
例えよく知られている、ペイパルやアマゾンでも妙なURLのサイトがあるようです。引っかかったら大変。私は、一度受取った過去のメールからログインするようになりました。

③セキュリティーソフトで防御する。
yjimage-4
写真出典:http://www.sony.jp/support/vaio/beginner/howto/023...

常に聞いていた事でしたが、、実際被害にあって、大事さがよ〜く解りました。
でも、でも、少額の被害のうちに気がついて良かったです。。。

コレを学びにして、シッカリ対策します。

単純なことですが。。防御方法はウイルスが侵入しないように、未然に防ぐのが何よりの防御のようです。

ブログランキングへの応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トップ写真出典:http://atmatome.jp/

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク