フランス人観察記

ノマドの多様化|仮想ノマド等の出現

ノマドって、、何?

ノマドワーカーという言葉を聞くように
なって久しいですが、、

実は日本でよく聞くノマドワーカー
意外にも、意味があるんですね、、

そんな、

ノマドについてまとめてみました。

ノマドの言葉の意味は?

遊牧民だと云うことは、よく知られてい
ると思いますが、

ノマドとは、元々

ユーラシア大陸の遊牧民の事で、モンゴ
ルの遊牧民族など、定住しない人々の事。
ギリシャ語源ノマディスから英語nomad
になった言葉。

 

日本で、ノマドワーカーといえば

文字通り、遊牧民ワーカーという事で、

会社などの組織に、属さないフリーラン
スでネット環境と、PCのスキルで世を
渡ることができ、

会社員のように決まった時間、場所組織
の決まり事に「縛られることなく、自由
でいられる」のがノマドワーカー。

large
写真出典:https://pixabay.com/fr/

なぜ、ノマドワーカーが登場したのか?

2013年位から、

彼らの存在が、クローズアップされて来
たと、記憶していますが、

ネット環境の発達と、、

日本でブラック企業や、リストラの問題
が濃く浮かび上がってきて、今までの制
度が何かと変化し始めた時、

登場したのが、

この「ノマドワーカー」では、なかった
でしょうか?

fn4-1000x708
写真出典:https://pixabay.com/fr/

日本のノマドのイメージ

出没池:スタバなどのカフェ
活動時間:平日昼間可、各自自由
活動:アフェリエイター、ライター
デザイナー

平日の昼間でも、いつでもカフェで何
時間も長居して、PCでお仕事をしてい
る。

と、いった感じでしょうか、、

ノマドの思想

実は「ノマド」という言葉は哲学用語で
もう少し、深い意味があるらしいのです。

statue-756624_960_720
写真出典:https://pixabay.com/fr/

哲学の世界で生まれたノマド、という
言葉は、

仏人哲学者ドゥルーズによって提唱
(1925年〜95年パリ大学教授)
されました。

これは、ドイツの哲学者ニーチェの
社会の成り立ち、の思考があり

①法:法律
②契約:物お金の交換ルール
(資本主義)
③制度:教育、軍隊等

この社会の仕組みに違和感を感じた
動き、思想、運動などを

ドゥルーズは「ノマド的」と表現して

これが、今の日本のノマドワーカーの
由来になっているようです。

ただ、ノマド=ノマドワーカーではない
ということになるようです。

スポンサーリンク

2017年ノマド多様化の幕開けか!

そして、今

ノマドと、一口にいっても、、
色々なノマド達が、いて

ノマドの多様化が始まっているのでは、
と、

例えば、日本のノマドワーカーにも

富裕ノマドと、下層ノマドと、
仮想ノマドといった違いが既に、
あるのではないかと、、

思えるのです。

その事を、既に予言していたのは、

フランスの経済学者で、仏大統領の
補佐官も長年勤めた、ジャック・アタ
リ氏。

彼の近未来の予測によると(数十年後)

earth-661447__340
写真出典:https://pixabay.com/fr/

世界的に、国や経済の体制が変わり、
気候やエネルギーにも変化が起こる。

そして、紛争が起こりやすくなり、

ノマド=定住しない人たちが増え、重要
な役割を果たす。

ノマドは3種類の、クラスに分けられる

①ハイパーノマド:ごく一握りの、上流
クラスの人々で、世界中どこにでも移動
できる自由な人々。

②下層ノマド:とても貧しいノマドで、
その数は膨れ上がると予測されている。

③バーチャルノマド:仮想ノマドとも呼
べテレビや、ネットでノマドライフを送
る、定住者達。

と、なんだか遠い未来の話のようにも、
思えるのですが、

時代の流れの、変わり目のように思える

今、

ノマドがどんな風に、世の中で、形作ら
れるのか興味しんしんです。

guitar-1139397_960_720
写真出典:https://pixabay.com/fr/

「私は南仏暮らしのバーチャルノマド
です」と、

自己紹介するのが普通になるかもしれ
ませんから。

スポンサーリンク

おすすめ記事
仏国主婦主夫事情
フランスのシングルマザー達
フランス人が英語を話さないワケ
フランス人の好きな日本食嫌いな日本食①

ブログランキングに参加しています
クリック応援お願いいたします!!

人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?
  2. カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  3. 歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た
  4. カルカッソンヌのホテル|地元ガイドおすすめの4ッ星
  5. カルカッソンヌ城現地駅からの行き方|アクセス方法3つ

関連記事

  1. フランス人観察記

    仏国移民達と、実際交流してみた

    フランスは欧州でも、移民の数が一番多く驚くべきことに今日現…

  2. フランス国事情

    サマータイム、夏時間てナニ?

    サマータイム夏時間てナニ?サマータイムとは夏の日の長い時期を、…

  3. フランス人観察記

    仏人のバカンスって地味らしい

    恐らく、、、フランス人には、1週間のバカンスの間に片道…

  4. フランス人観察記

    仏国主夫主婦事情

    フランスには「専業主婦」はいません。と断定口調で言えるほど…

  5. フランス人観察記

    仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手

    日本の温泉文化は世界一デス!!お風呂と宿と食事がついたサービス…

  6. フランス国事情

    日仏お正月くらべ

    日仏お正月くらべと、、、、題しましてフランスと、日本の…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 未分類

    モンサンミッシェル|世界遺産の女王
  2. フランス旅情報

    フランス観光冬の陣|寒いハズ!緯度が北海道と同じパリ 
  3. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  4. 美味し国フランス

    おフランスの魚達
  5. 美味し国フランス

    白いタラのブランダッド|グルメな魚の化石?!
PAGE TOP