南フランス カルカソンヌ【12月の気候·気温·服装·イベント情報】
スポンサー·ド·リンク

南フランス カルカソンヌ 天気 12月

カルカソンヌへ旅行前に要チェック!

南フランス現地12月 天気•服装•イベント情報まとめ。観光ガイドの私ビジャが地元からの情報をお伝えします。

カルカソンヌ12月気候の特徴

仏国内でも温暖なカルカソンヌですが·····

カルカソンヌは南仏でもスペイン寄りで、仏国内では寒さも穏やかな地域で雪も12月に降ることは殆どありません。

ただ要注意なのは冬の強風。

風さえなければ冬でも過ごしやすいのですが、風の方角により冷たい風が強く吹けば12月でも、日本の冬将軍が到来したかのように寒くなります。

カルカソンヌ12月気候注意点

仏国の冬は日が短い、そしてカルカソンヌでは

フランスの冬の、日照時間が夏と比べて極端に短くなります。

夜明けが遅く、日没が早く太陽の光の、明るい時間帯が夏と比べると随分短くなります。

夏の暑く、冬は寒くなる地形

京都のような盆地の地形のカルカソンヌ。

地中海からの「湿った南風」か、北に位置するブラック・マウンテンからの「冷たい北風」か、どの方角から風が吹くかで気候は大きく変わります。

冬でも風の穏やかで晴れれば観光GOOG!

12月でも晴れの日は要紫外線対策

冬のカルカソンヌは大抵どんより曇り空か、シトシト雨模様で大変寒いのです。

が実は····

12月でも空がスッキリ晴れると極端に太陽の力が強くなり

冬の澄み渡った空気と、太陽の強い光の下で風景が美しく絶好の観光日よりです。

晴れれば冬でも紫外線が強力。サングラスが欲しくなるくらいです。日焼けは絶対NGな方は「要!日焼け止め対策」です

12月強い北風が吹く日は寒さ倍増!

スポンサーリンク

南フランス カルカソンヌ 天気 12月天気予報

カルカソンヌ12月 日の出日の入り

12月のカルカソンヌのお天気は上旬と下旬で「カナリ変化します」

12月下旬になると昼夜の寒暖差も大きく日照時間も短くなります

•12月28日
日の出:08時21分
日の入り:17時22分

12月明るい時間の短さにご用心

「サマータイムの時間調整」が10月下旬に行われます。

10月上旬は太陽を顔を出している時間が12時間と長いのですが、夏時間から冬時間への時間変更が実施される10月最後の週末の頃になると急激に冬模様に。

12月ともなると明るい時間が大変短いです。ですので外出時暗くなる前にホテルやレストランに到着したい時は「時間にご注意を!!」

南フランス カルカソンヌ観光12月服装

目まぐるしく変わる天気 寒さと風と紫外線対策

風の冷たい寒い日が多く風が強い街として有名なカルカソンヌ。

12月の天気は風の強さ次第で

「暖かな晴れ日」「どんより曇り空」「冷たく暗い雨降り」の天気が混在する12月。

空模様は北風が強い日が多く、歩く時石畳は氷の様に冷たさが足に染み入っているようで、12月観光で外を出歩く時はお洒落より「防寒」

「昼の短さ」「冷たい石畳」「寒さを外で凌ぐ場所の少ないない不便さ」等など、日本の冬とは諸条件が違うので、寒さも違い寒がりさんは特に要注意

油断大敵冬晴れの日

対して、風のない太陽の光が降り注ぐ日は、暖かでよいのですが冬とはいえ紫外線が強いので気になる方は紫外線対策に日焼け止めやサングラスなどの装備を!

カルカソンヌ城塞都市12月のお昼頃の観光

12月風と紫外線対策

風が強い日には「耳にキーン」とくる冷たさ。

襟元もスカーフなどで風対策をするとよいです。又気温は低くなっても、晴れれば紫外線は強いので一日外を出歩くのであれば「帽子、スカーフ、紫外線対策」を!

コート・ジャケット

気候は寒いはずの12月でも極端に変化するとお伝えしました。

服装も基本的に防寒が必要なのですが、晴れると防寒服「重たいコート」では暑いくなってしまい持ち運びするにも不便です。

移動の多い旅では「気候の変化」と「室内と屋外」の気温の違いを考慮すると防寒対策に一番で脱ぎ着が楽ちんななダウンジャケットが一番

いわゆるアウトドアー系の装備ですね、ゴアテックスにフリースとダウンのベスト、薄手の暖かなセーターなどもおすすめ。

カルカソンヌ地元の人もダウンジャケットを着ている人が圧倒的に多いです。

カルカソンヌの観光では「寒い季節の冷たい石畳の道」を可也な距離あるきまわります。

ですので真冬の12月は、石畳の冷たさから守ってくれる靴底が厚い靴がよいです。

良いホテルやレストランに行く予定があり、ドレスコードが気になる方は、外を歩き回る靴とは別にお洒落な靴をお持ちください。

因みにカルカソンヌのホテルやレストランはドレスコードが厳格な所はありません。

判断が難しい所ですが、星が幾つか付いているレストランでも特にランチタイムなら汚れていなければカジュアルな靴でもOK(但し3つ星レストランのディナーは、正装用のお洒落靴のほうが良いです)

南フランス カルカソンヌ 12月 観光

冬の素敵な雰囲気がたのしめます。クリスマスと新年の一番華やかな時期です。

クリスマスのイルミネーションがヨーロッパ中世の雰囲気の城塞都市内に飾られて、ホテル、レストラン、お店のショーウインドーもお祝いモードで一杯。

人でも多く街も賑やかなこの時期はグルメとショッピング&ウインドーショッピングに尽きるでしょう。

城塞都市内に12世紀に建造されたサンナザールバジリカ大聖堂

 

クリスマス前後ということで城塞都市内の「サン·ナザール·バジリカ大聖堂」を訪れてみると、コンサートなどすてきな催し物に遭遇できる可能性があります。

要注意なのは12月25日。フランスでは(特に地方では)クリスマスは殆どの商業施設が休業になります。観光地では通常営業のレストラン店舗も数件ありますが。

特にカルカソンヌをふくめた地方都市ではレストランでは料金も中身も特別なクリスマスメニューのみが殆ど。

祭日扱いになるのでタクシーの利用料金も日曜祭日料金(カルカソンヌの場合通常料金の50%増し)なので旅程を組む時はご確認を。

又冬の時期カルカソンヌの観光を楽しむには、寒い気候を考慮して、時間帯や建物内での観光プランを組む事をお勧めします。

例えばコンタル城内、サンナザール教会、良いレストランで美味しいワインと食事楽しむ。他には買い物等、外を出歩くのは短い時間で良いように、計画するのがおすすめです。

運が良ければ、外歩きも楽しめる冬晴れ日になるかもです。

城塞都市内にあるトリップアドバイザー人気Noのレストラン

フランス12月のイベント

12月はクリスマスに新年のお祝いムードが楽しい

ウインドウショッピングが楽しい

クリスマスの素敵なショーウインドー

12月は一年中で一番大きなイベント「クリスマスと新年」のお祝いで華やぐ時期。

フランスでは各地でイルミネーションが飾られ、クリスマスデコレーションの商店のショーウインドウ、街を歩く人もお洒落で楽しそうな時期。

クリスマスのショコラティエ

日本とは事情が違うことも多い

フランスではクリスマスには日本のお正月のように大都市で働いている人達も、故郷へ帰り家族で過ごすので、

クリスマスイブまではニギヤカですが、クリスマス当日は会社や商店は休業になるので、日本とは事情が違うことも有ることを頭に入れておきましょう。

日本にいると絶対にどこかしら商業施設やレストランは営業しているものですが、日本と同じつもりでいるとイケません。

以前クリスマス当日25日にカルカソンヌの市場があるつもりで行くと「クリスマスお休み」で誰も居ないことがあり。

せめてレストランで食事でもと探してみたもののコチラも開いてるレストランが無くて「·····」な思いをしたことがあります。

クリスマス当日25日·1月1日·はレストランや観光施設には「問い合わせ確認要」ですね!!

注意点まとめ

・レストランが休業
・クリスマスは会社商店が休業
・飲食店がクリスマス企画料金で普段より高額
・高速道路が混み合う、公共の交通機関も混み合う、タクシーは休日料金で(料金50%増し)

南フランス カルカソンヌ お天気情報 12月まとめ

・ラッキーなら気候が穏やかで自然が美しい風景が眺められる月。

・只変化しやすく、一日のウチでも晴れ曇り雨と、気候の変わりようが猫の目のような時期。

晴れと雨風では、寒暖差が激しいので、何を着ればいいのか迷ってしまいますが、旅行前に予報チェックをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサー·ド·リンク
おすすめの記事