スポンサー·ド·リンク

ケーキよりタルトが一般的なフランス?

国が違えば、食の好みも違いケーキの好みも違うものです。

甘〜い「お菓子」はどこの国でも、特別なもの、お楽しみです。

だからこそ、その国々の人達の好みや、「お楽しみのお菓子」に、反映されるのではないでしょうか?

フランスではタルトが国を代表する?!お菓子です。そんなフランスでの人気のタルトについてまとめました。

各国の洋菓子代表選手

tart-1442275__340写真出典:esta-registration.fr

日本「ショートケーキ」
アメリカ「マフィンやドーナツ」

イタリア「ティラミス」
ドイツ、オーストリア「チョコレートケーキ」で

そしてフランスは「タルト」です

興味深いのは、その国で好まれるお菓子から、その国の生活のスタイルや、その国の料理が思い浮かべれることです。

スポンサーリンク

日本は、いちごのショートケーキの国

yjimage写真出典:esta-registration.fr

生クリームが「フワッ」とした、柔らかい食感のお菓子が人気のよう。

世界各国の美味しい物、スイーツもどんな物でもある日本では、美味しいケーキが沢山あります。

でも「一番好きなケーキ」を選ぶとしたら、、

多くの人が「イチゴのショートケーキ」を選ぶのではないか?

日本人の繊細な味覚が素直に美味しいと思うものなのでしょう。。

私の子供時代は、、、

イチゴのショートケーキは「夢見る美味しいもの代表」でイチゴショートが、家の冷蔵庫に入っている時は、胸がワクワクしたものでした。

フランスはタルト王国

フランスでは、「イチゴのショートケーキ」のような、日本のフンワリしたスポンジケーキは、あまり見かけません。

街角の、お菓子屋さんを覗くとチョコレートか、ムース系のケーキかタルトが主流です。

日本のスイーツと比べると、濃厚で、シッカリ感のあるお菓子がならんでいます。

フランス人の食の好みが、現れているようです。

フランスで日々のお八つとして、人気なのはタルト。

パティスリーで買える、職人技で作られた、何層にも折り重ねられた、パイ生地とクリームがおいしい、タルトも良いですが、

フランスでは各家庭で、季節の果物を煮詰めて、コンポートと呼ばれる、煮た果物を作ります。

それをタルトの中身に詰めて、自家製タルトを作ります。

パイ生地は、粉とバターで一から自分で作る人もいれば、気軽に市販のパイシートを買ってきて、気軽に自家製タルトを作る人も多いです。

タルトの人気の秘密は、甘いデザートタルトだけではなくて、卵にキノコなどで作った「キャッシュ・ド・ロレーヌ」など食事になるタルト・サレと呼ばれる、塩味のタルトも、美味しいものとして人気があるからでしょう。

cake-1246638__340写真:esta-registration.fr

女王様のタルトキャシュ・ド・ロレーヌ美味しそうです〜

卵とミルクとチーズが入れば、「キャシュ・ド・ロレーヌ」というご馳走タルトになり。

こちらには、ほうれん草やマッシュルーム入り、中々ボリュームがあります。

チョット、ピザのような感覚で、具材が、シンプルなタルトも好まれ、こちらはハム類、キノコ類色々なチーズ、ナッツ、などの色々な、美味しい組み合わせがあります。

フランスにはピザリアならぬ、タルト専門レストランもあります。

時々私が行くタルトレストランは、タルトの食べ放題のお店で、いつも常連さんで賑わっています。

シードルという、りんごの炭酸の飲み物と一緒に食べると止められなくなり。ついつい、何切れも食べ過ぎてしまう。魔のレストランです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング応援クリックお願い致します!

top写真出典:esta-registration.fr

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク