スポンサー·ド·リンク

フランスお土産は 楽しく迷わず買いたい!

フランスのお土産って 何が喜ばれるんでしょう?

チョットした物「オシャレ〜」と上げて喜ばれるフランス土産、いざ買うとなると考えてしまいますね。

楽しくも、忙しい観光の最中、日本へのおみやげを「 何が良いか?」と、悩む時間は勿体無い!ですよね。

そこで今回 気楽に買えるお値段で「おいしい」「使える」「喜ばれる」そんな、フランスのバラ撒き土産ベスト4つ選びました。

そして、悩まず買えるよう、予算、場所、ポイントも一緒に解説しました。

スポンサーリンク

フランス土産を安く買うには?

フランス土産を安く買い物できるのはどこ?

フランスでバラマキ土産を安く買うなら、先ず買う場所を考えたほうが懸命です。

・安く買い物をしたいなら、避けたほうが良い所。

フランスでは観光客向けのショップは便利だしいいのですが価格は高いです。
それに安いものはあまり扱わないもの(世界共通かと)

・空港
・高級品店
・観光地のお土産物屋さん

上の場所では「お土産物に体裁の良い」品があり探せばリーズナブルな物もあります。でも

大抵代金に、サービス料、場所代が加算された値段です。なので、比べると他の所より商品の値段は高めなんです。

又、高価なものが、少しお手頃の値段になっているという風なので、「安い、バラマキ土産を、沢山買う」時向かないんですね。

スポンサーリンク

フランスお土産を安く買える場所

観光客向けではなく、フランス人が普段買い物するお店に行くのが、安く、良い品物をものを見つけるポイント

・スーパー 
・自然食品店
・薬局

が、お薦めの買い物場所です。

ただ。。これらの場所の欠点として、丁寧な贈り物包装は期待できません。

それでも商品そのものの梱包が、素敵なものが見つかります。

フランスの土産といばモノプリのエコバッグ

超有名スーパーモノプリのエコバックはフランスの鉄板土産

今、フランス土産として、モノポリ(MONO PRIX)のバッグは、日本人の間では鉄板化しています。

MONO PRIX(モノプリ)という仏全国ドコにでもあるスーパー。
そちらの自ブランドエコバッグ。

MONO PRIXのロゴがオシャレ
手のひらサイズに、キレイに折りたためるのが◎ケース付き。

■お勧めポイント
・気楽感いい感じで実用的、フランスぽくオシャレ。
・性別を問わない、老若男女幅広〜い層をカバーした、お土産。

■よい点
・安い、チェーン店のコーヒー一杯分の値段。
・軽い、スーツケースの場所と取らない。

■注意点
知っておいたほうが良いことは、日本でもアマゾンなどで販売されてる事です柄物ビンテージなどは結構高額です!(値段は約3倍〜8倍)


■総評とアドバイス

日本では人気で、日本のアマゾンなどでも売られていますが、可愛い柄物は高値で売られ人気。
仏のモノプリで可愛い柄物に出会ったら買いデス!
自分、家族用に色違いで数個買ってもGOOD。

・値段:1,5€〜3€
・買う場所:モノプリのエコバック(MONO PRIX)
・つかえる度:★★★★★
・オススメ度:★★★★

こちらは、紙バック

 
なんでも詰め込んで使え、重宝そうな、紙バック。
コーティネートもしやすそうでオシャレです。

モノプリではレジ脇で造作なく、1€以下で売られてマス!

フランス土産 鉄板チョコレートは
板チョコがバラマキ土産にピッタリ

フランスの板チョコは味で勝負

フランスのチョコレートは美味しいのです。

チョコレート文化が定着しているフランス。口の超えたウルサイフランス人たちが普段食べる、チョコは原料が由緒正しいのです。

有名店高級ブランドのチョコの何十分の一の値段、コーヒー一杯分の値段で、美味しいものが買えます。

なので、、スーパーや、自然食品店の、普段着の板チョコをがお勧め。


コチラはフランスの街角のショコラティエのチョコ、板チョコなら4€弱で天国に行けそうな美味しさ。

■お勧めポイント

コスパに厳しいフランス人の要求を満たし、仏人普段使い板チョコなら、スーパーで、ワンコインで2枚買えてしまう安さ。
オマケに包装も、可愛い物が多いです。

■総評とアドバイス
・スーパーの売り場面積も広く、迷うほどの種類がありますが日本人の好みは無難に、ナッツ、ドライフルーツ、オレンジフレーバー等。
・個人差もありますが、日本人の好みには香りが甘すぎるもの、フルーツ系のフレーバー(例洋梨味)は、イマイチなこともあります。
なので、お土産では無難な物(ナッツ系等)がオススメ。

・値段:1,5€〜3€
・買う場所:スーパー、自然食品店(仏語:BIO SHOP)
・おいしい度:★★★★★
・オススメ度:★★★★

色々な種類のチョコがある、自然食品店の売り場。

おフランスの石鹸をフランス土産に

フランスのナチュラルな香りの石鹸

フランスの観光地で人気のお土産石鹸ですが、ラベンダー石鹸は特に人気です。


■お勧めポイント
・私の勧めは、天然素材の石鹸。有名な所で、マルセイユソープがあります、
・材料のハーブの種類でシットリ効果、さっぱり効果色々あり、香りも使用感も多彩です。

■総評とアドバイス
・フランス人は男性も女性も、普段使いに使いにナチュラルソープを好む人が多く、彼らがよく行く、自然食品店や、薬局では、商品の種類も多く、リーズナブルに買えます。

泡立ちが悪いものや、香りが甘すぎる石鹸もあるので、チックしましょう!店の人に聞くか、よく知られた銘柄が無難。

・値段:3€〜5€
・買う場所:スーパー、自然食品店(仏語:BIO SHOP)
・使える度:★★★★★
・オススメ度:★★★★

 

フランス土産にお塩

フランスの塩にも使い勝手が良くて、珍しいものが、、

日本でもお土産として、人気の塩。

フランスの塩は個性豊かです。

フランスの味がします!!何かというと、、ハープや、香辛料がミックスしてあり一味違います。

■お勧めポイント
お肉、魚のグリル、天ぷら、炒め物、お豆腐料理に、食卓でパッパッとふりかけ食べられる重宝な調味料。フランス土産の目先の変わったものとして、話の種にもなりますね。

■総評とアドバイス
・いろいろな種類があり、自宅食卓用から、岩塩で容器にミルが付いてる挽くタイプのものまで、色々あります。
・買う場所で、お勧めは自然食品店か高級食料品店です。
・人によって、ハーブの味は好みが分かれる所かもしれません。

・値段:3€〜7€
・買う場所:スーパー、自然食品店(仏語:BIO SHOP)
・使える度:★★★★
・オススメ度:★★★★

まとめ

如何でしたでしょうか?買い物のコツは品ぞろえが良くて見やすいお店を見つけることです

バラマキ土産は、買う側にとって買うのと持ち運びが楽で、美味しい、楽しく使えるもの、そしてフランスらしさがあれば満点ではないでしょうか。

もしもコチラでご紹介したおみやげの品は、ながめているうちに「自分でも欲しくなった」と思っていただければ嬉しいで。

 

お買い物と、ご旅行をお楽しみください〜

 

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク