美味し国フランス

仏国の愛しいキャベツ

フランスでは、キャベツは見かけない

確かに、フランスの八百屋さんでは、
キャベツを見かけますが、

今日の今日まで、自宅以外でキャベツを
見たのは、レストランでソーセージと、
共に盛りつけられた、

ドイツ料理の、

「ザワークラフト」位で、、、他には、

「キャベツ」として料理になったのを、
一度も見た事が無い!(言い切り)

多分、、一般家庭では、フランスの夕
食の定番スープに混ぜ込まれて、いる
んだろうと思っている。

日本では、大量の千切りキャベツが、
定食屋さんでは定食の、揚げ物の片隅
に「ドカット」盛り付けられていて

私の小さい頃の記憶でも、

仕事をしていた忙しいかった母が、晩
御飯によく、揚げ物のお惣菜を買って
きて、千切りのキャベツを刻み、

皿に盛り、あとはケチャプ、ソース、
マヨネーズを、食卓の上に並べれば、
立派な夕食の出来上がりだった。

キャベツといえば、これが定番かと
思えるのですが。

 

日本で、

imgres-2

写真出典:https://matome.naver.jp/
こんな風にキャベツが何にでも、添え
られるようになったのは、キャベツが

大量生産されるようになった、のは
50年位前からのようです。

何と言っても、

濃い味の、オカズ何にでも合い、
、栄養のバランス取りに役立ち、
リーズナブルな、日本の食卓の
縁の下の力もち!!

私は、色々な国を旅してきて、思うの

このキャベツの千切りを、何ににでも
盛り合わせる、スタイルは日本でしか
見たことがありません。

他に、キャベツが欠かせないものは、
お好み焼き、焼きソバなどで、焼いて、
炒めて、食感のポイントになるのが、

日本のキャベツ料理の基本ではと、、
思えます。

が、、

対してフランスでは、、

フライパンで野菜を炒め「シャキッ」と
歯ごたえを楽しむような、調理法は一般
的でなく、

images-9
写真出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/401815/

サラダや、ドイツ発祥のザワークラフト
(発酵させたかキャベツの漬物)

か、肉類と一緒に蒸すとか、煮込み
スープでクタクタにして味を染み込ませる
料理が多いです。

フランスでのキャベツの品種も、そんな
調理法に合うものが、流通していて

サラダにするなら、ちりめんキャベツ、
紫キャベツ、煮込みには、芽キャベツ、
などです。

又フランスでは、中国キャベツと呼ば、
れている白菜も、サラダやスープにし
て食べられる事が多いよう。

スポンサーリンク

キャベツ→シュークリーム→可愛い人

フランスは、アムール💗の国なので、
恋人の呼び方が、沢〜山ありますが

フランス語では
キャベツCHOU(シュウ)に
私のMON(モン)をつけ
(英語に当たるMY)

Mon chouchou(モン・シュウシュウ)

は「私の可愛い人」の意で

と、頭をナデナデしたりして、愛しげに
呼びかけます。

これは、キャベツではなく、シュー
クリームの方から、来ているようで、

「食べてしまいたい位、可愛い人」
みたいな、意味なんでしょう。
(日本語だと恥ずいデス)

images-5
写真出典:http://sweets.cake100.net/

お菓子のシュークリームは、
シュー生地の皮が、キャベツの形に
似ていることから、ついた名前だと
いうですが、

フランス語で、正しくは
「クリーム入りキャベツ」の意で、
Chou à la crèmeです

シュークリームは、和製フランス語で。
日本人には、言いにくい発音だったの
で、

シュークリームになった模様です。

キャベツの薀蓄

images-8
写真出典:http://www.allposters.co.jp/

キャベツの起源は古く、古代ギリシャの
時代からすでに記録に残っていて、

ローマで品種改良が、盛んに行われ現
在の、まん丸のキャベツの形になった
らしく。

それまでは、

同品種の、ブロッコリーのように、大き
な茎がついた野菜だったそう。
ビタミンCとビタミンUが豊富。

(ビタミンU:胃壁の粘膜や肝機能を
正常に保つ働きがある)

キャベツは古代の時代には、胃腸薬とし
て薬用に用いられていた。

日本への、キャベツの伝来は幕末の頃、
でも、その後長い間、日本人の口に入
ることはなく、

外国人用に、外国人の居留地、別荘地
での栽培が行われていたという。

imgres-3

その他の記録では、葉牡丹など鑑賞用
として、改良されたキャベツが、江戸
時代、長崎で栽培がされていたという。

日本の

キャベツの生産量が、急速に伸びたの
は1960年代からで、多分その頃から
定食千切りキャベツ、串切りトマトの
スタイルが確立したに違いない。

そんな需要が多く、品種改良が進み
広域の生産地で、作られて、年中日本
の食卓には登場しているキャベツ、

実は、旬は冬なのだそう。

そういえば、冬キャベツは甘みがあっ
てオイシイですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事:
うまし国フランス①|白いタラのブランダッド
うまし国フランス②|みんなの味方ポタージュスープ
うまし国フランスⅧ|フランス人も病みつきポテト
フランス人が好きな日本食、嫌いな日本食①

ブログランキングに参加しています
応援クリックお願い致します!

人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 秋のカルカソンヌ世界遺産観光|中世にタイムスリップする至福
  2. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  3. 歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た
  4. カルカッソンヌ城絶景を眺める!地元ガイド情報
  5. カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ

関連記事

  1. 美味し国フランス

    仏国の聖なる味のバター

    フランス国民の、美味しいバターに対する情熱は熱く、…

  2. 美味し国フランス

    リンゴの世界&世界のリンゴ

    タダで30キロのりんごを頂きました!籠イッパイ!!家の…

  3. 美味し国フランス

    フランスはパン王国

    フランスはパンの王国です「美味しいパン」「良いチーズ」それに「…

  4. 美味し国フランス

    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方

    フランスで人気の、ひよこ豆日本人ではあまり、知られていないです…

  5. 美味し国フランス

    フランス人も病みつき旨旨ポテト

    美味しい、じゃがいも料理があれば、みんな幸せで、世界は平和になるか…

  6. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

    カスレて、どんなお料理?カルカッソンヌのレストランではメニュー…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 美味し国フランス

    チョコレートは仏人のお口の恋人
  2. カルカッソンヌ旅情報

    南仏ガイド③|トゥルーズ 薔薇色の街て本当にバラ色?
  3. フランス人観察記

    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  4. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城絶景を眺める!地元ガイド情報
  5. 未分類

    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語①
PAGE TOP