カルカッソンヌ旅情報

カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ

ミッシェラン2ッ星シェフのお手軽ビストロ登場

高い、高飛車、料理がソウでも無い。

という、3拍子の悪条件が揃うこともある、フランスのレストラン。

ソコまで悪く無いレストランでも、日本という外食サービス産業が、世界一素晴らしい国から来た、私たち日本人

「美食の国、おフランスだぁ〜」と期待して、こちらのレストランで、食事をしてみて

「・・・・・」

と、食事のイマイチさに、言葉がなくなる事も、有るものです。

観光地のメニューときたら、

西洋人向けのもので、肉がドーンとした、油ギトギト、分量だけはやたら多いエサ盛りで、味は繊細さのかけらもない、大味だったりして、日本人の好みに合うとはいえない代物だったりします。

「普通においしい食事がしたい。気軽に、できれば雰囲気が、いいお店で、落ち着いて食べたいんだけど。。」

と至って、普通の希望が叶えられる、レストランは、少なかった物でしたが、、

最近は、良いレストランが、私の住む地方都市、カルカッソンヌにも増えて来て、住民の私たちにしてみれば嬉しい限りです。

そして、そんな中、カルカッソンヌにも、高得点のレストラン登場!!

地元で、ミッシェラン★★の二ッ星レストランを10年程、営んでいるシェフがプロデュースしたビストロ。

その名は「4temps」

ランチは、予約をしないと、食べられないほどの人気。

カルカッソンヌでは有名人のプートラ氏、この方、さすがミッシェランの二ッ星シェフ、国内外食文化事情、世界各国の人の食の好みと、サービスというものを心得ている方でレストランに行くとよくそのことが解ります。


プートラ、シェフ(franck PUTELAT)

かっこいいシェフです!

写真出典:http://www.brasseriea4temps.com/

街郊外にある、彼のレストランに行くと、

ミッシェランの二ッ星!!的雰囲気の高級感あふれるレストランで

アートで美味しいお料理が」「キッチリしたサービス」で味わえました。

ただ、、、、、

さすがに気軽に、チョクチョクは、行けません、、

ウレシいことに彼がプロチュースした、いろんな意味で気軽に利用できるのが、カルカッソンヌの中心地の、感じの良い一角に、できたのが、このビストロなんです。

市街地のジャコバン門のすぐ横の見晴らしの良い一角です。

スポンサーリンク

ビストロでランチしてみた

で、、

こちらに先日、フラッと行ってみましたら、、、

はじめは、「満席です」と、言われたのですが

「テラス席なら空いてま〜す」という事で、その日のランチを食べる事が出来ました。

通された、テラス席、いい感じです。

特に私が、嬉しいのは、、、、

ベジタリアン、グルテンフリー(パンなどに含まれる小麦たん白を取らない人)糖分カット、など面倒な注文にも対応してくれる事です。(特別メニューはないのですが、注文する時に相談でき、対応してくれます)

実は、かく言う私も、事情がありまして、、、

肉ダメ、乳製品卵ダメ、砂糖ダメ、という食生活です。
これは、フランスでは、普通レストランに行き、説明すると嫌がられます。

出てきた私のオーダーのお料理は、丁寧に作り込んでくれていたものでした。

当初オーダーして出てくるものは、前菜に毛が生えた程度のだろうと思っていましたら、しっかり対応してくれ感激でした。

なので、こちら好印象でした。

メニューのランチは16€で「前菜、メイン、デザート」

???何だろうと、
紙の袋入りで出てきたのは、大きな酸味のある田舎パンで初めから一寸驚かされました。

洒落てますし、お皿を使わないので、手間がいらず、コストカットになるんですね〜
さすがです。

前菜

彩きれいです!!

チーズと肉が入っていた、前菜をベジタリアン仕様のラタトゥイユに、快く変更してくれました。

これがパリッとした、クリスピーなパンと、野菜のトロトロラタトゥイユでかなり美味しくて吃驚。

メインには、舌平目バターを使ってクリームソースだったものを、シンプルなオイルのポワレに変更してくれました。

付け合せは、ズッキーニとナッツのロースト、丁寧に作られていたのに結構びっくりしました。。

さすがの星付きシェフの演出発見!

お客さんのハートを射止めるるサービス、、パフォーマンス?!

隣のテーブルのモッアレラ入りの野菜サラダを注文した、イギリス人の女性も喜んだ演出は、、

カルカッソンヌ近郊の村の手作りの、上質な大きな塊のモッアレラを目の前で、美味しそうに切り分け、お野菜の皿に盛り付けるという、心憎いモノでした。

注文した、女性客も目を丸くして、大喜び!

地元ガイドのレストラン採点

料理:★★★★
施設:★★★★
コスパ:★★★★
サービス:★★★★
ロケーション:★★★★
(星5つ満点)

■良い点
カルカッソンヌでは総合点が高いレストランだと思います。特にベジタリアンや乳製品がダメな時、雰囲気が良い、応相談のレストランとして貴重だと思います。

・従業員の対応が良い

・お店の雰囲気の割にリーズナブルな価格設定

・個人的な食べ物の事、アレルギーなど相談ができる

・営業日、時間が他店より、利用者がより利用しやすい条件

■悪い点、注意点

あまり過度に期待しすぎない方がという部分もあります。

他の素晴らしいレストランと、同じように考えて期待しない事です。

カジュアルなレストランでは、他の同レベルのレストランと比べると、中々良いという事です。

ビストロINFO

ビストロ:カトルタン(4temps)
■住所:
2 Boulevard Barbès 11000 Carcassonne France

■営業日:
毎日営業

■営業時間:
12時 〜15時、19時30分〜22時 30分

■電話番号:
33(0) 4 68 11 44 44

■公式ホームページ:
http://www.brasseriea4temps.com/fr/

[レストラン周辺地図]

GoogleMap

スポンサーリンク

おすすめ記事
カルカッソンヌ城現地駅からシテへのアクセス方法3つ
カルカッソンヌ城の絶景を観るための地元ガイドの情報
コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです!!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カルカッソンヌ城現地駅からの行き方|アクセス方法3つ
  2. 秋のカルカソンヌ世界遺産観光|中世にタイムスリップする至福
  3. 歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た
  4. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  5. コンタル城を100%楽しむための観光ガイド

関連記事

  1. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

    カスレて、どんなお料理?カルカッソンヌのレストランではメニュー…

  2. カルカッソンヌ旅情報

    ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語

    カルカッソンヌ二つめの世界遺産世界遺産の要塞都市カルカッソンヌ城が…

  3. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース

    ハジメましてカルカッソンヌで観光ガイドをしている、BIJA…

  4. カルカッソンヌ旅情報

    世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説

    死ぬ前に一度は観たいお城まで、徒歩30分?!こんにちは、カルカ…

  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ屋さん

    無茶苦茶!美味しい!!クレープレストランカルカソンヌのレストラン総…

  6. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?

    あのマイケルもジョニーも宿泊のホテルカルカッソンヌで一番の、格式と…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 南フランスの毎日

    南仏バカンス|謎のイタリア人宿泊客
  2. フランス国事情

    サマータイム、夏時間てナニ?
  3. フランス国事情

    フランス郵便事情の不思議 お手紙編
  4. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ ミディ運河 クルーズはする価値ありか?
  5. フランス旅情報

    冬フランス観光服装「防寒?お洒落?」どうする寒さ対策
PAGE TOP