• 美味し国フランス
    フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  • 美味し国フランス
    フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食②
  • フランス人観察記
    フランスの新年の祝い方
  • フランス人観察記
    外国人、仏人的には、日本人のマスクって変らしい
  • 南フランスの毎日
    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  • フランス旅情報
    冬フランス観光服装「防寒?お洒落?」どうする寒さ対策
  • 南フランスの毎日
    フランス春の桜の散歩道|南仏写真館
  • フランス国事情
    フランスではストは不可抗力(涙)
  • フランス国事情
    フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  • フランス国事情
    フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • 美味し国フランス
    リンゴの世界&世界のリンゴ
  • フランス国事情
    日仏お正月くらべ
  • 南フランスの毎日
    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語②
  • フランス国事情
    おフランスのトイレ事情 
  • フランス人観察記
    仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 
  • カルカッソンヌ旅情報
    コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ城を絵ハガキのように撮影できる所|地元ガイド情報
  • フランス人観察記
    仏人のバカンスって地味らしい
  • フランス国事情
    フランスはスト天国|傾向と対策 
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
スポンサーリンク

時差だけでは読めない冬時間とは?

サマータイムとして、よく知られているのは、夏時間のことですが、
ウインタータイムとは冬時間のこと。

これは

ヨーロッパ、アメリカで取り入れられている、エコロジーと経済の活性化を目的にした、時間軸の変更。

年二回、春3月最後の週末と秋10月最後の週末の日の夜中、1時間時間をズラす事で、変更が行わます。

冬時間の時期のヨーロッパは、闇の帝国支配されたのかのように、極端に日照時間が短く、太陽の顔を拝めるのが一日8時間とかなり短くお天気も、どんよりした曇り空か、雨模様が続く、そんな季節です。

対照的に、光の国の支配下のような、ヨーロッパのサマータイムの期間は、夜10時位まで、太陽の光が明るく、1日の仕事が終わり、夕食を終えても、散歩に出かけたり、カフェのテラスで優雅に過ごせる、余暇に使える時間がゆったり持てます。

時差だけでなく、気候や生活が極端に違う、ヨーロッパの冬時間夏時間、についてまとめてみました。


冬時間 夏時間の変わり目

冬時間の始まり

冬時間始まりは0月最後の週末土曜日の真夜中に調整され、時計の針をを1時間遅らせます

なので、10月最終日の週末朝起きると、、、例えば、前日朝8時は、当日7時。

なので1時間長く眠れることになりまる。

日の出が遅くなり、どんどん肌寒くなる時期寝坊できるのは、嬉しいものです。

写真出典:https://pixabay.com/

夏時間始まり

夏時間への変更は、3月の最後の週末です。

この日は、時計の針を1時間早めるので、1時間眠る時間が少なくなってしまいます。

 

ちょっぴり早起きが辛く、前日までのように、朝7時に起きても、この日を境に朝8時になるんです。

時差ボケのような影響?!

この時間の変更で、チョツトした時差ボケのような状態になります。

 

もちろん個人差がありますが、大抵体や感覚が慣れるのに数日かかります。

ヨーロッパ時差冬時間、夏時間

夏時間冬時間で、時差はどう変わる?

時間軸が変更される事で、時差も変更。

 

日本とヨーロッパの時差冬時間で8時間夏時間では7時間。

私たちが特に、時差が気になる事といえば、、、

ヨーロッパと日本間の、旅行の時、

2つの国の間で国際電話で連絡する時ですが、

 

時の変わり目3月と、10月の最後の週末の土曜日日曜日明けは

フライトスケジュール、観光名所、店舗の営業時間

又電話をかける際、早すぎないかなど、よくよく確認したい所です。

 

■時差目安

・夏時間:7時間の時差
日本:夜19時
フランス:正午12時

 

・冬時間:8時間の時差
日本:夜20時
フランス:正午12時

スポンサーリンク

冬時間、夏時間、特徴と注意

ヨーロッパの国々では夏と冬で極端に日照時間の長さが違います。

それまるで光の国、闇の国に、変わるのかと思えるくらいです。

・夏季
夏の時期の日照時間の長さ:6、7月頃、日照時間は12時間〜16時間。
夏至:日の出:朝6時、日の入り:午後22時

・冬季
冬の時期の日照時間の長さ:11月12月頃日照時間は9時間〜8時間程。
冬至:日の出:朝8時30分、日の入り:午後16時30分

まとめ

冬時間と夏時間では、時差が1時間ずれ、季節が変わると云うだけではなく
生活環境がガラリと変わります

 

 

夏は暑く日差しも強くて、カンカン照りの日照時間が15時間程もあり、夏バテ、紫外線対策も必要になります。

 

冬は寒く、どんより厚い雲に覆われ、風が強く、明るくなるのが朝9時、薄暗くなるのが17時位で、日が短くなります。

 

冬は朝7時といえども、夜のように暗い期間が、11月〜2月まで続くのです。

夏と同じように活動的に、、とは行かない日々が続き、冬は冬眠したくなる、日の短さになります。

 

なので、

 

夏には夏、冬には冬の過ごし方を、考えなくてはなりません。

・夏の時間は、太陽の光を目一杯楽しむ時期で、外での活動、余暇に良い時期。

・冬の時期は、冬眠という訳にもいかないでしょうが、、読書や、映画観賞、など家の中に居る事を楽しみ、外出のもショッピングモールや美術館など屋内で楽しむ事がメインになります。

 

■冬時間に注意したい事

■観光するのに、朝の時間帯だと暗い中動き回ることになる。

■夕方はと日没が早く、すぐ暗くなるので防犯面に気をつける事。

■2国間で電話連絡をする時、時差の違いの他にも、朝早すぎる時間にならないかなど、お互いの環境の違いを考慮したいところ。

おすすめ記事フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食②
2018.1.4
フランス人は日本食、日本文化が大好き フランスでも、日本食の定番「寿司」「天ぷら」は大変な人気です。 パリではなんと!ピザ屋より、持ち帰り寿司店の、数が多いそうで、この事からも日本食の人気の高さが伺えますね。 食べる事が好きなフランス人は、他の日本食にも、興味しんしんなようで、はしを使って食べたり、...…

ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです!!


人気ブログランキング

スポンサーリンク
  • フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • フランスの新年の祝い方
  • 南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
  • ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事
  • サマータイム、夏時間てナニ?
  • フランスの春は黄色の輝き
おすすめの記事
南フランスの毎日
謎めいた、家の宿のお客さん イタリア人セニョールに導かれるように 私は、 村の僧院で開かれる、コーラス隊のコンサ ートに行きました。 コンサ...
未分類
西洋の驚異 モンサンミッシェルは パリから電車バスを乗り継ぎ、半日で行ける ノルマンディー南部の、サンマロ湾に浮かぶ 小さな島。 潮の満ち引...
フランス人観察記
目次フランス人のバカンスは身の丈に地味フランス人のバカンスはドウ地味?人気のバカンス国と、その理由 スポンサーリンク フランス人のバカンスは...