• フランス人観察記
    フランス人が英語を話さないワケ
  • カルカッソンヌ旅情報
    秋のカルカソンヌ世界遺産観光|中世にタイムスリップする至福
  • 仏旅の基本情報
    海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ観光③|1泊で旅行満喫のホテル特集
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  • 南フランスの毎日
    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語①
  • 南フランスの毎日
    南仏バカンス|謎のイタリア人宿泊客
  • フランス人観察記
    フランス人は禅「ZEN」が好き
  • フランス国事情
    フランスではストは不可抗力(涙)
  • 南フランスの毎日
    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  • カルカッソンヌ旅情報
    南仏ガイド③|トゥルーズ 薔薇色の街て本当にバラ色?
  • フランス国事情
    南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
  • 美味し国フランス
    フランス人はチョコレートが欠かせない!
  • 美味し国フランス
    ブランダッド塩鱈・フランスグルメな化石は美味しい
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌのホテル|地元ガイドおすすめの4ッ星
  • 美味し国フランス
    フランスのお米は、意外と美味しい。
  • フランス人観察記
    フランスで日本食素材が手に入りやすい理由|マクロビオティック
  • 南フランスの毎日
    合唱隊がやって来た その②
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌの穴場ホテル・ポン・ビュー
  • フランス国事情
    ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
南仏バカンス|謎のイタリア人宿泊客
スポンサーリンク

久しぶりに

この南仏の村にある17世紀の、僧院に行ってみました。

そして、

家の宿に、この夏いらした、或るお客様との、楽しいエピソードを、懐かしく想い出していました。

それは、

イタリア人のセニョール、テラッチーイ二氏とのエピソードで、氏は夏のバカンスの始まりに7日間滞在されたのです。

始めて連絡が届いたのは、春の終わりでセニョールから送られて来た、キチンとした印象の、宿の予約のメールから、
「ビジネスマンの、夏のバカンスの予約だと」思いましたが、にしても「お一人とは、珍しい」とも思っていました。

夏の、バカンスのシーズンに

ある日、ガッチリした体格の、よく日に焼けた、セニョールが家にやって来ました。

yjimage-22写真:https://jooy.jp/

ロマンスグレーの髪を、キチッと整え、黒ぶちの四角のメガネに、白シャツの襟がアイロンでピンとした装いの氏は、

私の予想したとうり、ビジネスマンのようでした。

ただ少し、、、

謎めいたところが、ある方でした。バカンスなのに、お一人の滞在だったのと

毎日朝早くから、どこかへ出掛けられ、夜 遅くまでお留守のようで、

「バカンスというより、お仕事をされてるみたい」と、思っていました。

それから、

夜になると、セニョールのお部屋から、決まって、耳に心地よい音楽が、聞こえてきました。

「さすがイタリア紳士、素敵に時を楽しんでいらっしゃる」と思いましたが、

でも、なんか、やっぱり「チョット不思議ダ」と、私は思っていました。

スポンサーリンク

ある夜

セニョールが、お部屋にいらしたので、

「この村での滞在はどうですか?」と、部屋の外から伺って みると、、、

「どうぞ」と氏は、部屋の扉を開けて、中に入れてくださいました。

そしてナント!

真っ先に私の目に入った物は

yjimage-21
写真:https://ja.aliexpress.com/

「カワイイ電気オルガン!」

鍵盤がシート状になっていて、クルクル巻いて持ち運びできる、携帯オルガンで、旅に便利そうでした。

私は、初めてみましたが、「日本製」だということでした。

毎晩、聞こえてきた音楽は、

セニョールが、このオルガンを演奏していたからなんです。

お話を伺ってみると、

セニョールは、こちらのサマールクールを、ネットで見つけ、受講するために、イタリアからやって来て、

家の宿に滞在し、

毎朝早くからの、僧院での、コーラスのセミナーに通われ、

夜はお部屋で、宮沢賢治の、セロ弾きのゴーシュのお話のように、

夜な夜な、一人オルガンを弾き、コーラスの、練習されていたのでした。

ナントも、素敵なバカンスの過ごし方です。

セニョールの素敵な持ち物もう一つ

それは

「エスプレッソマシーン」でした。

パーペーフィルターなしで、エスプレッソコーヒができるもので、

こちらも、旅に便利そうで、私も欲しくなりました。

さすが、エスプレッソの本場、イタリア人です。

セニョールは、コーヒー豆もお気に入りを持参されていて、こだわりを感じました。

コーラス隊

に、話を戻しますが、

 

是非セニョールの僧院での、コーラス授業風景を「見てみたい」と、別の日にお邪魔してみる事にしました。

つづきを読む 合唱隊がやって来た その①

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

イギリス紳士とコウモリ探知機
2018.4.5
イギリス紳士といえば イギリスの上流階級では、このイギリス紳士達は、今でもきっと、生息しているのだと思います。 「山高帽にコウモリ傘」というイメージがあります。 私の住む、南仏田舎の小さな村には、結構な、数のイギリス人の住民が、住んでいるのです。 そして、、 家のお隣さんも、イギリス人のご夫婦なんで...…
そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
2018.4.5
赤大理石の採掘場がある南仏小さな村 ナント!家から徒歩20分の所にがあるんデス。 と、 言われても、ピンと来ないと思うのですが 「ココはどこ?」 「エジプトの王家の谷なの」 と、言う程の、インパクトのある所なんです。 こちらで採れる「赤い大理石」は世界で「ココ ダケ」の、珍しさで あの「ベルサイユ宮...…
合唱隊がやって来た その②
2018.4.5
謎めいた、イタリア人の宿のお客さん セニョールに導かれるように私は、 村の僧院で開かれる、コーラス隊のコンサートに行きました。 コンサート当日 家の、セニョールもインタビューしたマダムも、合唱隊のみなさん 「トップスが白」「ボトムスが黒」のモノトーンの正装でキメていました。 衣装の決まりは、モノトー...…
合唱隊がやって来た その①
2018.4.5
謎めいた人 だと、思っていた 宿の宿泊客の、イタリア人セニョール、 実は、 この村の僧院で、開かれるサマースクールの、クラッシックコーラスの合唱隊の一員だった、ということが判り、怪しげたと、思えていた謎が解けて、私はホッとしました。 セニョールは音楽とエスプレッソを、こよなく愛する、素敵なイタリア人...…
世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
2018.3.29
世界遺産要塞都市まで、徒歩30分?! こんにちは、カルカッソンヌで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 今回は現地カルカッソンヌ駅から、世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方レポートをお送りします。 世界一の城壁を誇るお城まで、歩いてみませんか? 早足で約30分で、カルカソンヌ駅から、お城まで...…
フランス語 美しく話す方法!?
2018.3.30
仏語発音が日本人に難しい訳 仏語の発音を正確に話すのに、日本人は、とても単純な事を見落としています!!! 私がそのワケを発見した、ストーリーを語らせて下さいませ。。 フランス語の発音は、難しいどころでは、ありません その理由を、考えたことがあるでしょうか? 日本人の自分に、発音が難しい、その理由を、...…
ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
2018.3.29
仏人の好きなものランキング2位!! 今日本に拡散中の 世界制覇を成し遂げた!模様のムールフリットとは!? パスタ鍋大一杯の、大量のムール貝と、山盛りフライドポテトのお料理。 「ムール・フリット(Moules Frites)」 フランス語では、 ムール(Moules):ムール貝 フリット(Frites...…

トップイラスト出典:http://tabizine.jp/

スポンサーリンク
  • フランス語 美しく話す方法!?
  • フランスのBIOショップ|日本食も、お土産も、コスメも揃う!?
  • フランスは暖炉天国
  • フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • フランスの新年の祝い方
  • 南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
おすすめの記事
日仏お正月くらべ
フランス国事情
目次日仏お正月くらべフランスのお正月、日本のお正月フランスで大晦日は スポンサーリンク 日仏お正月くらべ と、題しまして フランスと、日本の...
そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
南フランスの毎日
目次赤大理石の採掘場がある南仏小さな村村中赤大理石の彫刻の森美術館豪華版は、赤大理石の大噴水があるカフェ スポンサーリンク 赤大理石の採掘場...
フランス春の始まりは、一寸機械的!?
フランス国事情
目次フランスの春の始まりは、日付で決まっている春分の日とは?何故フランスでは、春の始まりが、春分の日なのか? スポンサーリンク フランスの春...