• 仏旅の基本情報
    フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  • フランス国事情
    フランスのセールは国民的行事?!
  • 美味し国フランス
    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  • 美味し国フランス
    フランス人はチョコレートが欠かせない!
  • フランス人観察記
    フランス語 美しく話す方法!?
  • 南フランスの毎日
    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  • カルカッソンヌ旅情報
    世界遺産ミディ運河 カルカソンヌ今昔物語
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ駅極近ホテル利点極多|ソレイユ・ル・テルミニュス
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  • フランス人観察記
    仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手
  • フランス人観察記
    仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ・カスレ美味しい名物料理への招待状
  • フランス人観察記
    フランス人が英語を話さないワケ
  • フランス国事情
    サマータイム、夏時間てナニ?
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ世界遺産の現地ツアーお城周囲75分体験してみてた
  • フランス旅情報
    南フランスガイド ① |南仏ってプロバンス?
  • フランス人観察記
    フランスで移民達と、交流してみた
  • フランス人観察記
    フランスで日本食素材が手に入りやすい理由|マクロビオティック
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  • 美味し国フランス
    フランスのお米は、意外と美味しい。
合唱隊がやって来た その②
スポンサーリンク

謎めいた、イタリア人の宿のお客さん

セニョールに導かれるように私は、

村の僧院で開かれる、コーラス隊のコンサートに行きました。

コンサート当日

家の、セニョールもインタビューしたマダムも、合唱隊のみなさん

「トップスが白」「ボトムスが黒」のモノトーンの正装でキメていました。

衣装の決まりは、モノトーンの色だけで「服の形も、素材も」各自、自由で、それぞれに、素敵な、お似合いの装いでした。

僧院はコンサートにピッタリ

「音が、良〜く響く」コンサート会場の、この村の僧院は、17世紀の建築物で

建物内部も、庭の横の回廊も、天井が丸くドーム型で、石造りなので、よ〜く音が跳ね返ります。

私達観客は、

柔らかな日差しの、緑の芝生が気持ち良い中庭の客席に座って「まだかナ」と、演奏が始まるのを待っていました、

そして、そして、

プログラムが始まり〜

スポンサーリンク

始まりは、バッハでした

練習の歌声も、素晴らしかったですが

本番ではサラに、荘厳さが増して、合唱の
ステキ度は、上がっていました。

images-7

ただ、ただ

コーラスに聞き入るばかりで、

それは、、、

初顔合わせから、たった一週間レッスンしたダケの、趣味の合唱団のパフォーマンス

「すごい物ダナ」と、思うばかりでした

そんな風に、、、、

思っていると、演奏中、素敵なハプニングが、起こりました。

コーラスの合間に、詩の朗読があり、拍手が会場から沸き起った時

ワン!ワン!ワン!

ペットのイヌが、拍手に興奮して、吠え出し、止まらなくなってしまいました。

そして

次のコーラスが、始められなくなってしま
ったんです

「ドウしたものか」と、思っていると

指揮者さんが

「これは、マラソンでは、ありませんヨ静かにしましょうネ」と、

一言

笑いがドット場内に起こり、イヌも静かになって、無事、次の演目になりました。

その後、又、

今度は、誰かの「携帯の着メロ」が鳴り響き、気不味い空気に、なってしまいました。

すると又又、指揮者さんが一言

「コレは、コーラスの曲ではナイですネ」

その一言で、会場に笑いが起こり、その後再び会場に静けさが戻りました。

サスガ指揮者さん!「仕切るのがお上手」

ハプニングも、指揮者さんの機転で、楽しい余興になり、

この日は、夏の光と、中庭の芝生の緑が気持ち良いい、

スバラシイ教会の中庭で、五感を洗われるような、コーラスを聴いて過ごせた、素敵な一時でした。

関連記事
南仏バカンス滞在|ある謎のセニョールの場合
合唱隊がやって来た その①

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

イギリス紳士とコウモリ探知機
2018.4.5
イギリス紳士といえば イギリスの上流階級では、このイギリス紳士達は、今でもきっと、生息しているのだと思います。 「山高帽にコウモリ傘」というイメージがあります。 私の住む、南仏田舎の小さな村には、結構な、数のイギリス人の住民が、住んでいるのです。 そして、、 家のお隣さんも、イギリス人のご夫婦なんで...…
そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
2018.4.5
赤大理石の採掘場がある南仏小さな村 ナント!家から徒歩20分の所にがあるんデス。 と、 言われても、ピンと来ないと思うのですが 「ココはどこ?」 「エジプトの王家の谷なの」 と、言う程の、インパクトのある所なんです。 こちらで採れる「赤い大理石」は世界で「ココ ダケ」の、珍しさで あの「ベルサイユ宮...…
合唱隊がやって来た その②
2018.4.5
謎めいた、イタリア人の宿のお客さん セニョールに導かれるように私は、 村の僧院で開かれる、コーラス隊のコンサートに行きました。 コンサート当日 家の、セニョールもインタビューしたマダムも、合唱隊のみなさん 「トップスが白」「ボトムスが黒」のモノトーンの正装でキメていました。 衣装の決まりは、モノトー...…
合唱隊がやって来た その①
2018.4.5
謎めいた人 だと、思っていた 宿の宿泊客の、イタリア人セニョール、 実は、 この村の僧院で、開かれるサマースクールの、クラッシックコーラスの合唱隊の一員だった、ということが判り、怪しげたと、思えていた謎が解けて、私はホッとしました。 セニョールは音楽とエスプレッソを、こよなく愛する、素敵なイタリア人...…
世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
2018.3.29
世界遺産要塞都市まで、徒歩30分?! こんにちは、カルカッソンヌで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 今回は現地カルカッソンヌ駅から、世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方レポートをお送りします。 世界一の城壁を誇るお城まで、歩いてみませんか? 早足で約30分で、カルカソンヌ駅から、お城まで...…
フランス語 美しく話す方法!?
2018.3.30
仏語発音が日本人に難しい訳 仏語の発音を正確に話すのに、日本人は、とても単純な事を見落としています!!! 私がそのワケを発見した、ストーリーを語らせて下さいませ。。 フランス語の発音は、難しいどころでは、ありません その理由を、考えたことがあるでしょうか? 日本人の自分に、発音が難しい、その理由を、...…
ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
2018.3.29
仏人の好きなものランキング2位!! 今日本に拡散中の 世界制覇を成し遂げた!模様のムールフリットとは!? パスタ鍋大一杯の、大量のムール貝と、山盛りフライドポテトのお料理。 「ムール・フリット(Moules Frites)」 フランス語では、 ムール(Moules):ムール貝 フリット(Frites...…

スポンサーリンク
  • フランス語 美しく話す方法!?
  • フランスのBIOショップ|日本食も、お土産も、コスメも揃う!?
  • フランスは暖炉天国
  • フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • フランスの新年の祝い方
  • 南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
おすすめの記事
タルトの王国フランス
美味し国フランス
目次ケーキよりタルトが一般的なフランス?各国の洋菓子代表選手日本は、いちごのショートケーキの国フランスはタルト王国 スポンサーリンク ケーキ...
リンゴの世界&世界のリンゴ
美味し国フランス
目次大量のりんご!!りんごを長持ちさせる保存方法りんごが沢山の時作ろうアップルスープりんごの薀蓄 スポンサーリンク 大量のりんご!! 籠イッ...
イギリス紳士とコウモリ探知機
南フランスの毎日
目次イギリス紳士といえば紳士のオタクへお呼ばれ凄い!探知機 スポンサーリンク イギリス紳士といえば イギリスの上流階級では、このイギリス紳士...