スポンサー·ド·リンク

謎めいた、イタリア人の宿のお客さん

セニョールに導かれるように私は、

村の僧院で開かれる、コーラス隊のコンサートに行きました。

コンサート当日

家の、セニョールもインタビューしたマダムも、合唱隊のみなさん

「トップスが白」「ボトムスが黒」のモノトーンの正装でキメていました。

衣装の決まりは、モノトーンの色だけで「服の形も、素材も」各自、自由で、それぞれに、素敵な、お似合いの装いでした。

スポンサーリンク

僧院はコンサートにピッタリ

「音が、良〜く響く」コンサート会場の、この村の僧院は、17世紀の建築物で

建物内部も、庭の横の回廊も、天井が丸くドーム型で、石造りなので、よ〜く音が跳ね返ります。

私達観客は、

柔らかな日差しの、緑の芝生が気持ち良い中庭の客席に座って「まだかナ」と、演奏が始まるのを待っていました、

そして、そして、

プログラムが始まり〜

スポンサーリンク

始まりは、バッハでした

練習の歌声も、素晴らしかったですが

本番ではサラに、荘厳さが増して、合唱の
ステキ度は、上がっていました。

images-7

ただ、ただ

コーラスに聞き入るばかりで、

それは、、、

初顔合わせから、たった一週間レッスンしたダケの、趣味の合唱団のパフォーマンス

「すごい物ダナ」と、思うばかりでした

そんな風に、、、、

思っていると、演奏中、素敵なハプニングが、起こりました。

コーラスの合間に、詩の朗読があり、拍手が会場から沸き起った時

ワン!ワン!ワン!

ペットのイヌが、拍手に興奮して、吠え出し、止まらなくなってしまいました。

そして

次のコーラスが、始められなくなってしま
ったんです

「ドウしたものか」と、思っていると

指揮者さんが

「これは、マラソンでは、ありませんヨ静かにしましょうネ」と、

一言

笑いがドット場内に起こり、イヌも静かになって、無事、次の演目になりました。

その後、又、

今度は、誰かの「携帯の着メロ」が鳴り響き、気不味い空気に、なってしまいました。

すると又又、指揮者さんが一言

「コレは、コーラスの曲ではナイですネ」

その一言で、会場に笑いが起こり、その後再び会場に静けさが戻りました。

サスガ指揮者さん!「仕切るのがお上手」

ハプニングも、指揮者さんの機転で、楽しい余興になり、

この日は、夏の光と、中庭の芝生の緑が気持ち良いい、

スバラシイ教会の中庭で、五感を洗われるような、コーラスを聴いて過ごせた、素敵な一時でした。

関連記事
南仏バカンス滞在|ある謎のセニョールの場合
合唱隊がやって来た その①

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク