スポンサー·ド·リンク

フランスの出生率が高い秘密は?

フランスはシングルマザー大国です。
女1匹子供をシッカリ産み育てている。そんな女性が多いフランスが、シングルマザー大国なのはあまり知られていないかもしれません。

政府の少子化対策とか、、あるのかも知れませんがソレれだけではなく、、

子供を育てる環境が、社会全体で整ってる。そうフランスで生活していて感じます。

日本ではとかく、肩身の狭い感があるかのような、シングルマザーです。

フランスのシングルマザー達は、伸び伸びとシングルマザーライフを、楽しんでいるようです。

そんな彼女達の快適な、シングルマザー生活環境の、下地には、フランス人の気質も影響していると思えます。

それは

シングルマザーだと云うことに、一般的に、ネガティブな感覚があまりない事です。

「マア、みんな人生色々だから」とか

「自由を愛する、個人主義」が定着してる事などが

アムールの国の、国民性と相まって、シングルマザーに対する色々な事が、世間的に寛容で自然な受け止め方をされています。

スポンサーリンク

シングルマザー快適度は、日本と大きく違う

フランスのシングルマザー達が、頼もしくも、伸びやかに思えるのは、実際彼女達を取り巻く環境。

冒頭でも触れたように、フランスでは人の事情はソレゾレだと自然な大らかな感覚で、彼女たちの事を捉えてくれます。

そして、実際子供を育てる、必要なサポートが受けられるよう整っているんです。そんなフランスと日本との差はかなり大きいと感じます。

・仏人一般的なシングルマザー観
・周囲の人々の理解、協力
・子供を育てる環境

写真出典:https://unsplash.com/

シングルマザー達には、社会に妙な偏見がありません。

フランスでは家族が揃ってない事を、妙にネガティブに捉えなるような事は殆どありません。
そんな心理的にイージーな環境は、シングルマザー達には大事なこと。

スポンサーリンク

離婚しても父親も育児に参加する義務は常識

日本では、シングルマザーといえば女一人で、仕事、生活の全ての事、子供の世話、をする。というのが常識のようです。

これは大変な負担です、でも、フランスであまり目にしません。

なぜならフランスでは、離婚しても父親母親が、期間を決めて交代で子供の面倒をみる義務がある。そう法律で決められているからです

又こちらでは、仲良く結婚生活を営んでいる時も、父親も子供の世話をするイクメンパパでいるのは普通の事です。

そんな、事もあり、例え夫婦が離婚して、生活が別々になっても、パパ達も子供の世話をするのは事前な事になります。

なので

日本のようにシングルマザーになった母親だけが、子供の世話をすることは、殆どありません。

フランスではそんな法律のルールが決められ、実際それがが守られています

離婚後の夫婦に子供がいる時、それぞれ決められた期間、子供と一緒に過ごすことになっていて、例え子供の親権が母親でも、週末や夏休みの間など、子供は父親と過ごしたりするんです。

 

写真出典:https://unsplash.com/

子供を持った場合母親、父親の二人共参加するのは、どんな状況であれフランスでは当然の事。

知人の、元カップルの家では、平日子供は母親の家から学校に通っていましたが、土日や長期の休暇は父親と一緒だったので、私は「子供が感覚的に世話しなくないのか?」と思いましが、子供も親達もゴク当たり前の事とと捉えているようでした。

シングルマザー達も普通に恋愛

マダマダ若くて綺麗なシングルマザー達には、普通に彼氏がいたりします。

その彼氏達も、恋人の連れ子達ともうまく付き合っているようでした。

さすが、アムールの国

写真出典:https://unsplash.com/

お隣のシングルマザーの場合

数年前、家の隣に引っ越してきたシングルマザーのオフェリーは、まだ20代前半という若さで、幼稚園に通う可愛い娘さんがいました。

彼女が、越して来たワケは、ボーイフレンドが、この村に住んでいて「彼と一緒の時間多く持てる」というのが、彼女が越して来た理由でした。

が、別の理由が、ありました。

彼のお母さんなど家族に、娘を預かってもらえる。と云う事でした。

オフェリーが、仕事に行っている間、小さな彼女の娘さんと、彼のお母さんやお姉さんなど、家族で面倒を見ている様子を、近所なので見かけましたが自然体で楽しげで、素敵なでした。

もしもこんな風に、役割分担ができたら、、、、日本のシングルマザー達は、さぞかし楽になる事でしょう。

私は、オフェリーからフランスのシングルマザーについて、色々な話を聞く事ができました。

話しの中で、私が驚いたのは、、、、

フランス政府の、シングルマザー達への手厚い援助でした。

それは、、

写真:https://pixabay.com/

 

フランスではシングルマザーになると、皆政府の補助を申請する事が義務付けられているそうです。

諸条件を満たしていればシングルマザーには、政府から毎月、合計で10万円程が生活費と家賃の補助金として、支給されるのだそうです。

これは「フランスで親一人子一人なんとか暮らしてしていけるな」と安心できる気持ちを持てる所ではないでしょうか

こんな風にフランスでは女性が、子供を産んで育てる条件が揃っているんですね。

•子育てが母親だけに伸し掛からない社会の仕組み
•財政的な援助がシッカリしている事
•社会の偏見のなさ

幾重にも重なった子育てサーポートの条件が、女性達がある日突然、子供を持つかどうかという大きな決断を迫られた時。

シングルマザーという道を選び一人で子供を育てる女性が、なぜフランスで少なくないのか?

解る気がします。

ですが、これは、女性だから、シングルマザーだからというより、

例え結婚しているカップルであっても、子供を生んで育てる事に、過程や、社会の環境が整っているからなのではないでしょうか。

写真:https://pixabay.com/f

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク