フランス人観察記

フランスのシングルマザー達

フランスはシングルマザー大国

女1匹で、子供をシッカリ産み育てている女性が多い、フランスがシングルマザー大国なのは

政府の少子化対策とか、、あるのかも知れませんが、其れだけではなく、、

社会全体が整ってるとフランスで生活していると感じます。

日本ではとかく、肩身の狭い感があるかのような、シングルマザーですがフランスの彼女達は、伸び伸びとシングルマザーライフを、楽しんでいるようです。

そんな彼女達の快適な、シングルマザー生活環境の、下地には、フランス人の気質も影響していると思えます。

それは

シングルマザーだと云うことに、一般的に、ネガティブな感覚があまりない事で、

「マア、みんな人生色々だから」と、いった風な

自由を愛する気質、とか、個人主義が定着してる、と、云いますか、アムールの国の、国民性と相まって、寛容な自然な、雰囲気なんですね、

スポンサーリンク

日本と大きく違うシングルマザー快適度

フランスのシングルマザー達が、頼もしくも、伸びやかに思えるのは、実際彼女達を取り巻く諸々の環境でしょう。

冒頭でも触れたように、フランスでは人の事情はソレゾレだと、一般的にそ程よい感覚で、捉えてくれるようで

・仏人一般的なシングルマザー観
・周囲の人々の理解、協力
・子供を育てる環境

など日本との、違いは大きいようです。

 

写真出典:https://unsplash.com/

 

彼女達、シングルマザー達には、心地よい社会との距離感があり、社会に妙な偏見がなく、家族が揃ってない事を、妙にネガティブに捉えなくても、良いのは精神的に大きい事ではないでしょうか。

離婚してもイクメンは常識

日本では、シングルマザーといえば仕事、生活の全ての事と、一人で子供の世話をする大変さだ、と思いますが

フランスでは仲良く結婚生活を営んでいるカップルで、父親も子供の世話をするイクメンパパで在るのはごく普通です。

例え夫婦が離婚して、生活が別々になっても、パパ達も子供の世話をするんです。

日本のようにシングルマザーになった母親だけが、子供の世話をすることは、殆どありません。

ナゼかというと、フランスでは法律の決まりがあるからです。

離婚後の夫婦に子供がいる時、それぞれ決められた期間、子供と一緒に過ごすことになっていて、例え子供の親権が母親でも、週末や夏休みの間など、子供は父親と過ごしたりするんです。

写真出典:https://unsplash.com/

こんな風に子供を持った場合、結婚していても、そうでなくても母親、父親の二人共参加するのは、フランスでは当然の事なんです。

実際知り合い数人の、元カップルの、シングルマザーと元旦那さんの様子は、平日子供は母親の家から、学校に通っていました。

が、週末や長期の休暇は父親と一緒だったので、私は「世話しなくないのか?と思えました」が、それは、子供にも親達にも
ゴク普通に捉えていました。

シングルマザー達も普通に恋愛

マダマダ若くて綺麗なシングルマザー達には、普通に彼氏がいたりします。

その彼氏達も、恋人の連れ子達ともうまく付き合っているようでした。

さすが、アムールの国デス。

写真出典:https://unsplash.com/

スポンサーリンク

お隣さん家のシングルマザーオフェリーの生活

数年前、家の隣に引っ越してきたシングルマザーのオフェリーは、まだ20代前半という若さで、幼稚園に通う可愛い娘さんがいました。

彼女が、越して来たワケは、ボーイフレンドが、この村に住んでいて「彼と一緒の時間多く持てる」と云うのが、彼女が越して来た理由でした。

が、別の理由が、ありました。

彼のお母さんなど家族に、娘を預かってもらえる。と云うのも大きかったそうです。

オフェリーが、仕事に行っている間、小さな彼女の娘さんと、彼のお母さんやお姉さんなど、家族で面倒を見ている様子を、近所なので見かけましたが自然体で楽しげで、素敵なでした。

もしも、こんな風に、役割分担が、できたら、、、、日本のシングルマザー達は、さぞかし、楽になる事でしょう。

お隣のシングルマザーの場合

私は、オフェリーからフランスのシングルマザーについて、色々聞く事ができました。

話しの中で、私が少なからず驚いたのは、、、、

フランス政府の、シングルマザー達への手厚い援助でした。


写真:https://pixabay.com/

それは、

フランスではシングルマザーになると皆、政府の補助を、申請する事が義務付けられているそうなんです。

内容もス・バ・ラらしく

申請して、諸条件を満たしていればシングルマザーには、政府から一カ月、合計で10万円程が生活費と家賃の補助金として、支給されるのだそうです。

フランスで親一人子一人、なんとか暮らしてしていける援助でしょう。

財政的な援助がシッカリしていると安心度が全然違い、子供を産むかどうか、決めるには大きいでしょう。

フランスでは、女性が子供を産んで育てる条件が揃っています。

■母親だけに偏らない社会の仕組み
■金銭的なサポートと
■社会の偏見のなさ

こんなにも、幾重にも重なった条件が、シングルマザーを結果的に支える事になり女性達がある日突然、子供を持つかどうか、決断を迫られた時。

写真:https://pixabay.com/f

シングルマザーという道を選び、実際、女性一人で子供を育てるお母さんが、なぜフランスで、少なくないのか解る気がします。

スポンサーリンク

おすすめ記事
白いタラのブランダッド
フランス人はZENが好き
ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
仏人と結婚して解った
仏人が結婚しない3つの訳

ピックアップ記事

  1. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  2. カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?
  3. 秋のカルカソンヌ世界遺産観光|中世にタイムスリップする至福
  4. カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  5. カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ

関連記事

  1. フランス人観察記

    仏人のバカンスって地味らしい

    恐らく、、、フランス人には、1週間のバカンスの間に片道…

  2. フランス人観察記

    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?

    色々な国の人が、フランスに暮らしているから、フランスは美しいと…

  3. フランス人観察記

    仏国主夫主婦事情

    フランスには「専業主婦」はいません。と断定口調で言えるほど…

  4. フランス人観察記

    標準的なフランス語って何?

    日本語にも、地方訛りがあるように同じ様にフランス語…

  5. フランス人観察記

    仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手

    日本の温泉文化は世界一デス!!お風呂と宿と食事がついたサービス…

  6. フランス人観察記

    ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

    彼らの共通点は、何でしょう?沢尻エリカ、セイン・カミュイブ・サ…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  2. カルカッソンヌ旅情報

    カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  3. フランス国事情

    フランスではストは不可抗力(涙)
  4. フランス人観察記

    フランス家族の肖像
  5. 美味し国フランス

    タルトの王国フランス
PAGE TOP