• カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  • フランス人観察記
    フランス人が英語を話さないワケ
  • 美味し国フランス
    フランス人はアスパラガスがお好き
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ観光を100%楽しむための 地元ガイド案内
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ観光③|1泊で旅行満喫のホテル特集
  • 美味し国フランス
    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  • フランス国事情
    フランスのBIOショップ|日本食も、お土産も、コスメも揃う!?
  • 美味し国フランス
    スープ・ド・ポアソン|お魚のスープ
  • フランス国事情
    ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌの穴場ホテル・ポン・ビュー
  • フランス旅情報
    自由、平等、博愛、ストの国フランス
  • 南フランスの毎日
    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  • カルカッソンヌ旅情報
    世界遺産ミディ運河 カルカソンヌ今昔物語
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 ママンの直感
  • カルカッソンヌ旅情報
    敵は魔の風!ケルビュス城難攻不落 カタリ派の砦
  • フランス旅情報
    フランス観光冬の陣|寒いハズ!緯度が北海道と同じパリ 
  • フランス国事情
    フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • 南フランスの毎日
    南仏バカンス|謎のイタリア人宿泊客
  • フランス国事情
    ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事
  • 美味し国フランス
    フランスのお米は、意外と美味しい。
「フランスで魚」が安く!美味しく!!食べられる日の秘密!!!
スポンサーリンク
スポンサー·ド·リンク

フランスでも魚を、気軽に美味しく食べたい

築地市場は、世界一の規模を誇り、小売店でもピチピチの魚が、多くの種類揃っています。

四季の美味しい魚を、その時々に美味しく味わう事。

「刺し身だ!寿司だ!シンプルに焼き魚だ!」と、鮮度の良い魚を食べる事に慣れている私達。

日本の魚市場は、世界で並ぶ国が、無いほどの充実ぶりですし、魚の食文化が根づいている国日本。

日本のコンナ事情、魚の流通、食べ方等の充実度は、外国とは比べ物になりません。

海外に、日本から出てみると、魚の事に関して、何かと「☓☓」や「△△」と、不満に思ってしまう物です。

美食の国といわれるフランスでも、同じではないでしょうか。

魚料理のバラエティも、気軽に食べれる条件も日本に軍配が上がり、魚を、日本と同じのように、食べられる訳ではありません。

フランスのレストランにも、勿論何かしらのお魚料理は有ります。

ムールフリットなる、バケツ一杯のムール貝のボリュームガッツリの美味しい食べ方も有り、フランスの街角に、数多くある持ち帰り寿司も悪くアリませんが、ネタで、エビやサーモン位です。

こんな風に、フランスにも美味しい魚料理もあるのですが、好みも、食べ方も違うものです。

「値段が割高だな〜」
「魚料理の種類があまりないな〜」

思うことも多々あるものです。。。

が、ソコは美食の国フランス、日本とは違う美味しい物が有ります

フランスの美味しい魚メニュー

サーモンのクレープ
ムール貝、カキなどは、本場ですから美味
フランスで、魚料理を、美味しくお安く食べられる日。

フランスの、魚の日があります。

その事ついて、今回まとめてみました

スポンサーリンク

フランスで魚を、安く、美味しく、食べられる日はいつ???

それは、金曜日

フランスでは、この日が魚の日。

フランスというか、キリスト教徒の国では、金曜は魚の日と決められているんです。

なので、フランスでは金曜日に、兎に角、お魚を食べるのに良い日なんです。

仏国、魚が狙い目!金曜日ランチ

金曜日は必ず、フランスでは、魚が本日のオススメで登場します。
他の曜日より、金曜日は、値段、種類とも、魚メニューの選択肢も豊富です。

これは、フランス飲食業界の、決まり。掟。ルール化してます。

金曜日は、魚屋さんを覗いても、普段より魚の種類が多く、新鮮なものが、売られていいます。

スポンサーリンク

何故?金曜日は魚?!

とこで、、、

フランスでは「何故金曜日に魚?」なのか

実は、、、、この

「金曜日に魚」というのは、

遡ること、古代ローマの時代から、、今の、フィッシュアンドチップスまでに通じる話で、、

古〜くからの、歴史話が何層も重なって、今に受け継がれているんです。

金曜日に魚を食べる習慣の始まりは?!

キリスト教「精進の金曜日」という金曜日に肉を食べない習慣は

古代ローマ時代、に由来するものです

これは、イースター前日までの、約40日間、「贅沢の象徴、肉食を禁じ」その間「タンパク源には魚を食べる」というもので、

受難節と呼ばれる日から、始まるものでした。

ですが、40日間肉食をしないというのは、簡単なことではなく、一週間に一日だけ金曜日に、肉食を禁じる習慣になりました。

「なぜ金曜日か?」というと、この日はキリストが十字架にかけられた、受難の日だからです。

又、

イギリスでは、エリザベス1世の治世に、魚の輸入が奨励された時期もありました。

こんな風に今現代、ご当地で好まれるフライドボテと共に、イギリスでは「金曜日と云えばフィッシュ&チップス」を食べるが、定着したんです。

こうして、金曜日は魚を食べる習慣は、キリスト教の国で、一般に広まりました。

深〜い、歴史こぼれ話

魚繋がりで、、、

別の、興味深〜いお話があります。

実は魚は、遥か昔、キリスト教のシンボルだったんです。

ただ、私も何かの折に、この話を聞いたことがありますが、どんな話か知りませんでした。

今回折角なので、、調べてみました。

古代のミラノ勅令(4世紀当時のローマの皇帝が、キリスト教を公認した話、諸解釈有り)

これ以前の、キリスト教徒は、迫害や処刑されるおそれがあったため、信仰を公にできなかった。

そのため、魚を 隠れシンボルとして、キリスト教であることを確認するために用いたもの。

シンボル魚を用いた、古代のキリスト教確認方法:

①まず、1人の人間が、ランダムな直線や曲線を砂の上に描き、その線のうち1本を円弧にする(イクテュスの半分)。

②次に、もう1人が地面に線を何本か描き足す中で、イクテュスの形を完成させれば、2人はお互いがキリスト教徒であると確認

できた。ということです。 イクトゥス(ギリシャ語) は、弧をなす2本の線を交差させて魚を横から見た形に描いたシンボル。

初期のキリスト教徒が隠れシンボルとして用いた。

英語では、イクサス (ichthys,) 、ジーザス・フィッシュ (Jesus Fish) 、クリスチャン・フィッシュ (Christian Fish) とも言う。

引用:Wikipedia

魚、には隠された物語があり、現代にも伝えられ、私達は知らずに、その習慣を受け継いでいるようです。

最後までお読み頂き、有難うございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング応援クリックお願い致します!!!

フランス語 美しく話す方法!?
2018.3.30
仏語発音が日本人に難しい訳 仏語の発音を正確に話すのに、日本人は、とても単純な事を見落としています!!! 私がそのワケを発見した、ストーリーを語らせて下さいませ。。 フランス語の発音は、難しいどころでは、ありません その理由を、考えたことがあるでしょうか? 日本人の自分に、発音が難しい、その理由を、...…
フランスのBIOショップ|日本食も、お土産も、コスメも揃う!?
2018.3.29
フランスのオーガニックショップ ワインだ、チーズだと、食へのこだわりが強い国フランス。 農業大国でもあり、食への関心は色んな意味で高い国。 普段の食生活は、パンとチーズとサラダなどと、地味なフランス人ですが、食品の品質にコダワル人も多いです。 オーガニックを好む人も多く、自然食品店がいたるところにあ...…
ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
2018.3.29
仏人の好きなものランキング2位!! 今日本に拡散中の 世界制覇を成し遂げた!模様のムールフリットとは!? パスタ鍋大一杯の、大量のムール貝と、山盛りフライドポテトのお料理。 「ムール・フリット(Moules Frites)」 フランス語では、 ムール(Moules):ムール貝 フリット(Frites...…
スープ・ド・ポアソン|お魚のスープ
2018.3.29
スープ・ドゥ・ポワソン フランスで、人気のお魚料理 スープ・ド・ポワソンがあります 南仏ビストロの定番メニューで、レストランの前菜でメニューで、良くみかけます。 フランス語、スープ・ド・ポアソンの意味ですが、単語を直訳すると ・スープ(Soupe):スープ ・ド(de ):の ・ポアソン(Poiss...…

スポンサーリンク
  • 「フランスで魚」が安く!美味しく!!食べられる日の秘密!!!
  • クリスマスティー|冬のヨーロッパ風物詩
  • 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合
  • ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
  • スープ・ド・ポアソン|お魚のスープ
  • フランス人はアスパラガスがお好き
スポンサードリンク
おすすめの記事
フランス人の、セール戦術に学ぶべし
フランス国事情
目次フランス ソルド2018年開始フランスのソルド2018年期間ソルド日程フランス人の戦法に学ぶフランスのセールは2回戦で勝負!!フランスソ...
フランスではストは不可抗力(涙)
フランス国事情
目次フランスはスト天国ストだから電車降りてねェ〜もある日本でも昔は、多かったスト仏人がストに、遭遇した時カナダへのバカンスがストでおじゃんか...
カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
カルカッソンヌ旅情報
目次カルカッソンヌ城が眺められる川沿い散策オード河更に奥へ進むと、、オード河 スポンサー·ド·リンク カルカッソンヌ城が眺められる川沿い散策...
フランスのチップ事情②|相場と渡し方
フランス国事情
目次日本とは違うチップの習慣フランスのチップマナーコスパに、厳しいフランス人の事もう一つ大切なのはタイミングフランス版チップのまとめ相場フラ...
イギリス紳士とコウモリ探知機
南フランスの毎日
目次イギリス紳士といえば紳士のオタクへお呼ばれ凄い!探知機 スポンサー·ド·リンク イギリス紳士といえば イギリスの上流階級では、このイギリ...
ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
フランス人観察記
目次フランスは人種のルツボ日本でフランスのイメージはピエ・ノワールとはピエ・ノワール言葉の由来 スポンサー·ド·リンク フランスは人種のルツ...
フランス人は禅「ZEN」が好き
フランス人観察記
目次フランスで日本の禅はZENとしてポピュラー禅てナニ?日本発の禅が、なぜフランスでZENとなったか?欧米では、禅とは スポンサー·ド·リン...