スポンサー·ド·リンク

南仏田舎秋

フランス観光シーズンは、春は4月末頃から夏そして、秋10月末の夏時間から冬時間に変わる10月の末まで。

フランスの地方都市で観光地といえども、観光客も、待ちゆく人も少なくなるのですが、、

私の住む南仏西部小さな村の秋の終わりは、人恋しくなるほど静かです。

そんな静かな季節も、私は好きです。

ただ、

スッキリお天気の日は、少なくなり日は短く、空気は乾いて、冷たくなるのですが

晴れた日の、南仏田舎の秋の日の楽しみは

静かな、静かな、山の、静かな、静かな、散歩道を歩く事

今回の記事では、南仏田舎、秋の散歩道の「静かな空気感」をお伝えできたらと、思います。

秋の昼下がりの出会いはストーリー

風が肌身にしみて、太陽の光の下活動的な気持ちになれるのは、 午前中遅めの時間から〜午後のお茶の時間くらいまでが、秋から冬のフランスの日々です

午後は気持ちが良いのです。

秋の日の午後、長〜い影を追うように、お散歩に

お友達のお馬さん

一寸人恋しくなる季節、お友達のお馬さんに、声をかけるのも嬉しい出来事。

尻尾を振ってくれたり、ご機嫌のときは、いなないたりして、挨拶してくれるお馬の彼女。

この日は、静かに目で挨拶。

彼女に別れを告げて、進みます。

田舎の山道の風物詩とは

田舎の山道を歩くと、、

よく目にするのが、石の廃墟

私が今、山道を、お散歩するときの目印のこの廃墟達

昔々、キリスト教の神秘家が、このあたりに住み着き
穏やかな、修行生活をしていた名残なんです


電気がなく、水にも不自由そうな生活、、
想像するのが、難しいですが

石の壁は分厚いのです、、

こんな風な、何百年前かの石の家の廃墟は、この辺りには多くあります。

太陽の光が、オレンジの魔法で芸術にしてくれる秋

秋の白い太陽の光

黄色やオレンジの色味が、強く見える秋色の光

一面の枯れ草の秋風情

緑にも

果実にも

木の実にも

秋の気配が感じられます。

スポンサーリンク

秋の終わり収穫後のぶどう畑

ぶどうの段々畑の秋風景 まさに野中の一軒家

農家です。

秋の一日の終り夕暮れ

闇が近くに迫る時ミステリアスです。。

すっかり日が短くなった、南フランス田舎の秋、静かな静かな山の、静かな静かな散歩道

自然は色々なことを教えてくれると、ドコかで聞きましたが

感覚を研ぎ澄まし、

耳をすませば
目を凝らせば

色々なことを、自然から享受できるかのよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング 応援クリックお願い致します!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク