• カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  • 美味し国フランス
    ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌのお天気4月|気温・服装・イベント
  • フランス人観察記
    仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ観光③|1泊で旅行満喫のホテル特集
  • フランス旅情報
    南フランスガイド ① |南仏ってプロバンス?
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?
  • フランス国事情
    フランス春の始まりは、一寸機械的!?
  • 美味し国フランス
    フランス人はアスパラガスがお好き
  • フランス人観察記
    フランス人バカンスの地味さと、日本人の結構豪華な花火休暇
  • フランス国事情
    フランスではストは不可抗力(涙)
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ世界遺産コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  • フランス人観察記
    フランス人は禅「ZEN」が好き
  • フランス国事情
    フランスの春は黄色の輝き
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌのホテル|地元ガイドおすすめの4ッ星
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌのお天気5月|気温・服装・イベント
  • 南フランスの毎日
    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語②
  • 南フランスの毎日
    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語①
  • フランス人観察記
    フランスで日本食素材が手に入りやすい理由|マクロビオティック
合唱隊がやって来た その①
スポンサーリンク

謎めいた人

だと、思っていた

宿の宿泊客の、イタリア人セニョール、

実は、

この村の僧院で、開かれるサマースクールの、クラッシックコーラスの合唱隊の一員だった、ということが判り、怪しげたと、思えていた謎が解けて、私はホッとしました。

セニョールは音楽とエスプレッソを、こよなく愛する、素敵なイタリア人紳士だと判明しました。

そして、、どんなものか??と

そのクラッシックコーラスの授業に、
お邪魔してみました。

僧院に足を踏み入れる、と

そこは、荘厳な空気が流れる、300年前に建てられた僧院。

その、建物と、中庭には朝日が差し込み、気持ちよ〜く緑を照らしていました。

そして、その西洋の、宗教芸術の美しさを、

完成、させるかのような、、荘厳な、ブラームスの曲が、

建物と庭をつなぐ、回廊の天井から、天井に響いて、私の耳にも届いて来ました。

中庭の片隅で、合唱隊のメンバーさんは、間近に控えた、コンサートの最終調整のために、かなり真剣に、練習されている様子でした。

そして、中に、家の宿のニョールも、混ざっているのを発見しました。

歌を聴き

その、合唱隊の完成度の高さに、私は「ビックリ」しました!

スポンサーリンク

練習のお邪魔

かなと、、思いながら、恐る恐る近づいて、皆さんにご挨拶して、

そして

「ブログに記事を載せたいので、写真撮影と、お話をうかがっても良いでしょうか?」と、聞いてみると

「 ウララ~~〜〜ァ!ブログ」と歓声と、拍手で、大歓迎して頂きました。

コーラス隊サマースクール

合唱隊メンバーのあるマダムに、お話しを聞いてみました「コーラス隊に、参加されたきっかけは?』と伺ってみると、

ナンデモ、

このマダムだけでなく、合唱隊の方は殆ど、「夏休みに何か素敵なことはないか?」

夏休みのセミナーを、ネットで検索してこちらを見つけ、参加されているそうで

こんな風な、サマースクールは、仏全土で開かれ、こちらの参加者が又、多彩で

この小さな南仏の村に、仏国内外、ヨーロッパ各国、アメリカと遠くの国から一夏のバカンスを過ごしにイロイロな人達がきているのでした。

マダムは、毎年夏になると決まって、毎回違うフランスの小さな村のサマースクールに参加されていて、それが、バカンスの楽しみなのだそうです。

images-5合唱隊の参加者さん

こちらの合唱隊、パフォーマンスの、お披露目のことまで考えると、夏の休暇の

「自分の楽しみ」
「新しい人々との出会い」
「他の人へのシェアー」が

一遍にできてしまうという、素晴らしい!バカンスの過ごし方だ!と思いました。

数日後、

私は、合唱隊のコンサートを観に出かけたのでした。

つづく

関連記事
南仏バカンス滞在|ある謎のセニョールの場合
合唱隊がやって来た その②
合唱隊がやって来た その①

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

イギリス紳士とコウモリ探知機
2018.4.5
イギリス紳士といえば イギリスの上流階級では、このイギリス紳士達は、今でもきっと、生息しているのだと思います。 「山高帽にコウモリ傘」というイメージがあります。 私の住む、南仏田舎の小さな村には、結構な、数のイギリス人の住民が、住んでいるのです。 そして、、 家のお隣さんも、イギリス人のご夫婦なんで...…
そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
2018.4.5
赤大理石の採掘場がある南仏小さな村 ナント!家から徒歩20分の所にがあるんデス。 と、 言われても、ピンと来ないと思うのですが 「ココはどこ?」 「エジプトの王家の谷なの」 と、言う程の、インパクトのある所なんです。 こちらで採れる「赤い大理石」は世界で「ココ ダケ」の、珍しさで あの「ベルサイユ宮...…
合唱隊がやって来た その②
2018.4.5
謎めいた、イタリア人の宿のお客さん セニョールに導かれるように私は、 村の僧院で開かれる、コーラス隊のコンサートに行きました。 コンサート当日 家の、セニョールもインタビューしたマダムも、合唱隊のみなさん 「トップスが白」「ボトムスが黒」のモノトーンの正装でキメていました。 衣装の決まりは、モノトー...…
合唱隊がやって来た その①
2018.4.5
謎めいた人 だと、思っていた 宿の宿泊客の、イタリア人セニョール、 実は、 この村の僧院で、開かれるサマースクールの、クラッシックコーラスの合唱隊の一員だった、ということが判り、怪しげたと、思えていた謎が解けて、私はホッとしました。 セニョールは音楽とエスプレッソを、こよなく愛する、素敵なイタリア人...…
世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
2018.3.29
世界遺産要塞都市まで、徒歩30分?! こんにちは、カルカッソンヌで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 今回は現地カルカッソンヌ駅から、世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方レポートをお送りします。 世界一の城壁を誇るお城まで、歩いてみませんか? 早足で約30分で、カルカソンヌ駅から、お城まで...…
フランス語 美しく話す方法!?
2018.3.30
仏語発音が日本人に難しい訳 仏語の発音を正確に話すのに、日本人は、とても単純な事を見落としています!!! 私がそのワケを発見した、ストーリーを語らせて下さいませ。。 フランス語の発音は、難しいどころでは、ありません その理由を、考えたことがあるでしょうか? 日本人の自分に、発音が難しい、その理由を、...…
ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
2018.3.29
仏人の好きなものランキング2位!! 今日本に拡散中の 世界制覇を成し遂げた!模様のムールフリットとは!? パスタ鍋大一杯の、大量のムール貝と、山盛りフライドポテトのお料理。 「ムール・フリット(Moules Frites)」 フランス語では、 ムール(Moules):ムール貝 フリット(Frites...…

スポンサーリンク
  • フランス語 美しく話す方法!?
  • フランスのBIOショップ|日本食も、お土産も、コスメも揃う!?
  • フランスは暖炉天国
  • フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • フランスの新年の祝い方
  • 南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
おすすめの記事
フランス人は禅「ZEN」が好き
フランス人観察記
目次フランスで日本の禅はZENとしてポピュラー禅てナニ?日本発の禅が、なぜフランスでZENとなったか?欧米では、禅とは スポンサーリンク フ...
フランスはスト天国|傾向と対策 
フランス国事情
目次花の都スト天国フランスストは「いつ、どこで、どのくらい」ある?私の数年間の、スト観察の結果ストが一番多い乗り物は?振替電車に乗ったは良い...
フランスの春は黄色の輝き
フランス国事情
目次フランスの春は黄色に光り輝くフランスの春街角の黄色イロイロフランスではミモザの花が春の訪れを告げる春のを告げるミモザ祭り・南仏マンドゥリ...
フランス郵便事情の不思議 お手紙編
フランス国事情
目次日本の郵便事情は、世界一の素晴らしさ!!仏国の郵便事情は悪くないけど、、不思議システム謎の原因は、綺麗な配達員のお姉ちゃん隣街への手紙が...