フランス人観察記

仏人のバカンスって地味らしい

恐らく、、、

フランス人には、1週間のバカンスの間

片道十時間も、飛行機に乗り込み、到着し
たら、毎日アチコチ忙しく観て廻り、

2日ごとに別の国に移動して、計3カ国の
観光地を巡る。

みたいな、、、

旅をする人は、いないかと思います。

日本のパッケージツアーのように、観光や
買い物を、「限られた時間内に、目一杯楽
しむ」ための観光旅行ですが、、

日本で働いていれば、お休みの日はそう長
くは取れないので「出来るだけイロイロ」
となるのは仕方ないですが

photographer-407068__340
写真:https://pixabay.com/

観光ガイドをしている私は、3分の1位の
日程でもいいのでは、、と思ってしまいま
す、

こちらは、、日本のスタイルなのかと思っ
ていましたら、、、聞いた所によると、ア
メリカ由来のようですね

対照的に

フランス人はどうやら、物事よりも「時間
的な、ゆとり」を持ってバカンスを過ごす
のを大事にしたいようです。

そして、、旅行に豪勢な非日常の夢を求め
たりしないです。

つまり「散財しない」という意味です。

そんな、フランス人達のお休みには、

幾つかの、パターンがるんです。

ビーチリゾートの、海辺で過ごす夏のバカ
ンスは、フランス人のバカンスの代名詞の
ようですが、

実は、、、

最もポピュラーなバカンスの過ごし方は、
「家族、知人の家へ行って休暇を過ごす」
です。

場所は、ハッキリ言って二の次のようで

バカンスで過ごすのに好条件(海、山)の
場所であれば、、ラッキーという感じでし
ょう。

バカンスの日は昼から、食前酒をゆっくり
と楽しんで、おしゃべしながら、食事をし
てデザートコーヒーまで、済ませる頃は、
午後も遅めの時間になるのも割と普通です。

holiday-house-177401__340

写真:https://pixabay.com/

スポンサーリンク

繰り返しますが
フランス人のバカンスといえば、、

有名なのは、夏のリビエラ的なバカンス

つまり、、夏の間中、海辺で、優雅な
一時を過ごす、、というイメージが強
いかも知れませんが、

フランスでは、冬の寒〜く暗〜い時期に
だからこそ、バカンスに出かける人々も
結構いるんです、

白夜の反対現象のような、夜の長〜い冬
(フランスでは白夜というほどではあり
ませんが、夜10時までは明るいです、
なので冬は、明るい時間が、、短いん
ですね)

空にも雲が立ち込め、、暗〜く、寒い冬

そんな季節、バカンスに「太陽の光を求
めて」度合いが高くなり、

行き先は、スペインやポルトガルなど
ヨーロッパでも南の、冬でも太陽の力が
強い国が人気なようで

bali-1865730__340
写真:https://pixabay.com/

又は

海を渡り、亜熱帯の国々で暫く過ごすの
も人気があるようです。

フランス語が通じる、ベトナムやインド
南部ののボンディチェリー

そして魅惑の国と云うことで人気なのは
タイやバリ島でしょうか

私が飛行機の中で隣り合わせた方々は、
タイの島で一月程、バンガローを借り
滞在するのだと、話していました。

thailand-1960549__340
写真:https://pixabay.com/

色いろ考えてはみましたが、、結局

フランス人がバカンスに求める物は

太陽の光と、ゆっ〜くり流れる時間と、
楽しく話す仲間なんだと

日本人の休暇の旅行といえば、数日の間
にあちこち出向き、色々観て廻りますが

比べると

フランス人のバカンスは一般的に、かなり
地味らしいです。。。

スポンサーリンク

おすすめ記事

フランス人が英語を話さないワケ
標準的なフランス語って何?
おフランスのトイレ事情
仏国主婦主夫事情

ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると
嬉しいです!!

人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. カルカッソンヌのホテル|地元ガイドおすすめの4ッ星
  2. カルカッソンヌ ミディ運河 クルーズはする価値ありか?
  3. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  4. カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  5. カルカッソンヌ城絶景を眺める!地元ガイド情報

関連記事

  1. フランス人観察記

    仏国主夫主婦事情

    フランスには「専業主婦」はいません。と断定口調で言えるほど…

  2. フランス国事情

    ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生

    前回、欧州系移民といわれるピエノワールの事をお話し、させて頂き…

  3. フランス人観察記

    ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路

    今回は相棒一家のアルジェリアでの、貧しいながらも、楽しげな、生…

  4. フランス人観察記

    ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編

    はじめに全5回「ピエノワール」のシリーズは、アフリカに住んでい…

  5. フランス人観察記

    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?

    色々な国の人が、フランスに暮らしているから、フランスは美しいと…

  6. フランス国事情

    おフランスの常識①|ユーロ通貨その1

    フランスではお金を払う時に、暗黙のルールがあるんですこの常識を…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 美味し国フランス

    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  2. フランス人観察記

    標準的なフランス語って何?
  3. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  4. フランス国事情

    フランスの春は黄色の輝き
  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
PAGE TOP