「I Love SOBA !」
「私はソバが大好き!」

と、

ある時、フランス人のお兄ちゃんが、
ニコニコして、私にいいました。

私は

フランス人なのに、珍しいナ、

そういえば、、、カレー蕎麦とかあるし
フランス人の口にも合うのかな?

と、思っていると、、

SOBA is beautiful Italian girl!
ソバは伊人の、綺麗な女の子なんだぁ〜!

yjimage-2
写真出典:http://www.002mar08.com/

注:
ソバとはイタリア人の女の子の名前

と落ちが続き、、、、

その事を覚えていて、こう
して記事に書いている訳なんです。

ですが、意外と

蕎麦は、日本以外の、海外でも
あちこちで、食べられているんです。

日本蕎麦は日本だけデス

蕎麦の

日本伝来は、奈良時代より前だと、

いわれ、元々は蕎麦の実の粥、蕎麦がき
として食べられていたようです。

平安時代には「食膳にも据えかねる料理」
といった意で、貴族の歌人が、歌に詠ん
だという逸話があり、

当時は、農民が飢饉のときに食べるもの
で、

蕎麦は、

平安の貴族には、食べ物として扱われて
いなかったそうなんです。

長〜い麺の、蕎麦切りという、今の形に
なったのは16世紀頃とされ、

江戸時代には、栽培地の藩から、お上へ
の献上品としてこの、蕎麦切りを用いら
れたそう。

又蕎麦の屋台が登場したのもこの頃。
127650535440416219218
写真出典:http://tuka2tt2222.

日本の蕎麦は、ツルツルと食べるもので
正式には蕎麦切りというもので、打ち方
や、調理の仕方に「コダワリ」があるも
のですが、

こちらは、日本独自の食べ方で、

他の国では、麺の形態の蕎麦でも押し出し
て、作られただけで、日本人が蕎麦に求め
る、

喉ごしや、こし、といったものが無い、茹
で上がりが「ニュルッ」とした「うどん」
のような「うどん蕎麦」のようです。

フランスの自然食品店で、フランスで作ら
れた蕎麦の乾麺を、買って食べましたら、

やはり、コシがなく、恐らくフランス人が
蕎麦に対する日本人の、蕎麦のコシに対す
る、コダワリを理解できないまま、作った
物のように思える品でした。

(フランスで、オーガニックの乾麺蕎麦が
手に入ると思ったのに残念でした。。。)

美味しいもの同士
シードルとガレット

日本でも最近「ガレット」が人気のよう
ですが、

この蕎麦粉のクレープ「ガレット」はフ
ランスでは大変ポピュラーです。

元々パリ北部のブルターニュの郷土料理
で、この地域は雨が多くて小麦が育ちに
くく、

育てやすい、蕎麦の栽培が盛んになった
事から蕎麦粉で作るこのガレットが、郷
土料理として食べられるようになったそ
うです。

yjimage
目玉焼きが美味しそう
そば粉のクレープ「ガレット」
写真出典:http://jumbo0317.exblog.jp/

又同じ地域の、りんごの産地として有名
なノルマンディーのりんご酒「シードル」
と、この蕎麦粉のガレットを食べるのが、

フランスでは

「美味しいお決まりメニュー」として定
着しています。

main_2
りんごの発泡酒シードル
写真出典:http://www.bs-tbs.co.jp/

世界の蕎麦

蕎麦は

英語で「BUCKWHEATバクウッド」
フランス語で「SARRASINサラセン」

といいますが、日本蕎麦は英語で
noodlesヌードルをつけ
バクウッド・ヌードルです。

さて、、思いの外蕎麦は日本以外の国
でも栽培され、食べられているようで
す。

どんな風に、

食べられているか?ですが

海外では、蕎麦は、粉からパンケーキや
麺、そばがき(コシのない)にしたり、

実をお粥にする、事が多いようで、それ
それの国で好みの風味、バター、カレー
等の味付けて食べられて、いるようです

私が、

個人的に、美味しようだと思うのは、、
やはり、国の近い韓国の蕎麦料理ですね

世界の蕎麦料理

・イタリア
「ピッツォッケリ」きしめんのような
二八蕎麦パスタ。バター、チーズと
「シャット」チーズ入り蕎麦揚げパン。

・ロシア
「ブリヌイ」キャビアと一緒に食べる
こともあるパンケーキ。
「カーシャ」蕎麦粥。バター風味。

・スロベニア
「ジガーンツィ」そばがき、バター風味
らしい。

・ネパール
「ディロ」そばがき、カレー風味らしい
「ロティ」インドのチャパティのような
ものでカレーを添える。

・韓国
「メミルムク」そば粉澱粉のみのそばがき
「平壌冷麺」冷麺
・中国
「モルンチフ」猫の耳の形のマカロニ

yjimage-1
写真出典:http://nekowan.com/archives/

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク