フランス人観察記

ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

彼らの共通点は、何でしょう?
沢尻エリカ、セイン・カミュ

イブ・サンローラン(デザイナー)
ジダン(仏サッカー選手)
カミュ(作家)

実は

彼らのルーツをたどると、アルジェリア
に行き着くのが、共通点。

ヒョウ、ヒョウとした強さと、美しさを
合わせ持つ、

沢尻エリカさん、彼女のお母さんは、フ
ランスのアルジェリア系移民なのだそう
です。

アルジェリアの女性は、強い眼差しと、
キリッとした顔立ちに、どことなく愛嬌
のある魅力を持っている気がします。

img_2
写真出典:http://blogs.c.yimg.jp/
アルジェリアの美女達

タレントのセイン・カミュさんの
叔父さんは、ナント

フランスのノーベル賞作家にして、哲学
者のアルベール・カミュだそうです。

流暢に日本語を話し、どことなく知的な
感じがある方だと思ってましたら。。。
スゴイですね。

今回は、フランスのピエノワールと呼ばれ
る、フランス系アルジェリア移民達の、フ
ランス社会でのお話です。

はじめての方へ

全5回「ピエノワール」のシリーズでは

私のフランス人相棒一家とママン、
100年ほど前のお話です。

スペインの小さな村で一番の美少女に選
ばれ14歳で初めの結婚をして、

一攫千金を夢見る夫と、アフリカ大陸に
渡ったものの、

最初の夫、2番目の夫との別離を経験し

残された3人の子供と過ごす中、奇跡的
直感でアルジェリア独立戦争を回避し

アフリカ大陸から3人の幼子を連れ、
南仏プロバンスに帰国した彼女達。

その後も、厳しく貧しい生活を知恵と
勇気で、生き抜いて、

愛情一杯に3人の子供を育て上げた、
ママンのストーリー。

アフリカ系欧州移民であるピエノワール
を、彼ら相棒一家を通じて、物語ります

ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性のお話
ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路続編

スポンサーリンク

ピエノワールとは、

昔の日本の満州みたいなもので、1930
年〜62年の、当時仏領だった、アルジェ
リアにアルジェリア独立戦争終結まで、
住んでいたヨーロッパ系の居住者の事で、
100万人程いた人々。

 

少し、大げさなようですが

ピエノワールを知らないと、フランスの
社会をつかむ事はできないでしょう。

フランスは移民社会です。とても入り組
んでいます。

フランスの上下左右

アフリカ、アラブ、又現旧ロシアの国々
にベトナムに中国などの国々から

移り住んで来た人々が、それぞれの
国の、事情で移民としてフランスに住ん
でいるんです。

europe_ja2_s
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

フランスは、

戦乱がなく、平和で、国民総生産が高く
社会保障が行きとどいた豊かな国で、

過去の歴史の事情が、重なり

沢山の移民を受け入れている事はヨク、
知られているようですが、

逆パターンの

ピエノワールの人々の事は、あまり知ら
れていないように思えます。

日本でいえば、昔の満州へ渡った人々の
ようなもので、

彼らは、アルジェリア独立戦争後、ヨー
ロッパ各地引き上げてきましたが、

元々欧州、出身であるにもかかわらず、
社会的に、区別される事もあるそうです

欧州各地に散らばっている、彼らの結束
は強いそうで、

私の身近なピエノワールの人々を思いだ
すと、黙って共にあるだけでも、何か深
い繋がりが、アルかのような、

独特の雰囲気を持っていました。

彼らが、集まった時のご馳走は

yjimage
アラブを代表する家庭料理クスクス

我が仏人相棒ピエノワールの、その親類
が集まった時は、

アラブのご馳走、クスクス等が食卓に並
び、食後はデザートにアラブ菓子で、一
緒にミントティーを飲んで、

話に花を、咲かせていたものでした。

yjimage
はちみつ、ドライフルーツで甘味をつけた
アラブ菓子

写真出典:
http://blog.livedoor.jp/asahijack-life/
http://blog.livedoor.jp/parismidori/

 

仏人王御所デザイナーも、哲学者も
実はピエ・ノワール

最後に

ピエノワールの天才達を、ご紹介させて
頂きます。

小説家、哲学者:アルベール・カミュ

44歳の時、史上2番目の若さで、ノ
ーベル文学賞を受賞。代表作「異邦人」
47歳の時事故で急死する。

日本のタレント、セイン・カミュは彼
の甥にあたる。

デザイナー:イブ・サンローラン

クリスチャン・ディオールに、才能を見
出された、フランスを代表するデザイナ
ーで「モードの帝王」と呼ばれた、

シンプル。上質の生地。長く着られる服
が、彼のスタイルだった。

彼と親しかった、カトリーヌドヌーブが
国際的な、公の席でいつも着ていたのは
イブサンローランの服だった。

経済学者:ジャック・アタリ

ヨーロッパの知として知られ、大統領の
知恵袋とも呼ばれる。

フランソワ・ミッテランの大統領補佐
官を10年間務め、サルコジ政権下でも
要職を務めた。

又思想家、作家としても有名で、オーケ
ストラの指揮者も務めた事があるという
、多彩な才能の持ち主。

225px-jacques_attali
ジャック・アタリ氏
写真出典:https://upload.wikimedia.org/

私の持つ彼ら、、
ピエノワールの、天才達の印象は、

アルジェリアの、怖いくらいの広さの
砂漠と、空の、広がりと、

厳しい、その環境の中で培われた

独特の鋭い、感覚を持ち。

精神的に強靭で、どんな環境でも、発揮
できる圧倒的な才能を、持っている。
そんな、イメージがあります。

「ピエ・ノワール」は全5回の長編
になりました、このシリーズ、

最後までお読みいただき、大変ありがとう
ございました。

スポンサーリンク

関連記事
ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性のお話
ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路続編

おすすめ記事
おフランスのトイレ事情
フランス人が英語を話さないワケ
フランス人が結婚しない3つの訳
フランス人が好きな日本食嫌いな日本食①

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします!

人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カルカッソンヌ城現地駅からの行き方|アクセス方法3つ
  2. カルカッソンヌ ミディ運河 クルーズはする価値ありか?
  3. カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  4. コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  5. 秋のカルカソンヌ世界遺産観光|中世にタイムスリップする至福

関連記事

  1. フランス国事情

    おフランスの常識①|ユーロ通貨その1

    フランスではお金を払う時に、暗黙のルールがあるんですこの常識を…

  2. フランス国事情

    おフランスのトイレ事情 

    世界ランキング第一位仮に世界トイレコンテストが開催され他国と、勝負…

  3. フランス人観察記

    フランス人は禅「ZEN」が好き

    フランスで日本の禅はZENとしてポピュラーこれはフラン…

  4. フランス人観察記

    ノマドの多様化|仮想ノマド等の出現

    ノマドって、、何?ノマドワーカーという言葉を聞くようになって久…

  5. フランス国事情

    ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生

    前回、欧州系移民といわれるピエノワールの事をお話し、させて頂き…

  6. フランス人観察記

    仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 

    まず、結婚したがる日本人私は、、フランス人と長〜い間の交際…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 未分類

    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語②
  2. フランス旅情報

    秋フランス旅行気候と服装|トレンチコートは伊達じゃない
  3. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  4. フランス旅情報

    冬フランス観光服装「防寒?お洒落?」どうする寒さ対策
  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ ミディ運河 クルーズはする価値ありか?
PAGE TOP