スポンサー·ド·リンク

日本人が知らないルール

日本とは何かと事情が違う海外

暗黙の常識は色々あるものです。

フランスではお金を払う時に、暗黙のルールがあります。

こう言うと何か、大事のようですが、一寸した日常的な常識です。

只この事を、知らないでいると

フランスでは、特に庶民的な所で買い物をする時、

無駄に長〜く待たされたり、お店の人の機嫌が悪くなったり、面倒な事が起きる可能性があります。

日本でも有ること

日本でも有ることですが、買い物に行き、少額の買い物に高額紙幣の一万円札を出すと、ヨロシクない空気になる事があるものです。

これが、フランスでは、高額紙幣でなくても、例えば、、

100円の買い物に、1000円札を出しても、微妙にヨロシクない空気になります

とにかく、お釣りが多いのは、いい顔をされないんです。

日本人の感覚ならば、商売をするなら常識で「お店側がお釣り位、用意して当然」と云う考え方がありますが、これはフランスでは通用しませ

そんな「フランスの事情」のまとめです。

日本人は現金を、多く持ち歩く民族

海外の国のどの国の人々より、日本人は「現金」を多く持ち歩きます。

ですが、

仏人(欧米人)は「カード、小切手」を頻繁に使います。
普通「現金」は理由もなく、多く持ち歩く事はありません。

これは、その国の事情の違いが、があるとかと思います。

日本は治安が良いです。
人口もお店も多く、。売り買いが盛んです。
なので、、現金が流通しやすいんです。

ですが、フランスでは、海外では、日本と同じ事情ではアリません。

「安全対策のために、現金はあまり多く持ってあるかない方が良い」とは、云われています。

確かにそうなのです。

実は、お金の流通の事では、生活したり、街で買い物をすると、他にも感覚の違いを感じる事があるんです。

そしてフト気がついて「アレッ?」と思うものです。

スポンサーリンク

高額紙幣の実際

フランスの高額紙幣は
・500€:日本円で約6万円
・200€:日本円で約2万5千円
・100€:日本円で1万数千円

ですが、

私は、次に来る「50€」も高額紙幣だと思います。

理由は

フランスで生活していると「50€札」が、財布の中を出入りするお札の中で、一番高額だからです。

私など、、実は100€札でさえ、あまりお目にかかりません。

日本の一万円札のように、頻繁に使われないのです。

その点50ユーロ札は、多く出廻っていいます。

実際、使う通貨の中の、最高額の高額紙幣は50€です。

100€紙幣でチーズを買う迷惑

食料品を買いにでかかるマルシェ(市場)で、100€札を使う人を、、、私は、見た記憶がありません。

一度

私の日本人の女友達が遊びに来た時、マルチェに出かけました。

小さなチーズ屋さんの屋台で、友人が10€程の買い物で、100€紙幣を差し出すと、、、、

チーズ屋のおじさんは目を丸くして、周囲の人も「ワァ〜大金だ!、、観光客だからナ、しょうがないヨナァ」といった表情になりました。

そして、おじさんは、クシャクシャの細かい紙幣を、寄せ集めてお釣りを揃えてくれたんです。

こんな風に、、、

100€札は、一寸使う場所を選びます。

どうやら、100€札を使う時は

「100€で支払ってもお釣りが、沢山要らない額の買い物」をする時。
「スーパーなどお釣りに困らない所」になりますね。。

100€札でこうですから

500€札に至っては

南フランスに生活している、私の周囲では、かなり珍しいものです。

日本円に換算して6万円程の、高額紙幣を、2回手にした事があります。

そして、お店で使ってみました。

この高額紙幣の使い勝手は、

「お店で全然、使えなくはナイみたい」と、、妙な言い方に、なってしまいます。

想像が付くと思いますが、チット注目を集めてしましました。。

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トップ写真出典:http://www.greecejapan.com/

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク