スポンサー·ド·リンク

イギリス紳士といえば

イギリスの上流階級では、このイギリス紳士達は、今でもきっと、生息しているのだと思います。

「山高帽にコウモリ傘」というイメージがあります。

私の住む、南仏田舎の小さな村には、結構な、数のイギリス人の住民が、住んでいるのです。

そして、、

家のお隣さんも、イギリス人のご夫婦なんです。

こちらとは、長年のお付き合いになり、フランスで生活していて、起こる渚問題を、共に乗り越えて来た、戦友とも言えるな間柄です

こちらの旦那さん、ウイリアム氏を、事あるごとに「イギリス紳士ダナ」と、私は、思っているのですが、

31mylilyefl写真出典:https://www.amazon.co.jp/

 

もちろん彼は、山高帽を被り、コウモリ傘を持っている、というワケではなく、

彼を「イギリス紳士だワァ〜」と思うのは、

人に対する、さり気なくも思いやりのある、立ち居振る舞いと言動、

そして、自身の誠意に基づいて、人のサポートしよう、手助けしようと云う優しさをお持ちなんですが、

でも、いざという時は、判断が的確で、

時に、人と対立するコトがあっても、相手への誠意があるので、

大抵の場合、最後には相手に尊敬されることになる。

そんなウイリアム氏のお仕事は、

金融関係の管理職で、日々お忙しいようなのですが、

そんな中でも、御自分の趣味を楽しまれる余裕があり、

奥様も、ご家族の事も大変大事されている。という「素晴らしい方」

話は変わりますが、

イギリスでは、バードウオッチングを趣味にしてる人が多いそうですが、

このウイリアム氏も、野鳥の観察が趣味で、野鳥友の会らしい、野鳥観察仲間を、イギリスから自宅に招いて、

双眼鏡を手に、野鳥の鑑賞スポットにお出かけされ、

普段から、自然や動物の観察がお好きな方なんです。

スポンサーリンク

紳士のオタクへお呼ばれ

そんな素晴らしい、お隣さんのお宅に、ある日の夕方世間話をしに伺ってみると、、氏が、変にニヤニヤしながら、、、

小型のラジオの様な物を、私に見せて下さいました、

lineup

写真出典:https://www.yupiteru.co.jp/

氏:「これ何だと思う?」
私:「ラジオみたいですけど何でしょう?」

氏:「コレは、、コウモリ探知機なんダ!」「どうだ!凄いだろう!!」

私:「エッ、何ですかソレ?!」と言うと

氏は嬉々として、「この変な機械の説明」を始めました。

この「コウモリ探知機」は

夜の闇の中、コウモリが活動時、発する電波、鳴き声よりも微かな、周波数を捉えコウモリの鳴き声?が私たちにも聞こえる音に周波数を、調整してくれる優れ物で、闇の中コウモリの存在を察知できる「凄い物」なんだ、というお話でした。

 

実際、嬉しそうに、、、氏は、¥機械のスイッチを入れて、自宅の庭の上空を舞う、暗闇のコウモリを、探知して下さいました。

すると、、

スポンサーリンク

凄い!探知機

「!”#$%&’’()0」と、、、ラジオの周波数のような、凄い音が聞こえてきて

氏:「ホラね」
私:「凄いですね〜」

と「すごいですね〜」この一言に

「こんなモノが、あるんダ」

「何処で、見つけたのかナ」

「こんな物がお好きなんだ、、ちょっと変わってるな」

と言うような、色々な意味を、込めて言ってしまいましたが、

同時に又一歩、氏とお近付きになれたヨウな、気がして、ソレが嬉しく思えたのでした。

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

イラスト出典:https://azukichi.net/

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク