スポンサー·ド·リンク

世界遺産要塞都市の歴史ロマンが壮大過ぎる

カルカッソンヌは、歴史を少しでも知って散策、
観光すると、かなり面白いんです。

そういう私も、

初めの数年は、興味もなく、何気に有名な見所
だけ、箱物ホッピングしてるダケでした。

2つの世界遺産があり、モンサンミッシェルに次
いで、仏国内2番目の観光客訪問者数を誇る、カ
ルカッソンヌ。

この街の郊外の、小さな村に住む私は、

週1、2回買い物に出てくるだけで、ず〜とお城
は車の窓から遠目で眺め「キレイ〜」と思うだけ
で、数年間お城には入ったことも、観光したこと
もありませんでした。

「お城に特に興味ナシ」だったのと「観光客ダラ
ケで疲れソウ」だと思っていたからです。

でもある時、博学のフランス人に、カルカッソン
の歴史の話してもらったのがきっかけでした。。

そして

スポンサーリンク

ワ〜ァ!オモシロイ歴史の話

と、
近辺の名所旧跡と、歴史ロマンの話に
興味を持ち始めました。
ヨクヨク調べてみると、

カルカッソンヌ近辺の、歴史的なイベントが始
まったのは、紀元前からのお話で、日本で歴史
の初め頃に出てくる、卑弥呼の時代よりも、前
の、何とも壮大なものでした。

私には、直ぐに

「トテモ長〜い、入り組んだこの地方の歴史」
を猛打する、頭のキャパはありませんでしたが、

「ボンワリと大まかに」歴史の重要変化のポイ
ントを、頭に入れておくようにしました。

名所を見に行く時「事前にググッたり」「ガイ
ド付きミニツアー」に参加したりして、歴史背
景も、合わせて知るようにしてみると、楽しみ
がズイブン増えました。

スポンサーリンク

歴史を探る方法は?ツアー!

カルカッソンヌガイド付きミニツアー
カルカッソンヌ城外汽車ツアー
o0800060012534652312

はオススメです。

他に、城壁内を歩いて廻る、ミニツアーが
こちら、英語かフランス語できる方には、
オススメです。

気が付いたことは、

ガイド付きミニツアーの参加者は、ほとんど欧
米人、特に多いのがイギリス人です。隣国の彼
らには、歴史的に繋がっている部分もあり、

欧米人の多くはカルカッソンヌ観光をする時、
歴史的なストーリーに、興味を持っている人が
多く、名所観光をする時は、建物や名所につい
て、本などで読み、実物を目の前にして、

理解を掘り下げるようです。

長く複雑な歴史理解へのベースがある彼らと、
日本人の、私の理解度のを同じように、考える
ことはできないでしょう、

ガイドさんの説明と、参加者の質問のやりとり
を、実際名所で聞くと面白く、何かしら発見で
きたりします。

気がついたのは、

カルカッソンヌの歴史的背景を少しでも深く、
理解すると、、

その事は、別の名所(南仏全体、スペイン、ロ
ーマ)の事を理解する事にもなり、

他の場所の観光地巡りをしても、感動と理解度
が増し、大きくなると、、、

思ったのです。

残念ながら、日本語の情報は数少ないのですが、
日本語音声ガイド付きのミニツアーも、幾つかあ
ります。(秋冬季はお休み)

カルカッソンヌに、お越しの際は参加されること
をお勧めします。

カルカッソンヌ城内のツアーのスケジュールは、
季節によって変わります。

カルカッソンヌ城内の観光案内所で、予約を受
け付けていますので、詳しくは、お尋ねくださ
いませ。

又こちらで便利な、カルカッソンヌ城内と市外
の地図がもらえます。

カルカソンヌ観光の個人ガイドのご紹介はコチラ

カルカッソンヌ観光案内所

カルカッソンヌ城内
ナルボンヌ門入り口奥右手

営業時間
7月、8月:9時〜19時(毎日)
4月、5月、6月、9月:9時〜18時(毎日)
10月:9月:30時〜17:30時(毎日)

11月、3月:9:30時〜12:30時、
13h30 à 17h30(月曜日〜土曜日まで)

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク