フランス人観察記

フランス家族の肖像

アムールの国フランス

「アムールの国」と呼ばれる、フランス

何故

そう、呼ばれるのでしょうか?

理由の一つに、フランス人の独特の物事の、捉え方があり

物事の、優先順位は愛。人の気持ち。

だかからではないか、、、、フランスで10年生活してきた、私にはそう思えます。

そのせいか

色々なカップル、パートナーの形、家族の形が、この国では展開するんです。

フランスでは、家族の核といえる、パパとママの関係も、変化する事が多いようです

 

 

写真:https://pixabay.com/

日本では、「幸せ=結婚、子供をもって家族になる」

それ以外の

家族形態や、一人暮らしは、一般的に、あまりよく思われない。

と言えますが、、、

フランスでは家族観が、必ずしも日本の「当たり前の幸せの図式」にあてはまらないのです。

フランス的な空気だと

「幸せ=愛、愛には色々な形があり、人ぞれぞれ」

「イロイロ違って当たり前」と、、いった風です。

スポンサーリンク

私の、廻りのフランス人ドラマ

フランスに10年以上住んでいると、、、

周囲で、色々な人間模様が、繰り広げられ

好むと好まざると、目にしたり、耳に入ってくる、「ゴシップやドラマ」を

「オ〜!ソウなったか、、ナルホド」と、感慨深〜く思うコトが、しばしばあります。

写真:https://pixabay.com/

その一つに、、

私の知人で、夫婦とも60歳を超え、別れたカップルがいます。

いわゆる熟年離婚です。

彼らは30年間結婚生活を続けていた、世間的には「世話好きな、おしどり夫婦」として、知られていました。

そして、大学を卒業した娘さんが一人いた3人家族でした。

きっと、長い間には人知れず、イロイロ、有ったのだと思うのですが、、、

突然

旦那さんに新しい、ガールフレンドができました。

そして

「彼女と、新しい生活を送りたい」という話になりました。

突然、そんな事を、、、告げられた、奥さんは、たまったものでは無かったでしょう。

「大丈夫か」と廻りは皆、彼女の事を、心配しました。当然です。

が、、、当人は

「終わった事、は終わった事」と見事に、切り返しました。

当時彼女は、60歳を過ぎていましたが、、、

なんと!娘さんに進められて、

同年代のボーイフレンドを探し出したんです。

写真:https://pixabay.com/

正直私は、「また〜慌てて、そんな事しても、あまり良くないのに」と、思っていました。

ドッコイ、これが、良い出会いだったんです。

又彼女も、新しいパートナーと、新生活を始めて、メデタシ、メデタシでした。

ハタから見ていて、あまりの物事の、進行の早さに、只々驚くばかりでした。

そして今、

それから、、、10年が、経ちましたが

この新しい二組のカップルは、それぞれに、上手く行き、以前よりも、2人共幸せそうです。

スポンサーリンク

娘は、連子達は?ハッピーか!?

パパとママはめでたく、ハッピーエンドになりましたが、、

娘さんの事が、気がかりでした。

一人っ子だった彼女は、父親からも、母親からも可愛がられて、いたからです。

やはり、、、、

事が起きた時の、彼女のショックも、相当だっようです。

お父さんも、お母さんも、「娘は思ったより冷静で、そのことに、此方が少し驚いた」と語っていました。

彼女も、この事を機に、親元を離れ、一人暮らしを始めて。。

お母さんと、そのパートナーの住んでいる家の近くに、住まいを見つけ、素敵に互いの距離を、保てる暮らしになりました。

そして、

彼女の、お父さんの方の、カップルの家も、時たま遊びに行き、

行けば、レストランなどで、美味しい物など一緒に食べて、楽しそうで、、こちらとも、いい関係のようです。

一つ家の中の至近距離にいると、問題点ばかり、目につきトラブルになる事、も多いものですが、

「良い所取りができてイイのかも」と、この家族を見ていると思えてきます。

さらに、

双方のカップルには、相手の連れ子もいました。

その子達も結婚して、

最近

彼らにも子供が生まれ、お孫さんもでき、賑やかになったんですが、、、

写真:https://pixabay.com/

知人のママの家に、遊びに行くと

そのお孫さんの写真を、嬉しそうに「可愛いでしょ」と、

自慢げに、私に見せてくれます。

実際彼女との、血のつながりは、無いのですが、、、ただ、嬉しそうなんです。

。。。。。。。。
。。。。。。。。
。。。。。。。。

フランスではこんな、家族関係が普通だ。

とは言いません。

でも

私の身の廻りをふと、、見渡すと、

結婚したカップルが別れた。

その後

こんな風に形を変えて、過ごしている、家族達が数組います。

こんな風に、家族や結婚の形にも、イロイロな形があると、認めている人達が、多い国フランス。

なので

「アムールの国」と呼ばれるのかな?と、思ったりします。

スポンサーリンク

おすすめ記事
仏国主婦主夫事情
フランス人が英語を話さないワケ
ピエ・ノワール②|
100年前の仏人女性の一生

フランス人と結婚して見つけた
仏人が結婚しない3つのワケ

ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  2. カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  3. カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?
  4. 秋のカルカソンヌ世界遺産観光|中世にタイムスリップする至福
  5. カルカッソンヌ城絶景を眺める!地元ガイド情報

関連記事

  1. フランス人観察記

    標準的なフランス語って何?

    日本語にも、地方訛りがあるように同じ様にフランス語…

  2. フランス人観察記

    仏国移民達と、実際交流してみた

    フランスは欧州でも、移民の数が一番多く驚くべきことに今日現…

  3. フランス人観察記

    仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手

    日本の温泉文化は世界一デス!!お風呂と宿と食事がついたサービス…

  4. フランス人観察記

    ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編

    はじめに全5回「ピエノワール」のシリーズは、アフリカに住んでい…

  5. フランス人観察記

    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?

    色々な国の人が、フランスに暮らしているから、フランスは美しいと…

  6. フランス人観察記

    仏人のバカンスって地味らしい

    恐らく、、、フランス人には、1週間のバカンスの間に片道…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. カルカッソンヌ旅情報

    カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ屋さん
  2. フランス旅情報

    フランス観光冬の陣|寒いハズ!緯度が北海道と同じパリ 
  3. 美味し国フランス

    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  4. 南フランスの毎日

    そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
  5. 美味し国フランス

    フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食②
PAGE TOP