• 南フランスの毎日
    南仏小さな村の晩秋の散歩道
  • 仏旅の基本情報
    フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  • フランス国事情
    南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ観光①|ミディ運河を想う
  • フランス国事情
    おフランスのトイレ事情 
  • フランス国事情
    海外で現金を使う時の日本人の知らない真実(フランス編)
  • カルカッソンヌ旅情報
    世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  • フランス旅情報
    南フランスの穴場ビーチで、お気楽バカンス
  • 美味し国フランス
    フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食②
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌのお天気2月|気温・服装・イベント
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ・カスレ美味しい名物料理への招待状
  • 美味し国フランス
    フランス人も病みつき旨旨ポテト
  • フランス旅情報
    フランス ストライキ 2018年が史上最大級な理由
  • 南フランスの毎日
    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  • 南フランスの毎日
    合唱隊がやって来た その①
  • 美味し国フランス
    フランス人も蕎麦が好き
  • フランス人観察記
    フランス人が英語を話さないワケ
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌでミッシェラン星付より人気の?クレープ屋さん
  • 美味し国フランス
    おフランスの魚達
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
仏国主夫主婦事情
スポンサーリンク

フランスに専業主婦はいない?

フランスには「専業主婦」はいません。

断定口調で言えるほど、、フランスの専業主婦率はカナリ低いようです。

周りを見渡すと、、、

私の知り合いの女性たちは、ほぼフルタイムで働いていて、日本の専業主婦の様に一日中家にいて家事をこなし、日々の食事の用意に「手間」と「暇」をカケルという人はイナイようです。

「フランス=グルメ」と、いったイメージが強いこの国でも、特別な日は兎も角

皆忙しく外で働いている事情からか、普段の食生活には、フランスと言えども「ハヤイ、ヤスイ、ウマイ」の、3原則が重視されます。

女性タクシー運転手の証言

ある時私が、タクシーに乗り込むと、女性の運転手さんで(仏では女性の運転手さん多い)彼女との会話です。

彼女:「タクシーの運転手て、拘束時間が長くて楽な仕事じゃないのヨ、夜遅くなる事が多いシ」

私:「大変ですネ 夕食はどうするんですか?」

彼女:「ハハハハハッ、、冷凍食品とか、インスタントラーメンよォ、旦那も、忙しく働いているから〜」

私:「食事を用意する、時間ナイですよねぇ〜」「で、、 もう昼ですけど、ランチはどうするんですか?」

彼女:「パン屋さんにサンドイッチを買いに行くわぁ」

、、、と

やり取りをしたことを覚えているのですが、

云われてみれば、、、フランス人のお昼は、パン屋さんで、数ユーロのサンドイッチやタルトなどを買って食べるのが「定番」のようです。

昼時になると街かどの、パン屋さんでは、「サンドイッチ行列」ができるんです。

この行列、カナリ学生さんが多いようですが、

私が知り合った「タクシードライバーのマダムのようなランチ休憩の「大人さん」も多いです。

スポンサーリンク

主夫はいるフランス

で、、

フランスで主夫をしている知人が数人います。

近いトコロでは、うちのお隣さんです。

彼はリタイアした「元高校教師」なんですが、

「この方半端なく料理上手」で、

この村で一番の高級レストランでシェフを、していた事もある「腕のある料理人」さんなんです。

奥様は、会社の秘書で日々激務をこなされています。

お隣のお宅では、この「腕のある料理人」の旦那さんが、毎日の食事の用意と家事もされてるんですね〜

しかも、日々「凝ったお食事のメニュー」ので、

時たま、顔を合わせるた時「今日のお献立は?」と、伺うと

「手作りブイヨンで仕込んだパエリアとか」

「魚のレモン風味グリルとか」

「自家製菜園、新鮮野菜たっぷりアラブ料理」

という、

答えが返ってきて、なんとも羨ましい限りです。

こんな環境だったら「ワタシも元気で働けそう」と思ってしまいます。

フランスの男性は料理上手率が高い?!

どうもフランスでは

「料理上手夫率が高い」みたいです。

マア

全国的になのか、私の身の回りではなのか、定かではありませんが、、

他にも「フランス人料理上手夫」が知人にいて、旦那さんが腕をふるって、よく「お客さんをオモテナシ」されています。

で、

こちらの奥さんは「料理は得意ではないから」とホスト役、旅館で言えば女将さん役で、ゲストをお世話する事に徹している様子です。

彼女も、とある会社で、会計主任をしていて、頭の回転が早くよく気がつく彼女には、ピッタリな役目です。

家庭生活の形態て、役割て、家により、カップルにより、イロイロだなと、、

彼等と、彼女等を見ていて、思うのでした。

おすすめ記事仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 
2018.3.30
まず、結婚したがる日本人 私は、、フランス人と長〜い間の交際期間を経て、、、 私は結婚しましたが、日本人と仏人の、恋愛結婚観の違いに戸惑い、必然的にその事について、考察して来ました。 そして、その事を 「フランス人が結婚しない三つの訳」として、この記事にまとめてみました。 日仏間の、恋愛結婚感覚の違...…
おすすめ記事仏国の聖なる味のバター
2018.3.31
フランス人はバターにまじめ フランス国民の、美味しいバターに対する情熱は熱く そのせいか、フランスのバターは、高級品でもない、ごく普通の物でも、美味しいです。 そんな食文化の末端の豊かさに 国としての実力(?)を、見せつけられているような気がします。 フランスは食料自給率100%超えの農業大国として...…

このブログはランキングに参加しています
応援クリックお願いいたします!!


人気ブログランキング

スポンサーリンク
  • フランス語 美しく話す方法!?
  • フランスの新年の祝い方
  • 仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 
  • 外国人、仏人的には、日本人のマスクって変らしい
  • フランス人が英語を話さないワケ
  • フランス語にも訛がある、仏語学習者注意ポイント
おすすめの記事
そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
南フランスの毎日
目次赤大理石の採掘場がある南仏小さな村村中赤大理石の彫刻の森美術館豪華版は、赤大理石の大噴水があるカフェ スポンサーリンク 赤大理石の採掘場...
タルトの王国フランス
美味し国フランス
目次ケーキよりタルトが一般的なフランス?各国の洋菓子代表選手日本は、いちごのショートケーキの国フランスはタルト王国 スポンサーリンク ケーキ...
カルカッソンヌ観光①|ミディ運河を想う
カルカッソンヌ旅情報
目次もう一つの世界遺産カナル・ミディ運河カナル運河のドラマな歴史ミディ運河の今 スポンサーリンク もう一つの世界遺産カナル・ミディ運河 カル...