スポンサー·ド·リンク

スープ・ドゥ・ポワソン

フランスで、人気のお魚料理

スープ・ド・ポワソンがあります

南仏ビストロの定番メニューで、レストランの前菜でメニューで、良くみかけます。

フランス語、スープ・ド・ポアソンの意味ですが、単語を直訳すると

・スープ(Soupe):スープ
・ド(de ):の
・ポアソン(Poisson):魚

「魚・の・スープ」です。

コチラ、どんなもの?かと云うと、、

材料の、色々な種類の、小さなお魚、香味野菜を、コックリ煮込み、ジューサーで全てを砕き、それを、こして作るものです。

なので、濃厚な魚介の美味しさが、味わえるます。

本場のスープ・ド・ポワソンとは?

魚のポタージュなで、具ナシのシンプルスープ。

でも、、

フランスのレストランで、注文すると

大量のクルトン

大量のトロけるチーズ

にんにく風味のマヨネーズが、ドッサリ

スープに、添えて出されるのが、フランス式。

良いレストランだと、、多少上品に出てきますが、

このスープ・ド・ポワソンを南仏下町辺りの、ビストロで注文すると

クルトンをたっぷりスープに投入!(カリッとさせた、バゲットの破片)

 

マヨネーズ(にんにく風味)をゴッソリ、クルトンの上にかけます。

チーズ(トロける系)を、スープの表面が見えなくなるくらい、山盛り。

この三つの物をスープに、豪快に投入して食べる、庶民の匂いのする食べ物です。
ヤケか?と云うくらい、フランス人が、この薬味を沢山入れ、食べる姿をよく見かけます。

でも

胃腸が繊細な日本人には、ヘビーな料理が多いフランスのレストランで、自分でシンプルにもコッテリにも、調節できるのが、嬉しい一品。

スポンサーリンク

スープの味の秘密?

スープ・ド・ポワソンの、材料は?

さて、、、、

このフランスの魚スープ、スープ・ド・ポアソンは何からできているかというと、、、

フランスの魚屋さんには、スープ・ド・ポアソン用の、色々な種類の、小さな魚を集めた箱があるのですが。

これが、この魚スープの材料になるワケなんです。

■スープ・ド・ポアソンの材料のお魚達一覧

・カサゴ
・カワハギ
・コチ
・レンコダイ
・イサキ
・シロキス

イサキ、カサゴなど、日本でもお馴染みのお魚や、フランス近海物のお魚が、混ざっています。

こちらに好みで、他の魚を混ぜたりする様ですが、、、

私が魚スープの、レシピを試した所、、、一つ、味を大きく左右する魚がありました。

それは
スペイン料理パエリアにも使われるルジェ

金目ダイを、小型にした様な魚Rougerルジェ という 魚

日本では、ヒメジという名前だそうです。(日本では見た事ないです)

見た目、体長20cmほどの、淡い赤色に立派な口髭があります。

キンメダイを、もう少し、味わい深く、身を丈夫にした、食感のお魚です。普通に焼いても美味しいく、パエリアなんかに入れてもイケます。

自宅で、幾つかの、スープ・ド・ポアソンのレシピを試した所、この、ルジェRoujerという魚を、入れるのと、入れないのとでは、味に差があり。

入れないと、、

私には何か、もの足りない、お味に感じました。

スポンサーリンク

やっぱり豪快に食べるのが美味しいです

スープ・ド・ポワソンを美味しく味わうには、、

私が思うに、やはり庶民の味なので、フランスの地元のレストランで、豪快にガッツリ食べるか、

あるいは、、

家で、新鮮な魚から作った、自家製のスープ・ド・ポアソンがイイと思います。

新鮮な小型のエビを丸ごと、入れようものなら、、ビスク風味で、相当なお美味しさに!!

私の住む、フランス地方都市の行きつけの、お店のスープ・ド・ポワソンは、、、

ナント!

お代わり4杯分が、初めからサーブされます!!

しかも、前菜です。

冬の、市場の買い出し後の昼食など、肌寒く、お腹が空いた時には、体が温まり。

たまらない、ご馳走。メインを食べる前から満足になります。

こんな風にスープ・ド・ポアソンは庶民の普段着的なメニューなんです。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク