トップ写真:Adobephoto

スポンサー·ド·リンク

フランス ストライキ

フランス国鉄SNCFスト2018年は史上最大

全フランス国民はもちろんヨーロッパや世界中から訪れるの観光客を、巻き込みつつ大展開中のストライキ2018年のフランス国鉄ストは史上最大とも云われています。雲行きは怪しく神のみぞ知る模様です。

ストは社会活動に混乱を招き迷惑がかかるようにするから意味があるもの」そんな考え方が、モロに現実となった今年の観光シーズンの仏国スト、迷える子羊にならないためのスト対処法やスト経験先輩達の体験談やまとめ記事。

今回のストについて、フランスの一般市民達のとらえ方は「労働条件を主張するのは、我々フランス国民の権利」まるで自然災害のような、嵐か何かのように大らかに捉えている様子はさすがかもしれませんが、、

外国人の私からみるとタダの迷惑な人災!「革命の国の伝統か、フランス人の血か、それとも騒ぎを起こしたい気質なのか???」と思わずにはいれらません。

フランスストライキの日程調べ方とカレンダー 7月13日最新情報

フランス国鉄スト延長まさかの8月突入でバカンスに影響?!

7月27日金曜日は?

※追記7月22日

ストの日です!!最も前日にならないと本決まりではなく正式にはスト予定日となりますが、今までの流れを見るとスト要員も疲れてきたのか、労働組合側から集まりにくくなってきたようですが、、、やるでしょうね。
今の所10日に一回のスト日のルーティーンになって来ました。労働組合側もSNCFもフランス国民もだいぶスト疲れしてきた模様です。

下の記事にも書きましたが、ストでも全部の電車が運休ではなく10%ほどの電車は動き、代行輸送でバスなども用意されます。日本から夏休みの休暇でフランスに来た皆さん、くれぐれもお気をつけて問題が最小限ですみますように。お祈りしています。

鉄男マクロン大統領VS鉄の結束フランス国鉄労働組合の戦い泥沼化

※追記7月13日

2018年今年3月末から幕が開けたフランスのスト騒動、当初6月末までの予定でしたが更に延長決定夏休みまで続くストの戦いは多くの観光客に観光業の人達にに影響がある見込み、被害の全貌と被害額の総額は想像もつきません。

スト日はいつ?わかり難いんですけどドウニカして欲しい!

ストはもちろん迷惑なんですが、延長で今ストの日程が解りにくくなった事が困ったものです。

フランス人でさえ調べて把握するのが難しい状態。直接駅の窓口で問い合わせるか、下のリンクから運行を調べるサイトで確認をどうぞ。


赤丸の日とその前日20:00開始スト日翌日07:55までスト実地

今年3月にストが始まった時、日程はの6月28日までカレンダーで告知されていましたが、スト第二期の7月に突入した今、1〜2週間先の予定しか告知されず。

ストの日は少ないようですが、4月〜6月のようにカレンダーで表示されていません。

フランス国鉄の会社は日本のJR同様でJR関西JR東海といったように、国内の地域により運営会社が違い複数あり、そのためスト日の告知日でも参加不参加がバラバラで、ストをしていない事もあります。そんな事も一般旅行者にとってどの会社のどの路線のどの電車かと調べることが複雑で解りにくくなっている原因です。

電車の運行の調べ方

ストの日付はいつか?

というよりも自分が乗車する電車が動いているか運休電車を確認する方法です。

電車の運行確認は下のリンクからフランス国鉄のサイトに行きチェックできます。方法は日本のこの手のサイト同じで難しくはないのですが。外国語で仏国内の路線別に検索するのでわかり難いのです。フランス語が出来る人フランス人に聞ければ聞いて確認してみて下さい。

(注:現在の所ナゼか?フランス語のベージだけ応対応でした、英語に変更すると乗車券を買うサイトに変わってしまいました)

乗車する電車の調べ方

①乗る駅
②降りる駅
③日にちを入力
④検索

フランス国鉄SNCFのサイトhttps://www.oui.sncf/

※尚フランスの電車の確認は前日夕方にならないと解りません。理由はストを決行する際、労働組合で参加人数を把握してから運行する電車を話し合い、最終的に決定されるのがスト前日の夕方だからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月末日追記

ストは続行2018年のフランス国鉄スト。雲行きは怪しく、神のみぞ知る模様。

6月28日までだと云われていたフランス国鉄のストは、延長され7月以降も行われます。

いつまで続くのか、2018年のフランス国鉄スト。雲行きは怪しく、神のみぞ知る模様。

カルカソンヌ駅SNCFのンフォメーション窓口のお姉さんに聞いた情報です。

質問:ストの予定が知りたいのですが、7月のストの予定日はわかりますか?

窓口:今の所6月28日以降の予定ははっきりしていませんが、ストは終わらないようです。

SNCFフランス国鉄公式サイトで、当日運行する便を確認して下さい。

質問:事前には解りませんか?

SNCF:スト当日の電車がどの程度運休になり、どの電車が運行するのかは、24時間前に決まります。それまでは、フランス国鉄側は、何人がストに参加し何人が業務にあたるか、わからない状態なんです。

と、、、、

公式サイトが記載してあるカードに、質問へのメモ書きをして渡してくれました。かなり親切な対応です〜(フランスにしては)

※以上追記2018年6月23日

ストの内容は2018年春から夏の始めまでの3ヶ月の間に、計36日のスト日が決定。仏国内交通は、凄まじい程不便。

春のパリの街で3月末の感謝祭から勃発したスト騒動はそのまま終わらず、4月3日から本格的に始まり6月28日までの長期戦になり、今後どうなるのかといった様子です。

難儀なのはスト日程が解りにくい事

スト日程は繰り返しのローテションで3日通常営業と2日スト休業日が、3か月間繰り返すもの。

これが、、実際ストを確認する時、何日何曜日と把握しづらいんですね。その為、ストの日程はSNCFストカレンダ-ーで確認する必要がありです。

フランス国鉄SNCFストカレンダー

赤の部分がスト実施日
※要注意なのが、、

カレンダー上でストではない日でも電車が走らない、運休に当日変更される場合がありです。又、逆にスト日であっても電車が運行する事もあります。

・実際突然の日程変更ストで2日電車が停まったにも関わらず、バルセロナからカルカソンヌまで予定の僅か16時間後に目的地に到着した日本人男性Sさん体験談もこちらの記事の下に綴りました。ご参考までに

日本であれば、正確なストの日程、振替便の時刻は

駅に電話で問い合わせたり、ウエップサイトで情報確認できる所ですが

普段から、フランスの鉄道サービスでは問い合わせが☎電話でできません。

又、情報確認をしようとスト中は駅に出向いても、、

電光掲示板には直前にならないと振替便の正確な情報が表示されない。
窓口はも長蛇の列という事が多く、職員さんから正確な情報を聞き出すのに一苦労ということが多々あります。

スポンサーリンク

スト中でも!最低運行保障で走る電車有

スト中は完全に、電車が無くなるわけではありません。5本に一本位で運行しています。

法的な規制があるためです。どのくらいの割合でスト中電車が実際稼働するかですが、、

今回は5〜10%前後の稼働率で電車が動いているようです。(一応決まった割合があるようですが、、)臨時運行予定は前日の17時に発表されます。

運行保証の電車と代行バスに乗る時の注意点

「代理の交通便が有るんだ〜」「良かった〜」安心してばかりいられません。
少々の、不安要素を含んでいます。

それは、、

「いつ、どの地点まで、どんな状態で」代行輸送になるのか、正確に把握するのは難しいんです。

私の体験と実際人から聞いたお話です。

どんな様子なのか、一番解りやすいと思いますので、コチラに実例としてあげていきます。

代行輸送の電車に乗る時の注意点

・代行輸送は前日の夕方17時に発表。その前には情報がつかめない。

・代行輸送の電車は混んでいて乗れないことや、途中までしか行かないことも

・イザ電車に乗ろうとしても、満席混雑で乗れない事がある。

座席番号はスト中は、ないと思え!乗り込む人は皆同じ状況で移動しようと躍起です。代行の電車、バスに乗り込み席が空いていたら兎に角確保、、で場所を確保して問題がアッたら後で調整する方が大抵良いです。

移動時間到着時刻が特定できないことがある、電車の運転速度が超ノロノロだったり、特に代行バスだと大幅に時間が掛かる。

代行バス、電車乗は混み合います。みんな疲れた様子

・代行バスに乗れなかった!私の体験談

行列の後ろに並び「ボート呑気に」順番待ちしていたせいでした。

「行列に並んでいるから、大丈夫だとう」と思っていたんです。

が、まさかの満席。。

運転手さんは冷たく「席がないデス」と返すだけ。

とり残された、私を含む3,4人の乗客の中の一人が駅員に伝えてくれ。

その後、ジット待つこと数十分

追加代理バスがやって来て(何と残された数人のために、タクシーチャーターしてくれました!)無事家まで帰れましたが、、

一時はどうなることやらと、冷や汗でした。

スト中の運行予定が前日発表の理由

最低運行保証の電車、詳しい情報は

前日の17時に運行状況が発表されます。

結構直前のタイミングですが、なぜかと云えば。。

ストライキ対象の日の48時間前に組合員の参加意思が集計され、その参加人数により提供できるサービスが決定するからです。

その後サービスの提供の計画に1日必要な事から、前日の17時に情報提供となるんですね。

そんな最低運行保証の電車のスケジュールを把握するには、、、当日直接駅に出向き電光掲示板、職員、駅の旅人から情報を入手する。

運行予定の確認はアプリが一番です。

その訳は、繰り返しですが、

日本であれば電話で問い合わせたり、ウエップサイトで情報確認できる所ですが

普段から、フランスの鉄道サービスはあまり良いとはいえず。日本とは違い問い合わが☎電話でできません。(私の住むカルカソンヌでは出来ません)

又、スト中は窓口に出向いても長蛇の列という事が多く、待たされれ職員の対応が追いつかないのが現状。

SNCFのアプリなら運行状況を発表があった直後に把握できます。

コレが一番いい方法。

ただ、アプリをダウンロードし、フランス語の画面を追いつつ、外国語の画面を把握するのは万人向きではないかもしれません。

それでも、困った時は、兎に角ダウンロードしてトライしてみて下さいませ。

他の方法、現地で確認したほうが良い場合も確かにありますが、状況にヨリケリです。

SNCFアプリのダウンロート先は一番下のまとめあります。

体験談:日本人男性Sさんストの最中長距離移動

・私の観光ガイドのお客様S様の武勇伝。

5月始めのゴールデンウイーク貴重な休暇を利用して、一週間カルカソンヌ周遊観光の計画でいらっしゃいました。お正月から計画した貴重な休暇のご旅行です。

バルセロナに日本から到着すると、予定していたTGV高速鉄道(バルセロナからでフランスカルカソンヌ)が運休(カレンダーでスト日ではない日)で「バルセロナに数日足止めか?」と思われました。

が、この方は旅慣れた方でした。

直ぐに、フランスの街スペイン近くの街パーピニオンまでの長距離バスの席を見つけ、飛び乗りました。

そしてフランスの国境内への当日移動に成功!

翌日タクシーでカルカッソンヌ近くのナルボンヌまで走り(距離約65km)、ナルボンヌからカルカソンヌまではこラッキーなことに電車があったそうです。何とストの最中12時間遅れで、予定通り観光ができる様になりました。

フランス人も凄いと言うほどの、ストの最中の見事な移動でした。

「パチ・パチ・パチ」拍手!

■Sさんのの話には、スト移動で参考になることが多いです。

①スト運休と判明したら、即決で移動方法変更、席を確保。
②高額にはなりますが、補足的にタクシー利用、予定外の宿泊検討もあり
③フランス鉄道振替電車バスが動いている区間は利用。情報収集も大事

補足すると①については、スト中は、代わりの移動方法、長距離バス、※カーシェアリングなど席がドンドン無くなります。いつまでも有ると思うと、売り切れになる可能性大即決命

時に高額でも「タクシー、予定外の宿泊」もスト期間は、利用する可能性ありと考えておきましょう。

※カーシェアリングとは:欧米で人気のウエップ上で手続きを行う車の相乗りシステム。BlaBlcarなど有名で利用者も多い。運転手側はガソリン代を安く出来、相乗り側は通常の電車料金半額程で行ける旨味がある。サイトに個人情報携帯☎、カード情報を登録する必要がある。記事下に公式ページリンク有。

タイプABC別の対策その他注意アドバイス

ストの対策は「時間や予算に余裕がある人ない人」では対処法が別れる所。

そこでタイプ別作戦ABCにまとめてみました。

タイプA【突撃隊】:
交通手段長距離バス、タクシー、飛行機、ルート変更も視野にいれる。日本人男性Sさんのように、移動にタクシーバスを組み合わせたり。予定外の街での宿泊も視野に入れ、騎馬隊のようにストを駆け抜ける。人数が多いほうが良く懐の余裕も必要。

タイプB【冒険家】:
その時の流れを楽しむ。先々で旅楽しみを見つける。代行電車バスの時間の遅れ、途中までしか行かなくても、降ろされた街で観光を楽しむ。情報収取命でしょうか。

タイプC【瞑想家】:
スト騒動には極力関わらないで、呑気に過ごす。安価移動手段を好む。電車が動かないなら、動くまで待つ。滞在先の街で動かず、それなりの楽しみを見つける。ある程度時間に余裕がある人向け、滞在先がある程度落ち着けるのが前提でしょう。でも今回のような長期ストの場合情報確認は絶えず必要でしょう。

仏国鉄スト対策まとめ&SNCF·バス会社リンク


・SNCF公式サイト

・SNCFアプリダウンロード先
AppleSNCFアプリ
GoogleSNCFアプリ

電車の運行、ストの実施が一番解りやすい。但し使い方が解りにくい、語学の壁があるので万人向きではない。、ダウンロードだけしておいて、イザという時誰かフランス人にに聞いてみるのも手。

ストの時の代行移動手段、バス、カーシェアリングのリンク一覧

1)SNF振替バス:
運休電車の振替なので無料、但し、バスのりば乗り場、バスの出発と到着時間が、解りにくいことが多い。なので駅員さん、乗り物の運転手サンから正確な情報を入手すること。

2)長距離バス行き先による
フランス長距離バス会社(ヨーロッパ内移動便有り)
・FLIXBUS
・ISILINES
・OUIBUS

3)カーシェアリング ブラブラカー:
ブラブラカー(blablacar)

コチラは海外在住者、旅慣れた人向け。現代版ヒッチハイクのようなもの、フランスでは結構ポピュラー。
システムを利用するのに登録する必要があり、携帯電話、クレジットカード番号が必要。やり取りは、フランス語になる。(英語でもOKの場合が有り)

スト中はコチラも、良い条件の席は早く無くなります。

何かと心配が続くストですが、グッドラックです。合掌。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク