フランス旅行のクレジットカード現地事情!事前学習で旅を賢く
スポンサーリンク

ヨーロッパではクレジットカード払いが当たり前

フランスではクレジットカード事情は日本と 大きく違う

日本人ほど多額の現金を持ち歩く国民は、海外ではあまり例がない事は知られています。

日本では3万円ほどの現金を持って歩くのは普通の事かもしれませんが、フランスではでは珍しく特にフランスを始め欧米では普段、現金は少額しか持ち歩きません。歩く現金が少ないので諸々の支払いにクレジットカードの出番が多くなるわけです。

防犯予防のため買い物や支払いはクレジットカードや小切手での決済が圧倒的に多く、数百円の金額でもクレジットカード支払いは普通です。

日本では買い物など普段は現金払いが一般的です。カードでの支払いは高額な買い物や、分割払いの時に使うというイメージがあるか知れませんが、海外では事情が大きく違うのです、

フランスでは日本のように現金を多く持ち歩く人は多くはありません。

例えば

レストランでのランチ代や
チョットした買い物カード払いは普通

例えば、フランスではチットした食事、例えばランチの支払いや、日常の買い物で千数百円程度の支払いをカードで支払う人がかなり多くいます。

日本ならばレストランのランチ代金、千百円程度は現金で払うことがほとんどで「カードで支払う」という人は珍しいのではないでしょうか。

 

鉄道など少額のキップを買う時もカード払い

フランスでは電車の切符を買う時、例え隣の駅に行く200円程の切符を買うときにも「カードで」という事が多いのです。

フランスでは現金払いになると何かと不便なことが多く、例えば電車の切符を買うには、下の①〜③の3つの方法があるのですが、、カードなら窓口の行列に並ばなくても良い、小銭の釣り銭切れで待たされたりしない等、フランスの窓口業務特有の不便さに巻き込まれなく時間が無駄にならずにすみます。

①駅の窓口に行列して並んで現金で買う
②券売機でクレジットカードで買う
③ネットで事前に予約購入する


フランスでは鉄道チケットを買うための駅券売機も、ほとんどの旅行者がクレジットカード利用です

身分証明書になる

クレジットカードは海外では身分証明書として受け止められ、フランスでも同様です。

例えば、はレンタカーを借りるには必ずクレジットカードでの支払いになります。カードを持っていない場合、フランスではレンタカーは借りられません。

ネットで情報収集して賢く旅するには必需品

今どき国は関係なくドコででも、ネットで旅の情報収集をすると「お得なネット割引を」見つけることが多くあります。

フランスを旅する場合でも、ホテルや乗り物の切符などの料金が、現地の窓口で申し込んだり、買ったりするよりも料金が大きく割引になる事が多いものです。

その他にもネットの割引で大幅な割引を受けられるものには、現地ツアー、観光シーズンのイベントなど色々あるものです。

無いと利用できないサービスや不便なこともある

クレジットカードがないと利用できないサービスは、多くあります。例えば最近日本でもカーシェアリングが広がってきていますが、欧米で人気のカーシェアリング「ブラブラカー」は登録するのにクレジットカードが必須で持ってない場合利用できないという事になります。

スポンサーリンク

フランス旅行クレジットカード選びのポイント

フランス クレジットカードで
使えないのは?JCBとダイナース

国により便利なカードは違うもので日本では便利な使えるカードが海外では事情が変わり使えない。ということもあるものです。

JCB·ダイナース·アメリカン・エキスプレスはフランスでは利用出来る所が限られます。

JCBはラウンジやサポートが充実しているという定評がありますが、実際フランスの旅でカード決済で使えるか?というところがあります。

ダイナースもフランスでは取扱店が少ないカード会社となります。

アメリカンエクスプレスは、フランスでは一昔前は使えないと云われていたカードですが、現在ではパリなど都心部を中心に取扱店舗が増え使い勝手がよくなったと云われています。

フランスではJCBとダイナースカード、アメリカンエクスプレスは「カスタマーサービス」「空港のラウンジが利用できる」利点もあるのですが、決済が何処ででもできるか?という疑問が残り、これらのカードは②枚めか3枚目の控え的な役割をするカードとなります。

フランスを旅行するのであれば、もう一枚ビザやマスターカードが必要です。

フランスのATMビザやマスターが便利

フランスクレジットカードICチップなしはNG

ICチップのクレジットカードは、従来の磁気ストライプ型のクレジットカードとは異なり、ICチップにカード情報が細かく微小に記録されているため、情報が漏洩しにくく「スキミング対策」に有効で、従来の磁気カードよりも安全性に優れています。

現在フランスでは美術館などの観光施設を始め、商店でも多く所でICチップの無いカードは使えなくなりつつある所です。

まだ旧式の磁気タイプのクレジットカードを使っているのであれば、フランスへ旅行するのを機にICチップのカードを作っておいたほうが良いでしょう。

サポートがしっかりしているカード会社を

海外では日本の当たり前が色々な場面で通用しません。トラブルに遭遇することも多々あります。

万が一事件や事故となどに遭遇した事も考えて、サポートがしっかりしている会社のクレジットカードを持っていると大変安心できます。

実際に経験したフランスでの
クレジットカードのト·ラ·ブ·ル

海外ATMクレジットカードで
現金が引き出せない!こともある

そんな事が有るのか?と思われるかもしれませんが実際私も体験しました。理由はいろいろ。

・ATMに問題がある
・カードに磁気異常などの問題がある
・カード会社の規定、限度額などが理由

理由は何であれ、アテにしていたキャッシングや決済ができないと慌ててしまいます。一人旅の場合かなり心配になりますね。ホテル交通費の支払いができないと、旅が続けられませんから。

この「ナゼかカードが使えない」という話ははよく聞くききます。

フランスのATM全体

盗難やスキミングのトラブルの可能性も

フランスを始め欧米では、スリクレジットカード絡みの盗難スキミング(※)が多く、他にネットを通じでカード情報を盗む犯罪が多発しています。

カードやカード情報が盗まれたら直ぐにカード会社に連絡して停止手続きを取らなくてはなりません。

※スキミングとは?:
カードの磁気情報を盗み取ること、対策は磁気情報が微細に記録され情報が推測されにくいICカードを使用すること。又盗難保険付きのカードにすること。

フランスに行くならクレカは【2枚持ちが安全】

ATMにクレジットカードが飲み込まれ、出てこなくなったりする事故のようなケースもあります。

ですのでカードが一枚の場合、何か起きてカードが全く使えなる心配があるわけです。

日本であれば対策のとりようがありますが、海外で観光旅行の最中にそんな目にあってたら、対策におわれお金の調達に頭お抱え、折角の観光旅行で楽しむ時間が台無しになってしまいます。

何か起きた時、クレジットカードが二枚あれば「一枚は使えて助かった!」という事になります。

フランス旅行に出かける前に
クレジットカードを作るなら

2枚持ちにオススメなのがエポスカード

 

·ATMとカードの不具合等の理由で使えない事がある

·カードの限度額が一杯になってしまっている

·切符などの自販機に飲み込まれ、出てこない事がある

いざという時、日本にいるのと同じ様に対策できない、海外へ旅行に行く際「クレジットカードを2枚持って行くこと自体が保険になる」という事ですが

もし今1枚しか持っていなかったとしら、この機会にエポスでもう一枚作るのがオススメ。

なぜかというとエポスは年会費無料で海外旅行保険がつくからです。

保険の他に
・フランス·ヨーロッパ全土で使えるVISAカード
・紛失したときのサポートもある

新しくもう一枚作っても損はないでしょう。

■申込みからの発行期間は?

※Webサイトでのお申し込みから約1週間で手にすることが出来ます(通常5日〜10日程で発行、休日を挟む場合は日数要)


年会費無料で旅行保険付きカードに申し込む

何もしなくても加入になる
【 エポスは自動付帯の旅行保険】

多くのカードの保険は利用付帯なので要注意!

保険付きのクレジットカードで気をつけたいのは「旅行保険には利用付帯と自動付帯」がある事

エポスカードは年会費無料のカードですが、海外旅行の保険で重要な入院・傷害治療補償がとっても充実「自動付帯の保険」です。

有効期限のカードを持ってさえいれば、保険適用について本当に何も気にする必要がないのが嬉しい所です。

利用付帯のクレジットカード
保険適用に必要な条件とは

同じ旅行保険付きのクレジットカードでも利用付帯の場合、保険適用には下の条件のどちらかを満たす必要があります。

  • カードで公共の交通機関を利用すること
  • 旅行会社が企画するツアー料金をカードで支払うこと

自分のの手持ちのクレジットカードの旅行保険が利用付帯だとしたら、上記の条件を満たしていなければ一円の保険金も貰えない事になってしまいます。

つまりお手持ちのカードの旅行保険が利用付帯の場合、保険適用のために旅行前から準備を整えておく必要があります。

自動付帯のエポスの旅行保険
適用条件は有効期限のみ!

エポスカードは自動付帯の旅行保険が適用。

期限が有効なカードを持っているだけで保険が適用になり、万が一トラブルに遭遇しても、申請すれば保険が降りる「自動付帯」しかもゴールドカード並みの高額保証。

何かとバタつく旅行前にはとても重宝。

海外旅行にでかけるので、新しくクレジットカードを作ろうという方にはおすすめ!

旅行前に【エポスカード】に申し込む

エポスカードはVISAのICチップ付きでサポートも良し

エポスのサポート

エポスは通常の電話メールでのサポートが頼めますが、その他にも海外で問題が起きた際、各国のサポートですくで直ぐに対応してもらえ、サポートが充実しています。

♦世界38都市の現地デスクでサポートが受けられる

♦盗まれたり落としたりして第三者に悪用されないための対策

·紛失盗難時に届け出れば60日までさかのぼり全額保証
·カードの利用通知サービスがメールで届く
·インターネット詐欺対策にネットログイン通知機能でフィシング対策に
·紛失盗難時は世界中の海外サポートですくでで24時間で無料受付

エポスカードはICチップ

♦ICチップの複雑な暗号処理で「高度なセキュリティを保てるカード」

従来の磁気カードに比べて偽造が困難で、安全性が高いカードなのでスキミングされたりや落とした際、情報漏えいしにくく、偽造も困難。

エポスはVISAなので世界中で使える

フランスをはじめ欧州アメリカに、東南アジア、世界中で加盟店の多いVISAカードなので利用範囲がとにかく広く、欧州やフランスのレストラン、ホテル、店舗、公共機関アチコチで使えます。

年会費無料の旅行保険付きカードに申し込む

ゴールドカードなみ!

 

 

年会費永年無料
傷害死亡・後遺障害500万円
疾病治療海外270万円
傷害治療200万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円



年会費無料!の旅行保険付き
【エポスカード】に申し込む

スポンサーリンク
おすすめの記事