カルカッソンヌ旅情報

歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た

世界遺産の見所を歴史、サラッと見学するツアー

「カルカッソンヌの城壁を見ずに死ぬな」と、、まで言われた壮大な、要塞都市。
その歴史はナント!2500年!!

「チョット」という感じで観光して、見所の歴史を理解するには長すぎ、複雑すぎる2500年のカルカッソンヌ城の歴史。

歴史の扉を叩くにも、、、、どうやって、叩けばいいのか、、ワカリマセン!!

スポンサーリンク

とはいえ、、、

少しでも歴史を把握していると、折角の世界遺産の名所巡りは、大変興味深くなります。

いますが、、

日本人がカルカッソンヌ城を、ガイド付きで見学するとなると、個人ガイドになってしまいます。
それが、

外国語のツアーなら、75分間で、お手軽に城内の見所を探訪できるミニツアーがあるんです。

私は、そのツアーに、毎年一度は参加しています。

毎回、新しい発見があるからなんです。

コチラ、、、、サックリ説明すると

カルカッソンヌのツーリストオフースが主宰するツアーで、経験豊かなツアーガイドさん(英語、仏語、スペイン語)と、参加者、数人〜10数人位でシテ内の見所を、歴史の話を交えて、見学する75分のミニツアー参加費8€と安価。

日本人には、語学の壁はあるものの、シテ内の名所を、自分とは別の視点で見学できるので、良いと思います。

ツーリストオフィース入り口

この日は、十五人位の西洋人に混ざっ、て英語のツアーに参加しました。
色んなヒトがいて、ワイワイ楽しい。

参加者は全員英語圏イギリス人、アイルランド人、スコットランド人。
(格安航空会社で一っ飛びなので、多い英国とその近隣諸国の人々)

歴史的要塞都市探検?ミニツアー開始!!

カルカッソンヌ城の入り口、ナルボンヌ門の解説から。
ハジまり、ハジまり。


フランス国内第二の観光客訪問者数を誇るカルカッソンヌ、訪問者が絶えません。

カルカッソンヌの、街の名前の由来の、マダムカルカスの像。
お城の入り口に、カルカッソンヌの女神のように在します。

ガイドさんのトーク炸裂!

名所を歩きながら、時代と歴史、各時代の建物の特徴をアレコレ聞きます、西洋史、、、かなり興味深いです。


いろんな国からの観光客さん、皆さんナルホドしてます。

城壁の歴史説明 絶景かな〜

見所がつづくよ

オヤッ、こんなところに抜け道がぁ


井戸もあります

ツアーの終わりはサンナザール大聖堂


サンナザール教会!


迫力です!!

美しい〜
ツアーの終わりは、サンナザール大聖堂。

中に入り建物のステンドグラスや、装飾品のガイド説明を受け、ツアー終了!!

75分と短い時間に、かなり沢山のことをガイドして頂きました。

ツアー参加者からは、「よくこんなに沢山の事を、短い時間にまとめて、説明されました」と、、、言う意の、拍手が起こっていました。

パチ パチ パチ パチ

※サンナザール大聖堂:11〜12世紀に建造されたシテ内の教会、南仏にあるステンドグラスの中でも、美しいと定評がある。

スポンサーリンク

まとめ

世界遺産要塞都市カルカッソンヌの見所と歴史を、短時間で案内してくれるこちらのツアー、冒頭でもご説明しましたが、一通り名所を案内してもらえるので、個人で見学するより、ムラなく見学できオススメです。

普通に個人で観光すると、カルカッソンヌ城の入り口、ナルボンヌ門をくぐり抜け、お土産物が、連なる通りを歩いて、そのまま、、殆どの方は、コンタル城。サンナザール教会。をチラット見学し、まあコンなもんか、、で終了するのではと思います。

こちらのツアーでは、お城の、正面入り口のナルボンヌ門から、長〜い城壁に沿って歩き、見所と歴史のガイドを聞きます。

歴史的な建造物を見学している視点で、参加者と共に歩き、見所を順序を追って見学していくと、自分だけでは気がつかない、発見があります。

正直、年代や話される事が広範囲すぎ、すんなり理解するのは、難易度が高いです。

、壮大な歴史の話は、全部理解しなくても、良いと思います。
なので、あまり難しく考えず、気楽に参加してみてください。

元々この、ツアーでの名所歴史解説は、西洋史の遥か昔の話で、外国語がというより、話が分かりづらい部分もありますから。

その時に理解できなくても、歴史のお話を、後でネットやガイドブックで、調べたりすることもできますし

自分には無い視点で、西洋の世界遺産を見物できる機会だ。と云う感じで、良いのでは無いでしょうか。

最後にこちらのツアー主催のツーリストインフォメーションの情報と、に、参加して見て感じた、良い点と、難点をまとめてました。参考にしていただければ幸いです。^^

■良い点
短時間のツアーで(75分)安価(8€)なので気楽に参加できる。
・ガイドさんがよくトレーニングされている。
・色々な参加者と一緒に名所巡りができて楽しい。
・個人で観光してもできない発見ができる。

■悪い点
日本語は無し、英語、フランス語、スペイン語のみ
・英語のツアーは通年一日一回のみ、午前11時始まりのみ、

・時間的にカルカッソンヌの滞在に余裕がないと参加が難しい。
・長い歴史のあるシテの話なので、情報量が多く75分では短く感じる。

■注意
観光シーズンによってツアーの時間帯は変更

・こちらは、カルカッソンヌ城壁内とサンナザール教会のみのコースで、コンタル城観光(カルカッソンヌ城壁内本陣のお城)はコースに含まれ ていません。

インフォメーション

・ツアー時間:75分
・ツアー費用:8€

・ツアーコース:
開始ナルボンヌ門→城壁歴史説明→城壁外側ガイド→ビューポイント→城壁シテ内案内、サンナザール寺院

・申し込み詳細:
スケジュール:観光シーズン、言語により、開始スケジュールは
変わります。詳しくはツーリストインフォメーション窓口でお問い合わせください。

参加方法:カルカッソンヌ城内ツーリストインフォメーション当日窓口にてお申し込み。


5ヶ国語が話せる、窓口のお兄さん

写真ではちょっと強面に写ってますが、楽しい方ですよぉ

■ツーリストオフィス
・カルカッソンヌ城内営業所
場所:ナルボンヌ門入り口直ぐ右手
7月、8月:  9h〜19h (毎日)
4月、5月、6月、9月:  9h〜18h(毎日)
10月 :9h30 〜17h30 (毎日)
11月〜3月 : 9h30 〜13h 13h30 〜17h30 (月曜休み)

・カルカッソンヌ市内営業所
Bastide St-Louis (28 rue de Verdun)

電話:0033(0)68102430

スポンサーリンク

おすすめ記事
コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
カルカッソンヌ城の絶景を観るための地元ガイドの情報
カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです!!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  2. 歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た
  3. カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  4. コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  5. カルカッソンヌ城現地駅からの行き方|アクセス方法3つ

関連記事

  1. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ観光②|現地観光は歴史ロマン

    カルカソンヌ城欧州史上最強無敵の城壁から、歴史ロマンを垣間見るスス…

  2. フランス旅情報

    冬フランス観光服装「防寒?お洒落?」どうする寒さ対策

    寒い寒い、フランス冬旅装いのポイントは前回の記事で、フランスのヌル…

  3. カルカッソンヌ旅情報

    カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?

    地元ガイド名物を語るカルカソンヌ城と、いえば、、、、モン・…

  4. カルカッソンヌ旅情報

    ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語

    カルカッソンヌ二つめの世界遺産世界遺産の要塞都市カルカッソンヌ城が…

  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城絶景を眺める!地元ガイド情報

    写真で観た、カルカッソンヌ城の幻想的な美しさ、に惹かれて「カル…

  6. フランス旅情報

    フランス観光冬の陣|寒いハズ!緯度が北海道と同じパリ 

    フランス通こそ、冬観光でも、、キラッキラッした、クリスマスのシャン…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 未分類

    ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
  2. フランス人観察記

    仏人のバカンスって地味らしい
  3. 南フランスの毎日

    合唱隊がやって来た その②
  4. フランス国事情

    おフランスのトイレ事情 
  5. フランス国事情

    おフランスの常識①|ユーロ通貨その1
PAGE TOP