スポンサー·ド·リンク

フランスの春は黄色に光り輝く

桜マジックの、桜色に尽きる、日本の春はですが

フランスを代表する色は黄色でしょう

春に外を歩けば、黄色が目に飛び込んで来よう。

フランスの春には街中に、黄色が溢れます。

フラワーショップに、並ぶのは黄色の花々

ミモザや、黄水仙、黄色いチューリップなど、色々なトーンの黄色が目を楽しませてくれます。

春黄色の花束

レモンイエローとゴールド黄色も色々

麗しい黄水仙達
南仏田舎の草原でも

タンポポ、ヤマブキなどの、目が醒めるような黄色に、野原が覆われてソレは綺麗です。

フランスの典型的な冬空

フランスでは冬長〜い間、暗い日が続きます。

暗さや寒さと、正反対の性質を持つかのような、明るさの黄色が、日に日に強くなる春日の光に、反射され、黄色が目につきやすいのでは、、、と私は思うのです。

太陽の明るい光を象徴する黄色が、冬の終わりを告げる

フランスで、春が始まると黄色の色の花や物が太陽の光を、跳ね返してして拡散するかのようでフランスの春は、黄色に輝くように思えます。

スポンサーリンク

フランスの春街角の黄色イロイロ

フランスの春色の黄色は色味が豊かで、レモンやゴールドの黄色は、街でも春の光に映えます。

やっぱり黄色が目に着く店先

花だけでなく、街中の洋服やさんや、インテリアショップのショーウインドウの飾りにも、ポイントカラーに、黄色が使われてます。

街中何処でも黄色が目につき、ます。

春になると決まって、黄色が差し色のフランスのお店のショーウインドー

スポンサーリンク

フランスではミモザの花が春の訪れを告げる

美しいミモザ

写真:https://unsplash.com/

フランス人は

マーケットで、この黄色いミモザの花束が出回ると、

「春になったなぁ〜」と普段花を買わない人でも、ミモザの花束を、買ったりするんですね。

ミモザと言えば、、ミモザサラダ??

春らしい見た目のモザサラダ

日本ではミモザは、そうお馴染みの花ではないと思いますが

私は一体

どこでミモザを言葉として覚えたのか?

それを改めて考えて見ると、、ミモザサラダだったと思います。

黄色、ミモザ繋がりですね

春のを告げるミモザ祭り

・南仏マンドゥリュー・ラ・ナプルのミモザ祭り

ナープルのミモザのフェスティバルは、南仏の春の訪 れを告げる、代表的なイベント。

人気のお祭りで、毎 年2、3月に開催されます。

このミモザ祭りは、ニースから約30キロの、モンドリューラマンドゥリュー・ラ・ナプルトいう街で開かれる伝統的な花祭り。祭りのハイライトはミモザ一杯に飾られた山車のパレード地元のミモザが、何トンも使われ春一番のお祭りに、沢山の観光客で賑わいます。

ミスミモザ美女コンテスト<
マンドゥリュー・ラ・ナプルWEB:http://www.ot-mandelieu.fr/

写真出典:https://pixabay.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング応援クリックお願い致します!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク