スポンサー·ド·リンク

チップとは何か考えてみた

チップとは、、、
サービスを受けた時、感謝の気持ち を、お金として支払うコトではないでしょうか?

フランスでチップは必要ですか?と聞かれたら

「必要です」と答えます。

でも、一言で必要、不必要というのは、難しいのですが、、、

フランスに住んでいると、チップが習慣として、根付いていて、人々の、チップのやり取りが、さりげなく「格好良く」感心します。

フランス人の、チップの、やり取りの様子を見ていると

「チップは一つの、コミニケーションの方法」なのダナと、思えます。


写真出典:http://golden-zipangu.jp/

「欧米諸国」のように、チップの習慣がアル国の人と比べると、

「日本」のようにチップの習慣が、あまりナイ国の人は、ハッキリ値段が付いていない、サービスに

何時のタイミングで、どのくらい渡せば良いのか」ヨク解らず

「チップを」

「必要な所で、払わなかったカモ」とか逆に

不必要な所で払ったかな?「沢山あげ過ぎでは?」

「チップが少な過ぎ、多過ぎ?」と頭を悩ませる、事もあるかと、思います

日本の社会的な背景をを考えると

日本では、サービスはタダ
外国ではサービスはタダではないと、よく言われます。

確かに、日本から、海外に行った時

改めて、日本のサービスの丁寧さに気がつく事は、多いのではないでしょうか?

日本のサービスが、凄すぎナンです。。。

日本の商業的な、サービスは、素晴らしいです。

例えば、

デパートで、贈り物などを買うと、商品を包装紙で、くるみノシを付け、それに名前を書き、手提げ袋に入れ、定員さんが、丁寧に送り出してくれる。

と、、、、

いう事は、日本ではそう珍しくないですが、

海外で、ここ迄丁寧な、対応をしてもらう事は、ブランドショップなど高級な店以外には、考えられず、

そんな手厚いサービスを受ける状況の時は、サービス料として、こちらが「それなりの、代価を支払う事が、前提」になっています。

そんな、特別なサービスを受ける時、その代金を払う事は、暗黙の決まり事のようです。

スポンサーリンク

チップマナーが自然

所で、海外でのチップの習慣を、ナゼ私達は、気にするんでしょう?

写真出典:http://polishstyle.net/chip23.html

おそらく、必要な時チップを、払わず「マナーを知らない人」だと「思われたくないから」ではないでしょうか?

これは国に、場所に、よりけりで、チップが、習慣化した国、アメリカ等では、チップマナーを、しっかりフォローした方が良いでしょうが、

フランス人のチップの感覚」では、

ホテルや、レストランで、状況に応じて相当額を、支払えばよく、大抵、気持ち程度の、小銭で良いようです。

かれらのチップの渡し方は、観ていて、とてもスマートです。

ヨロシク、ありがとうという気持ちを伝える、コミュニケーションの道具としてのチップマナー、所作が自然で、渡し方、と、言葉で感謝の気持ちをつたえる事、相応なチップの金額、それが身についているからです。

やはり、感覚を実際つかむことが大事でしょうが、チップはコミュニケーションの道具だととらえて、「チップを通じで感謝の気持ちを伝える」そんな心持でいることが、自然なチップマナーを身につける、はじめの一歩になるのではないでしょうか。

次回、フランスのチップ事情②|相場と渡し方

チップを実際、どんな時、幾ら位支払うか「フランス版チップのまとめ」を、お送りします。

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トップ写真出典:http://getnews.jp/

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク