スポンサー·ド·リンク

日本の郵便事情は、世界一の素晴らしさ!!

日本の基準は、世界のスタンダードではない、日本の基準が、当たり前の、日本人にしてみれば、

他の国、の郵便事情は、「真面目に、おシゴトして頂きたい」と、思うことが有るものです。

「日本の基準は、世界のスタンダードではない」と、心得なければイケナイのです。

まあ、困ったモノですが、その国の事情を受け入れる事です。

そして、問題があれば、それなりの「用心」「対策」をするしかないでしょう

仏国の郵便事情は悪くないけど、、不思議システム

諸外国の無茶苦茶な、郵便の話を聞いた事がありますが、、、

私の住む、フランスの郵便事情は、そう悪くないと、思います。

ただ、幾つかの

郵便不思議「?」体験談が、私にはあります。

フランスの郵便局はラ・ポスト(La POSTE)と呼ばれていて

シンボルカラーが、カッコイイ黄色で、郵便局のロゴ、郵便ポスト、郵便配達の車etc、、

郵便関連の物は全〜部、黄色で可愛いく、統一されています。

写真出典:http://autoc-one.jp/

仏国郵便事情の不具合度 田舎編

私は、在仏10年位になります。

ず〜と田舎暮らしですが、日本からのものも含めて、郵便物が「届かなかった」事は、一度もありませんでした。

郵便物は、日本からの普通便の手紙でも、1週間程で届きました。

ただ、、、

「何故?だ」「何故なんだ?」と、、云う「不思議な事に遭遇」したのは1、2年に一度位の割合で、あったと思います。

スポンサーリンク

謎の原因は、綺麗な配達員のお姉ちゃん

ある時、うちの村の郵便局で、とっても可愛い、女の子が配達員を、していた事があります。

20代前半らしい彼女は、「ブティックででも、働けばいいのに」という、カッコ良いルックスでした。

初めは、私も「可愛い子」が、お手紙を届けてくれて「嬉し」かったものです。

が、

彼女の仕事ぶりを、ちっと観ていると、、、

「携帯で話しながら、ついでに、配達している」

そんな、風でした。

で、、その時期、不思議現象が、やたらに多く起こりました。。

それは、、

家の郵便受けに、1週間に2回位は、向かいのお宅の郵便物が届き。

さらに、、、

管理を頼まれていた、ごイギリス人の近所隣さん別荘の郵便受けには、

「全然知らない人宛のお手紙」が、届けられていたのです。

宛名を確認しないで「取り敢えず、手紙をポストに入れてオケ」的に配達してるのではと、、思えました。

そんな訳で

「一寸、オカシイんですけどぉ〜彼女の郵便配達」と、さすがに、郵便局に苦情を、言いに行ったのですが、それから、すぐに彼女は姿を消し、それ以来、2度とその可愛こちゃん配達員さんの姿を、見ることはありませんでした。

しかし、何故

不適正と思える「仕事と人のマッチング」が起こったのかと、、考えました。

これは、、私が思うに

フランスは失業率が高い国なので、ハローワークなどで、「適正」とか、あまり考えず「仕事だ!」と、とにかく就職してしまい、研修などの教育も、追いつかず、時たま「これは問題では?」と云う、「仕事とワーカーの取り合わせ」になるのだろう、、と思うのです。

ウチの村の歴代の郵便配達員さんは、真面目で、特に問題なかったんですけどね、

タマにしか、、、

隣街への手紙が3週間掛って届いた件

後、、

家から20Kmのカルカッソンヌへ手紙が、3週間も掛かった事があります。

(参考までに、東京—川崎が約20km)

普段と同じ様に、ウチの村の郵便局のポストに、投函したのですが、、

写真出典:http://autoc-one.jp/

興味深い事に、同じ日に、同時に投函した、パリへの手紙は「4日」で到着していました。

が、、

何故か??

20kmの距離の隣町への手紙は届くのに、3週間かかったんです。

一寸大事な用事の手紙でした。

それで「手紙はどこかで、無くなったもの」と、思っていました。

そんな中

「手紙が届いた」と、届け先の人から連絡が、あった時は

「なんで届いたんだ?」と、相手先の方と一緒に思ったものでした。

そして

「フランスの郵便事情はヤッパリ良くわからないなぁ〜」と、首を傾げました。

仏国内で確実に、郵便を届けたい時


写真出典:http://autoc-one.jp/

気を揉むのが、お役所関係などで、期限がある手紙などを送る時です。

私が発想の時、気をつけているのは、以下の2点です

■フランスで大事な手紙を送る時の注意

①期限がある時は、とにかく早めに送る。

②追跡番号保証付きで送ると安心(lettre Recommendée)

やっぱり、こちらも以前、不思議な事に遭遇した経験があるんです。

滞在許可証の、手続きをする時の事。

家から、マルセイユの日本総領事館へ、普通片道で5日もあれば、郵便物が届く所、2週間以上掛かったことがあり(片道です)

滞在許可証(ビザ)申請期限、ギリギリになり、ヒヤヒヤしました。

■日本へ大事な手紙を送る時の選択

普通に保証なしを取るか、それとも、、6500円で保証付で手紙一通を送るか?

フランス、日本間のやり取りの場合、ビジネス便の、メールがあるようです。
そちらは期限内内に、届く安心感がある郵便システムです。

が、

手紙一通送るのに、50ユーロ!と、目の玉が飛び出るお値段です。

なので、

よっぽどでない限り

「Prioritaire」プライオリティ(優先という意ですね)という便があるので、こちらで十分でしょう。

私は、もっぱら、一番安価な、エコノミー便で日本への、手紙のやり取りは済ませています。

そして、今まで、届かなかったという事は一度も、ありませんでした。

やっぱり、心配なのは

大事な証明書や、戸籍などを日本から、送ってもらう時です。

そんな時は、

追跡番号も補償もないので、用心のために、時期を少しずらして、同じものを二通、別々に2回送ってもいます。

コチラ何事もない場合、無駄になります。

が、、多少は対策になるでしょう。

■仏国で郵便物が遅れがちの時期

クリスマス前後です。

この時期は、世の中的に、郵便物が多くなり、手が回らなくなるのか、郵便物が届くのが、遅れがちになるようです。
小包が通常2週間ほどで届くところ、1月半買ったり、配達が、数回遅くなったことがあります。

フランスで郵便物を送る際の注意点まとめ

写真出典:http://autoc-one.jp/

手紙を送る時の注意

大きい街の大きい郵便局から出す
(経路の中継ぎが少ない事)
②重要な手紙は追跡番号付きが無難
③期限があるものは早めに送る

受け取る場合の問題
①配達員さんの巡り合わせ
②不在票を良く見る

フランスの郵便事情は、日本に比べると、確かに劣りますが、

私個人では、あまり大きな問題に遭遇していない事もあり、そう悪くないと思います。

やっぱり郵便配達員さんのなどの、巡り合わせが

郵便事情を左右しているように、思えます。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク