スポンサー·ド·リンク

日仏お正月くらべ

と、題しまして

フランスと、日本の、新年の迎え方の違いを比べてみました。

両方の国の、新い年の祝いは、文化の違いこそあれ

「幸運」「健康」「繁栄」への願いが、込められているのは、共通です。

比べてみると、2つの国の伝統の背景から

日本のお正月の特徴は、長〜い期間に、色々な行事をして、お祝いをしますが、

フランスでは、新年よりも、クリスマスの方を盛大に祝います。

そしてお正月は、大晦日の夜に新い年の幕開けの祝いをして、元旦だけお休み。

そんな、、違いがあるようです。

フランスのお正月、日本のお正月

日本のお正月が長く他の国より、特別色々な行事をする理由は?

縁起をかつぐ、色々な風習があるからです。

これは、

日本の国のいい伝えに

新年の「歳神様が、家々を訪れ、運を運んでくる」という云われがあり、

その歳神様に、幸運を授けてもらうために、色々なお正月の風習が定着したのだそうです。

okina歳神様

写真出典:http://www.homes.co.jp/

一年の終わり、十二月の師走は、「お正月の準備」から始まり、一年の終わりの日「大晦日」

一年の始まり、「初詣」「新年の挨拶」をして過ごすのです。

その後も諸々の、行事が続く

「歳神様」をお迎えして、お祝いする。のが、日本のお正月なんです。

そのために、長い期間に色々、な行事が行われるんですね。

image日本のお正月飾

写真出典:http://www.flickr.com/

比べて、フランスのお正月は、フランス国民にとって、最大の年中行事クリスマスから続く、冬のイベントの、幕引きのようにも思えます。

フランスの、クリスマスは、日本のお正月に似ていて、普段、離ればなれの家族全員が、家に揃って一緒に過ごすために、数日間ふるさとの、家に帰る特別な日。

そのために、何ヶ月も前から、プレゼントや、飾り付けやら、ご馳走の事を、考え、用意したりします。

172053feeece17928_m親しい友人たちと楽しそう

写真出典:http://retrip.jp/

そのすぐ後に続く、新年のお祝いには、、、

大晦日の深夜、ニューイヤーを祝うために、ワイワイと親しい友人たちと集まります。

そして、真夜中の新しい年が始まる、真夜中になると、カウントダウンをして、シャンパンなどで、祝杯を上げ賑やかに楽しみます。

又「年越しの晩餐」を食べる習慣があります。

正式に「レベイヨン」(léveillon)という、この晩餐会は、正装して、皆さん集まり0時の、年の変わり目に、「パーン」と祝杯を上げてスタートします。

そして、大晦日の終わり、新年の始まりの深夜から、新年の特別メニューである、の馳走の並ぶ、フルコースのディナーを、ら食べるのです。

zputimg-php
写真出典:http://www.pelican-travel.

この晩餐会のテーブルには、、、

特上の、生牡蠣やスモークサーモン、フォアグラなど、選りすぐった、晴れの日のご馳走が並びます。

とっておきの、ワインも開けられるので、テーブルではご馳走と、ワインの批評も始まり、こちらもお楽しみの一つなのです。

フランスでは、この新年、深夜のセレブレーションが冬のお祝いの終わりとなり、1日お休みになります。

大概、次の日の1月2日から仕事始めとなり、普段の生活が戻ってきます。

スポンサーリンク

フランスで大晦日は

「長ったらしくて、覚えられない」と私も最初、思いましたが、

「レベイヨン・ド・サン・シルベスト」

réveillon dele Saint Sylvestre

といいます。

なぜ?こう呼ばれているかと言うと、、

「サン・シルベスト」は聖人の名前で、こちら「レベイヨンの目覚め」という意味になります。

諸説あるようですが

「大晦日には目を覚まして起きている」と、いうことになり、レベイヨンの晩餐の習慣はここらか来ているそうです。

フランスには、キリスト教の聖人の名前が、365日に付いた暦があります。

こちらの暦では、大晦日は「サン・シルベスト」(サン聖の意で、聖シルベスト)の日に当たります。
「大晦日(レベイヨン)」に、この聖人の名前を、を合わせてレベイヨン・ド・サン・シルベストと、呼ばれているんです。

日仏の正月くらべ、如何でしたでしょうか?

日本の皆様、フランスの皆様、又その他地域の皆様、どうぞ良い年の始めを、お迎え下さいね。

imagers
写真出典:http://www.pelican-travel
フランスの新年の飾りに、魔よけとして飾りに、使われるやどり木

これには健康と、子孫繁栄の願いがあるといわれている。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク