• 南フランスの毎日
    合唱隊がやって来た その①
  • 美味し国フランス
    フランス人はアスパラガスがお好き
  • フランス国事情
    フランス暗黙のルール|日本人が知らないお金の常識
  • フランス人観察記
    フランスの子育て支援は意識が高い|仏国のシングルマザー達
  • フランス人観察記
    フランスで日本食素材が手に入りやすい理由|マクロビオティック
  • カルカッソンヌ旅情報
    世界遺産ミディ運河 カルカソンヌ今昔物語
  • フランス国事情
    日仏お正月くらべ
  • 美味し国フランス
    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  • 南フランスの毎日
    南フランス田舎 春の桜の散歩道|南仏写真館
  • 美味し国フランス
    ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ
  • フランス人観察記
    フランスで移民達と、交流してみた
  • ナルボンヌ
    南フランス ナルボンヌ観光 お役達情報|駅&駅周辺案内
  • フランス人観察記
    仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  • 美味し国フランス
    仏国の聖なる味のバター
  • 南フランスの毎日
    そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
  • フランス国事情
    フランスのセールは国民的行事?!
  • フランス人観察記
    フランス家族の肖像
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ・カスレ美味しい名物料理への招待状
  • フランス国事情
    ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事
モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語①
スポンサーリンク

小さな奇跡の物語り—はじまり—

フランスの世界遺産、モンサンミッシェルに詳しい、NHKのテレビ番組「地球探訪」の番組プロディーサーでさえ、、

出来栄えに「驚いた」モンサンミッシェルの実物の500分の3の模型があります。

藤田洋子さんが、4年の時を掛けてお一人で製作されたものです。

この大掛かりな世界遺産の模型を、多くの難関を超えて、フランス本国の寺院に設置して現地で熱烈歓迎されたプロジェクトの物語です。

この全ての事を自分たち力で成し遂げた日本人夫妻のお話。

藤田洋子さんが、4年もかけて創られたモン・サン・ミッシェルの陶器製のジオラマが、ご当地フランスのモン・サン・ミッシェル寺院に送り届けられたのは2016年秋のこと。

現地フランスのモン・サン・ミッシェル寺院で奉納後の、お披露目のインタビューの席では、各関係者、寺院僧院並びに仏報道機関が集まり、大盛況でした。

今では、モン・サン・ミッシェルに巡礼に訪れた人々が、巡礼前日に道順を眺めたりすることが出来るようになり、観光客、巡礼に来た人々達からも感謝されています。

それは洋子さんが自宅で製作した、モン・サン・ミッシェルの3/500の陶器製の精巧なジオラマ(ミニチュア)でした。

自宅の静岡県から、約一万km離れた、フランスのモン・サン・ミッシェルまで送り届けられた、夫妻の殆ど奇跡に近い物語。

4年もの歳月をかけて、毎日コツコツと作業を続け、壮大な世界遺産モンサンミッシェルのジオラマを一人で完成させた、藤田洋子夫人。

藤田さん旦那様の、驚きの実務的総合能力での、フランス現地に寄贈するためのアプローチ。

業者に頼めば仏像など美術品扱いになる難易度の高い、ジオラマの梱包と発送を自分たちの手で成し遂げました。

恐ろしい程難しい状況対をくぐり抜けて、当地の寺院にて設置するまでの全ての事を、藤田さん夫妻が個人で手配し、成し遂げられた事は「もはや小さな奇跡」といえるでしょう。


藤田さん製作ジオラマは、実物モンサンミッシェルの500分の3

藤田夫妻との出会い

2016年のある夏の日、南仏西部のナルボンヌという街の駅で、私が列車に乗り込むと、日本人夫妻がそこに、いらっしいました。

「日本の方ですか?」と私が話しかけ、少しお話をして、お別れした、、それだけの事でした。

それが

その後メール交換して、お二人の話を伺って、私は驚きました。

その訳は、、

「こんな風に、、、、、物事に取り組めるスゴイ人たちが世の中にはいる物?」

と、思うような、大きなプロジェクトに、夫妻で挑まれている所だったからです。

スポンサーリンク

人物紹介

藤田洋子さん
モン・サン・ミッシェルの陶器の模型を約五年掛けて制作したご当人。パターンナーとしてメーカーで洋服の型紙を長年製作。計算能力と緻密な技術が必要とされる職業。知性を持つエレガントな方。

藤田雅己さん
光学機器を扱う大企業で、管理職を勤め退職後も、海外旅行を楽しむ行動派。在職中は様々な大プロジェクトに携わり、幅広い人脈を持つ。、様々な人に慕われるユニークな個性の持ち主。

筆者の私
南仏西部の小さな村で宿を営み、観光ガイドをしている在仏7年になる。
プロフィールはコチラ

このブログのために、お二人に幾つか質問をさせて頂いた所、大変詳しくお答え頂きました。

それらを、今回の記事に、まとめさせて頂きました。

洋子さんからの手紙

スペイン国境近くの、南仏西部を走る電車で、、、

初めてお二人にお会いして、何となく私が話しかけて、自己紹介のような会話しただけでした。私の降りる駅に着くまでの30分程の間でした。

その後、私のブログに藤田夫妻のプロジェクトの記事を書かせて頂く事に決めて、幾つかの質問をさせていただいた所、洋子さんから全ての事を始めから語られた、お手紙を頂きました。

コチラは、そのお手紙からのお話です。

出会いと生まれた想い

私は、中世の街並みが残っているヨーロッパが大好きです。歴史があり、街を歩いていると、色々な想像を醸し出してくれます。

今から20年程前にツアーでモンサンミッシルに行きました。

ライトアップされたモンサンミッセルに惹かれ、ツアー仲間から抜け出し、懐中電灯を照らしながら、畦道を歩き続けました。

歩いても、歩いても、近くに見えた筈のモンサンミッセルに、なかなか辿りつきせん。

昔は道などなく、潮が引いた時に人々は渡ったのでしょう。ここは潮の流れが大変早く、多くの巡礼者が亡くなったと聞いてます。

死を目の前にした時、どんな思いだったのだろうか?

信心深い巡礼者はここが、危険とわかっていてもここを訪れる。それだけ引き付けるものがある所なのでしょう。

大きな教会の中は、十字架があるだけで他の教会のような装飾はありません。ステンドグラスも簡素です。

それだけに荘厳と威厳を強く感じ、ここは祈りだけの場で、やたら足を踏み入れてはいけないような、気持になりました。


そして、モンサンミッセルに私は魅了されました。

そして、時は流れて

パターンナーの仕事を退職後、新しいジャンルに挑戦したいと、ミニュチュアハウスを作り始ました。

モノづくりが好きな私は、「何か形になるものを、残しておきたい」と考えるようになり、

長年心に残っていた、モンサンミッセルのジオラマを、作ることに挑戦してみようと、思いたちました。

そして、資料集めに再び、渡仏しモンサンミッセルを訪れました。

ジオラマ製作開始

私は、昔ファッション雑誌を見て、それと同じ服を作る、という仕事をしていたので、「写真を見れば立体化できる。という
自信があり」建物の写真をたくさん撮りました。

現地で、ラッキーなことに紙で作る模型のキットが売られていて、それは、実物の1/500のサイズだったので3/500にするのと粘土の収縮率を計算し、自分でしか理解できない図面を引いて、これを頭にいれ、作り始めました。

作業のシュミュレーションを何回もして、短時間で作り上げていけるよう考えました。

実際の制作段階の過程では、モタモタしていると、素材の粘土の収縮が、始まり、「大きさが変わり、ヒビも入って来る」ので乾かないように工夫が必要でした。

ジオラマは「全部で63の小さなパーツ」から出来ているのですが、

又季節、天候など、環境の状態により変化するので、1パーツを作るのに1週間~10日かかりました、

①乾燥後に焼く
②窯の中で冷やしてから、取り出し、
③釉薬を塗り再び焼く

という作業工程で、全部で63パーツを4年かけて作りあげました。

フランスに到着した洋子さんの作品63パーツの箱。

気楽な気持ちで作っていました。

少しづつ形になっていくうちに毎日モンサンミッセルを旅している気分になりあっという間に4年が立ち、そして、その後、更に2年の月日が流れました。

続く

続きは、この藤田さんのジオラマが「どうやって!モンサンミッシェルの僧院に辿りついたのか?」というお話お楽しみ!!

ブログランキングへの応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
2018.3.29
フランスのお土産買い物は迷わず こんにちは、フランスで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 楽しくも、忙しい観光の最中、日本へのおみやげを「 何が良いか?」と、悩む時間は勿体無い!ですよね。 そこで今回 気楽に買えるお値段で「おいしい」「使える」「喜ばれる」そんな、フランスのバラ撒き土産ベス...…
カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
2018.3.29
カルカソンヌの、お土産を語れば カルカソンヌ城と、いえば、、、、 モン・サン・ミッシェルと並ぶ、仏国内人気の世界遺産。 そして「騎士」が活躍した「中世の時代」が、カルカソンヌのキーワード。 お城の中は、その古〜い時代風の、楽しい土産物屋さんが沢〜山。 定番観光土産とか、中世時代がらみの、品々が売られ...…
世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
2018.3.29
世界遺産要塞都市まで、徒歩30分?! こんにちは、カルカッソンヌで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 今回は現地カルカッソンヌ駅から、世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方レポートをお送りします。 世界一の城壁を誇るお城まで、歩いてみませんか? 早足で約30分で、カルカソンヌ駅から、お城まで...…
ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事
2018.4.5
時差だけでは読めない冬時間とは? サマータイムとして、よく知られているのは、夏時間のことですが、 ウインタータイムとは冬時間のこと。 これは ヨーロッパ、アメリカで取り入れられている、エコロジーと経済の活性化を目的にした、時間軸の変更。 年二回、春3月最後の週末と秋10月最後の週末の日の夜中、1時間...…
カルカソンヌ駅極近ホテル利点極多|ソレイユ・ル・テルミニュス
2018.4.5
カルカソンヌ観光を満喫できる立地と便利さ その訳は? カルカソンヌ駅から極近なんです。 なので 電車で他の街から、長時間の移動で、一寸疲れてカルカソンヌ駅に着いても、ホテルが駅から300mの距離なので、移動がスムーズ! すぐにホテルにチェックイン!! 荷物を預け、一息ついたら、街に出て食事、買い物す...…
「フランスで魚」が安く!美味しく!!食べられる日の秘密!!!
2018.3.29
フランスでも魚を、気軽に美味しく食べたい 築地市場は、世界一の規模を誇り、小売店でもピチピチの魚が、多くの種類揃っています。 四季の美味しい魚を、その時々に美味しく味わう事。 「刺し身だ!寿司だ!シンプルに焼き魚だ!」と、鮮度の良い魚を食べる事に慣れている私達。 日本の魚市場は、世界で並ぶ国が、無い...…
フランス人の、セール戦術に学ぶべし
2018.3.29
フランス ソルド2018年開始 フランスで、毎年恒例のセール「ソルド」が始まりました。 ソルドの時期でしか買い物をしない、フランス人が80%程もいることが、ニュース番組でも伝えられ フランス国民がホボ全員参加する。といっても過言ではない、ホットな国民的行事です。 日本のセールとは違う訳は。。。 フラ...…
カルカソンヌでミッシェラン星付より人気の?クレープ屋さん
2018.4.4
無茶苦茶!美味しい!!クレープレストラン カルカソンヌのレストラン総合で1位のレストラン ( 2017年12月現在、トリプルアドバイザー283件中1 位) クレープはフランスでは、町中の屋台で気軽に食べられたり、レストランの数も多いのですが、、、、 街のレストランの総合順位でTOPになるほど、美味し...…

スポンサーリンク
  • フランス語 美しく話す方法!?
  • フランスのBIOショップ|日本食も、お土産も、コスメも揃う!?
  • フランスは暖炉天国
  • フランス人の、セール戦術に学ぶべし
  • フランスの新年の祝い方
  • 南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
おすすめの記事
南仏小さな村の晩秋の散歩道
南フランスの毎日
目次南仏田舎秋秋の昼下がりの出会いはストーリーお友達のお馬さん田舎の山道の風物詩とは太陽の光が、オレンジの魔法で芸術にしてくれる秋秋の終わり...
そうだ、赤大理石採掘場へ行こう!
南フランスの毎日
目次赤大理石の採掘場がある南仏小さな村村中赤大理石の彫刻の森美術館豪華版は、赤大理石の大噴水があるカフェ スポンサーリンク 赤大理石の採掘場...
合唱隊がやって来た その②
南フランスの毎日
目次謎めいた、イタリア人の宿のお客さん僧院はコンサートにピッタリ始まりは、バッハでしたサスガ指揮者さん!「仕切るのがお上手」 スポンサーリン...
仏国の愛しいキャベツ
美味し国フランス
目次フランスでは、キャベツは見かけない日本でいつからキャベツの千切りが一般化したか?フランスでキャベツにお目にかからない訳キャベツ→シューク...
合唱隊がやって来た その①
南フランスの毎日
目次謎めいた人そして、、どんなものか??と練習のお邪魔コーラス隊サマースクール スポンサーリンク 謎めいた人 だと、思っていた 宿の宿泊客の...
フランス語 美しく話す方法!?
フランス人観察記
目次仏語発音が日本人に難しい訳仏語が発音できない、話せないと困る!!!!!ムール貝の真実発見の実証 スポンサーリンク 仏語発音が日本人に難し...
南仏バカンス|謎のイタリア人宿泊客
南フランスの毎日
目次久しぶりに夏の、バカンスのシーズンにある夜セニョールの素敵な持ち物もう一つコーラス隊 スポンサーリンク 久しぶりに この南仏の村にある1...