スポンサー·ド·リンク

カルカソンヌ気候3月

カルカソンヌの3月のお天気•服装•イベントと観光ポイントまとめ。観光前に是非チェックを!カルカソンヌ地元観光ガイドをしていますので、現地からの情報をお伝えしています。

カルカソンヌ3月気候の特徴

地形の影響で、カルカソンヌの気候は極端に変化します。

山にかこまれたカルカソンヌの気候は、暑さ寒さが極端です。冬の気圧配置で厚い雲に覆われた時は暦の上では春でも、実際厳しい冬の気候。通常3月末ともなると暖かな日が多くなるのですが、、、

2017年2018年と3月は寒く、春のお天気には恵まれませんでした。

ピレネー山脈の雪が綺麗、3月でも冬のよう

3月はサマータイムに注意

フランスではサマータイムが実施されていて、冬時間から夏時間へ変更になるのが、3月最終日曜日。
変更前日の入りが夕方18:22分、変更後2時間も遅くなり20時15分に!

冬時間はいつも日が、極端に短いと思っていました。
実際、冬時間、夏時間の、夕方の明るい時間帯が2時間違と、大変な差。

・冬時間:
3月16日:
日の出:7時47分
日の入り:18時22分

・夏時間変更後:
3月31日:
日の出:7時35分
日の入り20時15分

カルカソンヌ3月 天気予報

 

■3月下旬の天気予報

スポンサーリンク

カルカソンヌ3月服装

カルカソンヌ3月は、時に暖かいことも有るのですが、、、
2月並いやソレ以上に、寒い事もあり、読めません。
コチラは、3月中旬市街地の広場のカフェ。
太陽は気持ちいいけど寒さ対策にダウンを着ておしゃべりする彼女達。

やはり、外を出歩く時は、マダマダきっちり寒さ対策が必要。

確かに少しは暖かくなるのですが、、、

空気も、地面も全て冬の冷たさを含んでいるので。上着、靴も、暖かなもののほうが安心です。1,2月までは行かなくても、少し軽装。という程度です。
小春日和という雰囲気

アウターはやはり、ロングコートの人もいますし、殆どの人が冬のまま防寒ダウンジャケットを羽織っています。

朝10時のマルシェ

ボトムスもやはり、パンツ。女性もパンツ姿で過ごし、スカートの人は殆ど見かけません。

帽子、マフラー、手袋。も必要なことがあります。

■コート・ジャケットについて
風を通さないシッカリ目、丈は腰下までをオススメします。
気候の事を考えるならゴアテックス、登山用、暖かなダウンジャケットがベストです。

■靴
カルカソンヌ城観光など、石畳を長時間歩く時は、靴は冷たい石畳の上を歩いても大丈夫な、厚底スニーカー・ブーツが、やはり安心です。冬の冷たさは石畳、石壁に残っています。

が、雨風が強く寒い日もあるため、やはり、レストランを探し歩き回ったりしなくても良いように、下調べとレストランの予約をして、暖かなレストラン内で食事を楽しんだり、ホテル内でも落ち着いて過ごせる。天気の日と悪天候の日、両方の可能性を考慮してカルカソンヌ観光の計画することをオススメします。

3月末日朝8時の気温は、何と、4℃!

スポンサーリンク

カルカソンヌ観光3月

カルカソンヌ城要塞都市は、約3,5kmの城壁に囲まれたほとんど屋外の観光地。

城は、高台あり風の影響をモロに受けます。又足元は石畳の道なので底冷えがします。なので、要塞都市内を外を歩き回る時は寒さ対策をオススメします。

冬から春になる、始まりの季節。
マダマダ寒い時期。観光客もまばらな季節。
観光など外のアクティビティで、素敵に過ごせるか?

全ては

お天気しだいで、太陽が顔を覗かせるか否かに掛かっています。

青空に、白い雲が春らしい風景になり、ヨーロッパの春の幕開けの月。

マルシェに出かければ、春のシンボルミモザの黄色が、目に飛び込み
春の味覚、アスパラガスを売る店が目立ちはじめ、

洋服の色、スカーフの色も、少し鮮やかになるようです。

太陽の光が無い時は、ドンヨリ空

フランス3月観光イベント

春の訪れです、サマータイムへの変更
寒く、暗く、太陽の光が少ない冬時間が終わり、夏時間活動的なサマータイムの季節へ変わる事が、何よりも大きな出来事。。

 

カルカソンヌ3月観光まとめ

・寒さ、風対策の装備、アウター、靴、帽子

・ホテル宿泊先と観光地を、悪天候でも対応できるよう考慮

・お天気の日は、春らしくカルカソンヌ全体が楽しめる

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク