スポンサー·ド·リンク

フランス土産を求めて

良い土産に買う時、観光客用のお店を避けた事はありませんか?

フランスは買い物天国で、沢〜山の素敵な物があり、買い物好きには、たまらないと思う国ですが、

「チョットしたお土産」に、何を買えば良いのか?と

お土産物屋さんを、覗いてみても、、

「コレといったものが、ナイ」
「良いと思った物は、予算オーバー」

なんて事も、、良くあるのではと思います。

やはり皆さん

「リーズナブルで」「喜ばれるモノ」を探されるのでは、、と思いす。

そんな時は

何処で、何を探すかを、考えてみると良いのは、ないでしょうか?

スポンサーリンク

フランス土産をどこで探す?

どこの国でも、同じことですが、空港や、観光地の、観光客用のお店では、一般的に値段が高く、設定されています。

でも、

こういった所では、お土産「らしく」見栄えがするように、梱包が工夫がされています。

買い物をして、、

「土産には、素っ気無い梱包だなぁ」と思うことが多い海外では、重宝する所なのかもしれません。

「体裁の良いお土産を、時間がない時」探すのには、便利な場所でしょう。

ですが、、、

時間もあり、梱包もそう丁寧でなくて良い時(仏国の梱包は日本のように丁寧ではなく贈り物用だと、別料金を取れたりします)

実は、スーパー、自然食品店、チョコレート専門店、大型の薬局、文房具屋などは、探してみると、お土産に喜ばれるもの、自分で持って帰り
たいものが、見つかる穴場なんです。

後、何よりも、

フランスの色々なお店に行って、売られている商品をみるのは、フランスの社会を垣間見るような、楽しみにもなるのでは、ないかと思います。

ドンナものを、ドンナお店で、ドノくらいの予算で、見つけられるかこの記事では、まとめてみました。

スポンサーリンク

ナチュラル石鹸

日本でも人気のマルセイユ石鹸、アレッポ石鹸など、、自然派の固形石鹸で、日本では手に入らないものなど、良いお土産になります。

石鹸を買うには、薬局、自然食品店特に大型店では、品揃えも豊富です。

買う時注意したい事は、フランスの石鹸は、フランス人と日本人では、香りの趣向が違うのか

「香りが強すぎたり、甘すぎたり」する事があり、私も何度か失敗したことがあります。

失敗を避けるには「香りがキツくないもの」を、お店の人に聞いてみると、、、英語でも以外と丁寧に教えてもらえたりします(本当に人によりますが、、)

無難なのは、日本でも知られている商品にするか又は、ナチュラルなパッケージの物、を選ぶと良いようです。

img_06063ユーロで、素敵な石鹸を発見!

チョコレート

日本でもよく知られている、ヨーロッパのチョコレートは、超高級店で、贈答にも、ラシイ高級感溢れる、梱包で「味」も「見た目」と、もちろん素晴らしいものです。

美味しい板チョコ

チョコレート大国フランスの「真の実力」がうかがえるのは、「上級中級クラスチョコ」です。カナリ美味しく十分お土産に喜ばれます。

フランスの街を歩けば、ショコラティエが、あちこちにあり、その店オリジナルチョコを、大概のお店で試食させてくれ、お味もチェックできます。

包装もお願いすれば、対応してくれ、土産を買うには良い所です。(梱包の事は各お店で買う前に、聞いてみましょう)

梱包など気にしなくて良い、チョコ好きの身近、身内へのお土産には、、スーパーのチョコレート売り場が良いです。

こちら、あなどれませんよ。

有名企業の大量生産の物になりますが、、こちらのチョコは、味とコスバにウルサイ、仏人が普段食べている物。
板チョコでしたら一枚2、3ユーロで良い原料を使ったもの。

バラエティ豊かなフレーバー勢揃いです。

「カカオの比率が多いグルメチョコ」
「ブラックチョコ&アーモンド」
ミルクチョコ&ヘーゼルナッツ&レーズン」

中身勝負の、逸品が見つかります。

が、やはり

フランスでチョコレートを買う時に、気をつけたい事があります。

それは、、日本人の慣れない味のフレーバーのチョコレートです。

個人的な好みもあるでしょうが、、

私は、洋梨味、花のフレーバー味など苦手なんですが、私の「味覚に合わない」というか、日本人の好みではないと思います。

とにかく、食べ慣れない、フレーバーは気をつけた方が良いかと思います。(日本でもわさび味チョコレートとかありますね)

文房具

img_0600

日本の文房具は実用的で、世界一高品質だと思っていますが、、

デザインや、目先の変わった楽しい文具、画材などフランス製の物はやはり素敵です!!

img_0601

手帳や、「ズラー」と色味の揃った、色鉛筆やパステルなど見ているだけで嬉しくなります。日本では、値の張るもので欲しいものがあったら自分用に買いです!

他には、モールスキンなど、日本で買うと値が張る手帳も種類が豊富で、お安く手に入ります。センスの良い小物、雑貨などで、低価格帯のものも見つけられます。

フランスの文具の欠点は?

フランスでは文具は以外と高価で、はじめびっくりしました。筆記用具、ノート類は同じ価格の日本製品に比べて、質が劣るものもあります、しっかり見た方が良いです。

まとめ

色々ご紹介しましたが、まだまだフランスのお土産にリーズナブルで良いものは沢山あります。

特にスーパーで見つけられる物は、紹介しきれません。

素敵なお土産を、是非楽しんで、ご自身で発掘してみて下さいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング応援クリックお願い致します!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク