スポンサー·ド·リンク

カルカソンヌ天気 1月気候

カルカソンヌの1月のお天気•服装•イベントと観光ポイントまとめ。観光前に是非チェックを!カルカソンヌ地元観光ガイドをしていますので、現地からの情報をお伝えしています。

カルカソンヌ1月 気候の特徴

1月中旬頃から、日本でいう冬将軍が到来して一年で一番冷え込む時。

カルカソンヌはフランスでも南部なので寒い期間は短いのですが、地形の影響で風が強く寒さが日本の東北地方、例えていえば青森県などと同じくらいではと思われます。

2018年1月の天気は、風が強く一日で雨と晴れと変化して、まるで春秋冬が混ざったかのような妙なお天気の日がありました。

太陽の光が暖かな、冬晴れ日もありましたが、、、1月は未だ太陽が顔を出す時間が1日の時間では短く、朝は日が昇るのが遅く、夕方暗くなるのもアッという間です。日が落ちるのも早く17時頃には外は暗くなってしまいます

フランスの冬の日の短さについての詳細記事はコチラ

カルカソンヌ1月 天気予報

1月20日:日の出8時15分 日の入り17時45分

 

西風が強く吹くと風速30メートル以上になることも多い風の強いカルカソンヌ。

驚かれるかも知れませんが、カルカソンヌ周辺は風の強いことで知られる街で風速30mの日はは結構普通にあり。気温は5度以下、体感温度2度と冷え込む日が例年数週間続きます。

スポンサーリンク

カルカソンヌ服装1月

カルカソンヌ観光1月 服装ポイント
カルカソンヌ1月の道行く人の装いは、フランスの真冬の服装対防寒

シテの前より、1月始めの午前9時、午後は暖かな日でも午前中は、寒い。。

■コート・ジャケットにパンツ

アウターはロングコート、ダウンジャケット。

ボトムスはパンツで、女性でもスカートの人は殆ど見かけません。

■靴と小物
防寒対策に要小物「帽子、マフラー、手袋」

靴は冷た〜い石畳の上を歩いても大丈夫な厚底スニーカー・ブーツ

シテ観光には、寒対策に加えて、風が強い日や、雨、雪の日の対策が有るとよく、コート・ジャケットは素材がシッカリした、風を通さないもの、丈は腰下まであると寒さ対策に安心。

1月始めカルカソンヌお城の麓を散策中の家族

尚稀に晴れた気温の高い日があり、そんな日は1月でも軽装デス。

スポンサーリンク

カルカソンヌの1月 観光

観光客が夏のシーズンに比べると可也少なくなり、静かな場内を落ち着いて観光できる時期。

但し、お天気に大きく左右されるので、お城観光が目的で観光に来て、寒くて風の強い日に遭遇してしまうと寒き風が身にしみ辛いものです。ですので

カルカソンヌの冬観光を楽しむには建物内での観光メインにプランを組むことです。

例えばコンタル城屋内、サンナザール教会、良いレストランで美味しいワインを味わいゆっく食事を味わう。

他には買い物等、外を出歩くのは短い時間で良いように、計画するのがおすすめです。

運が良ければ、外歩きも楽しめる冬のハレの日に、当たる事もアリです。

※フランス全土で1月1日は公共機関や会社等お休みとなり、カルカソンヌ要塞都市内コンタル城もこの日はお休み

壮大な眺めが素晴らしい、コンタル城からの外壁通路

フランス1月 イベント

1月始めのカルカソンヌガンベタ広場

12月からのクリスマス飾りが街中商店には飾られたまま、1月中頃までそのままです。

日本からやって来ると、、、「何故まだサンタクロースがあるのか?」

と、思われる事でしょう。。

1月のイベントは、何と言ってもバーゲンゼール

冬のセールは5週間続きます。

街は華やかなクリスマス飾りから一転して、大安売りセールに模様に変わりまます。

冬のイベントの華やかな雰囲気が残り、セールでお買い物ができる楽しい時期!

カルカソンヌ観光1月まとめ

・観光地以外でも新年のお祝いの雰囲気があり、又1月のバーゲンセールで街が華やいでいて楽しげ。

・カルカソンヌ要塞都市は静かでユックリ観光するには良い、ただ日が短く寒いので観光日程は時間帯に気をつける。

・カルカソンヌは風が強いく石畳なので、場内を見学する際寒い日は防寒服が必要。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク