フランスは美食の国デモ魚の食べ方を
知らない人が多いカト

魚が豊富な、日本で育った私には

どうしても事あるごとに、そう思えてしまい
ます。

海から遠い内陸部の都パリや、リヨンで、
発達したフランス料理は、

その昔海産物を海から都へ、輸送するの
に日にちが掛かり、鮮度の落ちた素材を
美味しく食べるのに、

img8

写真出典:http://www.akemi-takase.com/

味の濃いソースが発達した、というのは
よく聞きく話で、

対照的に日本は、

四方を海に囲まれて、海の近くに都が
栄えて来た歴史を持ち、野菜でも魚で
も季節の素材をを生かした、食材の食
べ方をしてきました。

私は、魚の事を此れ程いろいろな方法
で、国民的レベルで広く知っている国は
、世界的にめずらしいのではと、思って
います。

image
写真出典:http://ameblo.jp/miwblog04/

そんな日本の国から、やって来た私に
いわせると、

フランス人は魚を食べる事に、慣れてい
ないように思え

どの魚を、どうやって、食べようと
勝手だ、自由だと、そう、解ってはいても。

仏人の魚の、食べ方が、イロイロと、
私と違い、何かにつけて見聞きするたび

「エッ〜」とか、「ソレはぁ、、、チョット」
と思ってしまい。

私の深層意識には、そんな場面の映像と
言葉が、積もり積もってしまっているんで
す。

で、フランス人の好みは

「マイルドで舌先てトロける口当たり」
とか「フォアグラ、チーズ風味の濃厚味」

images
写真出典:tocobook.com

なので、魚に、

小骨があったり(危険)、
食べるのが難しい(面倒)
苦味(魚の内臓はゲテモノ厳禁ぽい)

は、あんまり人気がないらしく

「僕、魚はイワシ魚は食べない」
(小骨のある)

「私、魚はサーモンなら食べる」
(他の魚は食べないらしかった)

と、言い切る人々。

「私、魚は切り身しか買わない」

と、言う人。

に出会ってきました。

日本では通な、食べ方だったりする
魚の一品との関係を、改めて考えて
みると。。

yjimage
メザシ焼き⇄
ガ体の大きい魚のグリル

小骨の多い煮魚⇄
魚ポタージュスープ

あら煮⇄
舌平目のムニエル

と、日本の通好みの、庶民の味は、
フランス人の好みの対局にあるようで
彼らには、受け入れられないだろうと、、

嫌いだろうナ、、、と思われるのです

[s_ad]
又魚の、好みの違いというよりも
意識の違いもあり。

フランス人は(含ヨーロッパ)
魚は中毒しないように、よく調理しなけ
ればイケナイという、考えの方が何処か
強いようです。

8503ak-02
写真出典:http:http://geinou-ura.com/

「新鮮な魚を美味しく食べる」ことより
「チャント煮炊きされ、焼かれているか」
の方が大事なんだナ、と思ったも多く。

確かに、食中毒をしないのは大事。

ですが、

フランス人に魚を調理させると、、
一生懸命に、身がガチガチに、硬くなる
まで、丹精に焼いてくれ。

又、此方が、

硬くならないように、火加減に注意して
2割位は火を止めてから調理する、

とかの、日本の、どっかの板前さんに聞
いたように、焼いた魚を出すと、

「大丈夫か〜?」と、

不安気な顔をして、魚をつゝき、火の
通り具合を調べてみたりして、

やっぱりもう少し焼こうと、5分ほど
強火でよ〜く焼き、

どう見ても、身が縮み、焦げる手前の、
焼き過ぎ魚を前に安心気に、美味しそ
う〜と、魚を食べ始めたりで、

私はこんな事からも、又一つ

仏国と日本の、文化的背景の違いを、
学習し、

何故なのか、、、、、、、、、、を

塾考しなければなりません。

でも、、、

yjimage-1
写真出典:http://shunkashutou.com/

そうかと思えば、フランスでは寿司が
大人気で、よく解らなくなったりします

。。。。。
。。。。。

[s_ad]

おすすめ記事:
うまし国フランス①|白いタラのブランダッド
うまし国フランス②|みんなの味方ポタージュスープ
フランス人が好きな日本食、嫌いな日本食①
おフランスのトイレ事情

人気ブログランキングに参加しています!
応援クリックお願いいたします。


人気ブログランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク