フランス国事情

フランスではストは不可抗力(涙)

フランスはスト天国

フランスでは空港、電車、交通機関はモチロン美術館や郵便局などもストで、突然お休み!!なんて

日本では考えられない事が起こります。

どうやら

法律で数日前に告知することは、義務付けられているようですが、

毎日ストの告知に、私たちは注意して生活している訳でもなく

多くの場合、当日駅に行ってみたらストだった。。。と「突然遭遇」するものです。

例えば、、パリでは

img_6605
写真出典:http://www.food-travel.jp

地下鉄の電車の中で、、、

「ピィ〜ンポン・パン・ポ〜ン♬」

「皆様 只今からストを始めますので、電車はこの駅で停止いたします。どうぞ電車をお降りになって下さいませ。メルシー」

と、、

いうようなアナウンスが流れ、突然ストが始まった何てことも、、、あるんですね。。

一般人のコチラ側にしてみれば、、甚だ迷惑な話ですが、

フランスでは組織の中、つまり会社で働いている人は殆どが「ストをしたことがアル」と、言ってもよいらしく、

「我々労働者には、働く環境を交渉をする、権利がアル」と、、

ストがとにかく多いんです

日本でも実は。。

サイケな時代の70年代中頃には、「年間5000件!!」もの多くのストライキが行われていたようですが、

現在の日本ではストは珍しい事。(喜ばしいことです)

d10003_fig01
出典:厚生労働省労働争議統計調査グラフ
http://www.nippon.com/ja/files/

ストが勃発すると、当然ですが、私達は機関利用者側としての感覚が強く、、

「スト被害に遭い迷惑したと」全員が思い、フランスでの、日常生活に支障をきたすレベルの、ストの規模と頻繁さは、理解に苦しむ
所ではありますが、

フランスに住んで思うのは、、

当然、仏国民の皆様も、不便な状況には、憤りを感じ、ご不満をお持ちのようなんんです

「サスガ」だと思うのは、それでけでなく、ストに対する理解度や、状況への対応とか、諦めの良さです。

スト参加者が多いくストへの理解があるからなのか、、心が広いからなのか、、

スポンサーリンク

仏人がある日突然のストに、遭遇したら

、その時、、彼女はある秋の終わりに、

友人のドミニックが、カナダへバカンスに行く直前に、航空会社のストが始まってしまい
「どうするのカナ??」と、私はとても心配していたんですが、

mig
写真出典:http://matome.naver.jp/odai

当人は「ストじゃ仕方ないわよ、出発当日にならないと解らないワネ、とにかく」と

サバサバした様子だったんです。

実際バカンス出発当日は、ストは終わり、ドミニックは無事カナダへのバカンスへ飛び立てたのですが、、予定が立たない中での、

彼女の「動じない」「ゆったりした」態度は立派だな〜と感心しました。

又ある時

近所の、イザベルの家に行ってみると、、

「今日は、実はパリでのセミナーを受講しに行く予定だったんだけど、、、

電車のストで「セミナー」も「パリの宿予約も」も全部パーだわ〜、しょうがないから、家でゆくりバカンスよぉ〜」という、

彼女の諦めの良さに、感心した事もあります。

私にはとても、真似できないです。

当然ですが、ストはフランス人にも不可抗力なんですね。

yjimage-25

次回はこんな「スト天国フランスで」実際ストに遭遇した時の、対処法をお伝え致します。

関連記事
フランスはスト天国②|傾向と対策 

スポンサーリンク

トップ写真出典:http://www.zenshin-s.org/

関連記事
フランスはスト天国②|傾向と対策
フランス観光 冬の陣①|フランス冬の気候と観光
フランス観光 冬の陣②「防寒?お洒落?」どうする仏観光寒さ対策
スープ・ド・ポアソン|美し国フランス ⅩⅥ

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いいたします!!

人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 標準的なフランス語って何?
  2. フランス人が英語を話さないワケ

関連記事

  1. フランス人観察記

    ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編

    はじめに全5回「ピエノワール」のシリーズは、アフリカに住んでい…

  2. フランス国事情

    おフランスの常識①|ユーロ通貨その1

    フランスではお金を払う時に、暗黙のルールがあるんですこの常識を…

  3. フランス国事情

    フランス 時差|サマータイム、夏時間てナニ?

    サマータイムとは?フランスでは、サマータイムが毎年3月の末…

  4. フランス人観察記

    ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路

    今回は相棒一家のアルジェリアでの、貧しいながらも、楽しげな、生…

  5. フランス人観察記

    標準的なフランス語って何?

    日本語にも、地方訛りがあるように同じ様にフランス語…

  6. フランス国事情

    ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生

    前回、欧州系移民といわれるピエノワールの事をお話し、させて頂き…

twitter

最近の記事

  1. 白いタラのブランダッド
  2. ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  3. フランスのお米は、意外と美味しい。
  4. フランス人も蕎麦が好き
  5. ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. フランス国事情

    フランス郵便事情の不思議 お手紙編
  2. 美味し国フランス

    タルトの王国フランス
  3. フランス旅情報

    カルカッソンヌ城絶景を眺める!地元ガイド情報
  4. 未分類

    フランス観光冬の陣①|寒いハズ!緯度が北海道と同じパリ 
  5. フランス国事情

    フランス 時差|サマータイム、夏時間てナニ?
PAGE TOP