フランス国事情

おフランスの常識①|ユーロ通貨その1

フランスではお金を払う時に、
暗黙のルールがあるんです

この常識を、無視してしまうと

フランスで、特に庶民的な所で
買い物をする時、

無駄に

長〜く待たされたり、お店の人の機嫌が
悪くなったり、面倒な事が起きるんです。

「どういう事か?」と、、、いえば

日本でも、買い物に行き、少額の買い物に
高額紙幣の一万円札を出すと

ヨロシクない空気になる事がありますが、

フランスでは、高額紙幣でなくても、
例えば、、

100円の買い物に、1000円札を出し
ても、微妙にヨロシクない空気になります

とにかく、お釣りが多いのは、いい顔をさ
れません

商売をしてるなら常識で、お釣り位、用意
して当然」と云う日本の常識、、とは違う
意識があるようです。

そんな「フランスの事情」と仏在住の私の
体験談です。

 

ところで

日本人は「現金」を多く持ち歩きく。

仏人(欧米人)は「カード、小切手」を多
用し、「現金」は理由もなく、沢山持ち歩
かない。

と、

いうのは、ヨク知られている事ですが、

これは、その国のシステムとか、治安の良
し悪しとか、色々な背景があると思います。

日本は、治安が良く、人口もお店も多く、
考えてみると、現金が流通しやすい仕組み
だと思います。

そして、、実際そうです。

なので日本から出て、海外に行くとその事
情の違いに、

「アレッ?」と思うのではないでしょうか

フランスの高額紙幣は

・500€:日本円で約6万円相当
・100€:日本円で1万円に相当

ですが、

私は、次に来る「50€」も高額紙幣だと
思います。

理由は

フランスで生活していると「50€札」が、
財布の中を出入りするお札の中で、一番高
額だからで、

実は100€札には、あまりお目にかから
ないんです。

時たま、入手しますが、日本の一万円札の
ようには、普段多く使われていません、

が、50ユーロ札は多く、出廻っていて、
実際、一番多く使う通貨の中の、

最高額の高額紙幣だからです。

スポンサーリンク

100€紙幣でチーズを買たら。。。

細かい金額で、やり取りをする市場で、
100€札を使う人を、、、私は

殆ど、見た記憶がありません。

が、、、、、一度

私の日本人の友人が遊びに来て、マーケ
ットに行き、チーズ屋さんの小さな屋台
での買い物に、友人が

10€程の買い物で、100€紙幣を差し
出すと、、

チーズ屋のおじさんも、周囲の人も

「ワァ〜大金だ!、、観光客だからナ、
しょうがないヨナァ」といった様子で
彼女の事を見て、

そして、

おじさんは、クシャクシャの細かい紙
幣を、集めてお釣りをくれたんです。

こんな風に、、、

100€札は、やや使う場所を選びます。

どうやら、100€札を使う時は

「お釣りが、沢山要らない額の買い物時」
スーパーなど「お釣りに事欠かない場所」
で、が良いようです。

500€札に至っては、、

南フランスに生活している、私の周辺では
、かなり珍しく、殆ど見かけません。

日本円に換算して6万円程の、高額紙幣は
何度か私も、手にしましたが、

使い勝手は、

「お店で全然、使えなくはナイみたい」と
妙な言い方に、なってしまいます。

その「500ユーロの微妙さ加減」を

次回「ユーロ通過の暗黙の常識②」で、
皆様に、お伝えいたします。

スポンサーリンク

関連記事
おフランスの常識①|ユーロ通貨その2
フランスのチップ事情①
フランスのチップ事情②
フランス主婦主夫事情
イギリス紳士とコウモリ探知機

このブログはランキングに、参加しています
応援クリックお願いいたします!!


人気ブログランキング

トップ写真出典:http://www.greecejapan.com/

ピックアップ記事

  1. 標準的なフランス語って何?
  2. フランス人が英語を話さないワケ

関連記事

  1. フランス人観察記

    仏国移民達と、実際交流してみた

    フランスは欧州でも、移民の数が一番多く驚くべきことに今日現…

  2. フランス人観察記

    標準的なフランス語って何?

    日本語にも、地方訛りがあるように同じ様にフランス語…

  3. フランス国事情

    フランス春の始まりは、一寸機械的!?

    フランスの春の始まりは、日本とは少しばかり違う感じです、、「一…

  4. フランス国事情

    フランスのチップ事情②|相場と渡し方

    フランス、欧米と、日本の習慣の違い日本の心づては、気持ち的な物…

  5. フランス国事情

    フランスの春は黄色の輝き

    フランスの春は黄色に光り輝く桜マジックの、桜色に尽きる、日本の…

  6. フランス国事情

    フランス 時差|サマータイム、夏時間てナニ?

    サマータイムとは?フランスでは、サマータイムが毎年3月の末…

twitter

最近の記事

  1. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  2. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  3. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  4. カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?
  5. チョコレートは仏人のお口の恋人

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. フランス国事情

    フランス春の始まりは、一寸機械的!?
  2. フランス人観察記

    仏国がマクロビオティックなワケ
  3. フランス国事情

    フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  4. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌの穴場ホテル・ポン・ビュー
  5. フランス国事情

    フランスではストは不可抗力(涙)
PAGE TOP