カルカッソンヌ旅情報

カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

カスレて、どんなお料理?

カルカッソンヌのレストランでは
メニューに必ずある名物

ど〜んとしたボリュームが凄いです
日本人の胃袋には強敵な一品

具材の、白いんげん豆、肉類、野菜
カスレ専用の陶器の鍋に入れ煮込みオ
ーブンで焼いた、素朴なものですが

歴史誕生秘話があります

このフランス南西部の郷土料理、ど
んな風に、生まれたかというと

 

昔昔の戦乱の時代

戦争で闘争に疲れた、兵士がある村で
親切な村人に、カスレを振る舞われた
のが始まりだそう。

今とは違い、食糧事情が、良くなかっ
た時代の事ですから

恐らく、村人は手持ちの、食材を全て
使い兵士を、もてなしたのでしょう。

風が強く、暑さ寒さが、厳しいこの地
での戦で、疲れ切った兵士には、この
上ないご馳走だったに違いありません

カスレの調理にはカーソールと呼ばれ
茶色い陶器の鍋を使うので、この料理
名カスレの由来になったそう


カスレの陶器鍋、サイズが揃って
可愛い

作り方の基本は、肉類から旨味が出
たスブイヨンで、白いんげん豆他の具
材に、味を染み込ませ、オーブンで仕
上げるというものですが

地域によって、違う具材で特色
有るんですね。

■カルカッソンヌ風カスレ
ヤマウズラ入り

■トゥルーズ風カスレ
グルグルと巻きソーセージ入り

■カスタノダリー風カスレ
豚肉

こんな風に、豚、ソーセージ、カモや
ヤギなど色々な具材に、ブイヨンにも
トマト入り、無しなど色々ですが、

どれも、ボリューム満点で、兵士が
ッツリ
と、このカスレを食べ体力を回
復させた。そんな、料理だったのが伺
えますね。

お家で作れる、
簡単カスレ風煮込み

本場のカスレ作りは、オーブンやカス
レ鍋が必要で、肉の塊などを使うので
大変ですが。

此方のレシピでは

お手軽に、白いんげん豆と、手に入り
易いお肉、トマトソースがあればシチ
ューの要領で作れます。

元々は南仏の田舎料理。作り方は、そ
う難しい物でなく、仏国内でも地域に
より色々なカスレがあるように、アレ
ンジが効くレシピなんです。


お手軽カスレの作り方
材料:2人分

肉類:

ひき肉、ベーコン、ソーセージ、その
他、鳥肉など1、2種類、ベーコン手
羽など骨つきの鶏肉は、良く味が出る
(手に入りやすいものを)

調理済み白いんげん豆:
2〜3カップ(乾燥白いんげん豆を
水で戻して調理した物か缶詰)

野菜:
人参:中位半分
ジャガイモ:1個
ニンニク1、2片
玉ねぎ中1個
完熟トマト:中3個又はトマト缶

調味料:
コンソメ:1キューブ
ローリエ:1、2枚
白ワイン:大さじ1〜2杯、臭みの強
い肉は多め塩、コショウ、乾燥ハーブ
などお好みで

パン粉:
オーブンで焦げ目をつける場合オーブ
ン調理なしの場合なくても良い

作り方:

⑴玉ねぎ、ニンニクはみじん切り、人
参ジャガイモなど他の野菜は、使う肉
に合わせて切る(例:ひき肉1cm角
鶏モモ一口大)

⑵玉ねぎニンニクを、弱火でよく炒め
塩こしょうをし、野菜と肉を加え白ワ
インを振り掛ける、コンソメハーブを
入れる、

別に煮あげた(又は缶水煮)白いんげ
ん豆を入れ、味がしみるように煮崩れ
しないように調理、40分〜1時間煮
込む。

⑶耐熱皿に入れパン粉を振り天日で焦
げ目をつければより本格的。

パン、又はバターライスなどとも相性
の良い一品です

さてこちらでは、お手軽にカスレを
味わって頂こうと簡単レシピをご紹
介しましたが、

一日の戦いで疲れた後、召し上がっ
てみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

レストランでカスレを味わう

日本に住んでいても、カスレに遭遇す
るかも知れませんよ

普通、日本では馴染みがない物でしょ
うが、、

私は

ある時、東京の、ホテルのカフェレス
トランのランチメニューにカスレが有
り、見つけた時、ちょっとビックリし
ました

メニュに登場していた理由は、のシェ
フがフランス人だったからです

それから、、

東京の、カスレ発祥の地出身の仏人
オーナーシェフの星付きレストラン
が日本では有名です。

日本の名店カスレレストラン

レストラン バッション

ミッシェランの星を掴んだ、フランス
人オーナー創業

奇妙なことに、

私がこのレストランのコトを聞いたの
は、眼鏡を作ろうと南仏の街のある眼
鏡屋さんに入った時の事でした。

世間話を、お店のご主人と始め、日
本人だと私がいうと彼は、PCで何か
検索して「コレ知ってる?」と

東京代官山のこのレストランのサイト
を見せてくれました。

、、、眼鏡屋さん曰く

「このフランス人シェフは、君の住ん
でる近所出身で、日本人の奥さんがい
て」と、、

思わぬ所で、紹介されたんです。

という事で、、

「ご縁だわ」と思いましたので、ご紹
介させていただきますね。

こちら創業者のパッション氏は、カス
レの本拠地ラングドックルシオンのご
出身です。

レストランバッション
ミシュラン7年連続掲載
の名店

電話:
03-3476-5025
住所:
東京都渋谷区猿楽町29-18
ヒルサイドテラスB棟1号
HP:
http://www.pachon.co.jp

 

カルカッソンヌのお勧め
カスレレストラン

当サイトをご覧頂いている方の中には

「丁度、カルカッソンヌに行くので
良い、レストランを探している」と
いう方がいらっしゃると思います

そんな、貴方のためへ

カルカッソンヌのカスレが美味しい
レストランガイドです。

仏国のレストランで出てくるカスレは
ボリューム満点の大皿が「ドーン」
す。

それを売りにしている様ですが、、

大抵日本人には量が多すぎ、食べ飽
きると言うのが、正直な所です。

なのでレストランのオススメのポイン
トは、

お味はもちろん雰囲気、コスパ+α
で、プラスαは、味や量が日本人向け
かどうか、と特色で、例えば暖炉で
カスレを調理している、などです。

カルカッソンヌのレストラン
Le cathare

①素敵レストランで食べるカスレ

レストラン:
Restaurant La Marquiere
電話:
+33 4 68 71 52 00
住所:
13 Rue Saint Jean, 11000,
Carcassonne, France

◉シテ内の、こぢんまりとした佇まい
の素敵な雰囲気のレストラン、ミッシ
ェランの星を獲得しています。
オススメ度★★★★⭐︎4.5

レストラン:
Comte Roger
電話:
+33 4 68 11 93 40
住所:
14 rue Saint Louis, 11000
Carcassonne, France

◉シテ内で、観光客の込んだ時期でも
ゆっくり食事ができそうな素敵なテラ
スがある高級路線のレストラン
オススメ度★★★★4

②観光の合間にサッと食事がしたい
そんな時オススメのコスパ、味、雰
囲気の良しのレストラン。

レストラン:
Le Flagrant des Lices
電話:
+33 4 68 71 45 33
住所:
3 Place Marcou | Cité Médiévale
11000, Carcassonne, France
(近道はシテの入り口付近で左に折れ
るPlace Marcouと尋ねると良い)

◉外見より中に入ると落ち着け良心的
オススメ度★★★★⭐︎4.2

③地元で人気の隠れ家的レストラン

レストラン:
Le cathare
電話:
+33 4 68 77 92 65
住所:
1 ruelle des Tanneurs
11000, Carcassonne, France
市街地プラスカルノー裏(郵便局か
ら200mくらい)

◉暖炉で食材を炙り焼きしてくれる本
格派カスレ、ちょっと庶民的ですが対
応も親切でリースナブル。

オススメ度★★★★4.5

スポンサーリンク

関連記事:
白いタラのブランダッド
ポタージュスープはフランス人の長生きの秘密
カルカッソンヌ観光③|1泊で観光を満喫する為のホテル特集

このブログは、ランキングに
参加しています。クリック応援
お願いします!!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. フランス人が英語を話さないワケ
  2. 標準的なフランス語って何?

関連記事

  1. 美味し国フランス

    アスパラガスの秘密

    「アスパラガスを、食べました」とフランス人が、いう時「もう春で…

  2. 美味し国フランス

    仏国の愛しいキャベツ

    フランスでは、キャベツは見かけない確かに、フランスの八百屋さんでは…

  3. 美味し国フランス

    フランス人も病みつき旨旨ポテト

    美味しい、じゃがいも料理があれば、みんな幸せで、世界は平和になるか…

  4. 美味し国フランス

    ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ

    美味しい、楽しみ年末から新年にかけ、、、、、フランスでは、街角…

  5. 美味し国フランス

    リンゴの世界&世界のリンゴ

    タダで30キロのりんごを頂きました!籠イッパイ!!家の…

  6. カルカッソンヌ旅情報

    歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た

    カルカッソンヌ城壁内の歴史と建物を、サラッと見学するツアー「カルカ…

twitter

最近の記事

  1. おフランスのトイレ事情 
  2. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  3. フランスの春は黄色の輝き
  4. 仏国のバレンタインデー
  5. 仏国がマクロビオティックなワケ

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. 美味し国フランス

    フランス人も蕎麦が好き
  2. フランス国事情

    おフランスの常識①|ユーロ通貨その1
  3. カルカッソンヌ旅情報

    南仏ガイド③|トゥルーズ 薔薇色の街て本当にバラ色?
  4. フランス国事情

    フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  5. 未分類

    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語①
PAGE TOP