美味し国フランス

スープ・ド・ポアソン|お魚のスープ

スープ・ドゥ・ポワソン

フランスで、人気のお魚の料理の一つに

スープ・ド・ポワソンがあります

ビストロの定番メニューで、前菜としてメニューに、良くある南仏名物のスープ。

フランス語、スープ・ド・ポアソンの意味ですが、単語を直訳すると

・スープ(Soupe):スープ
・ド(de ):の
・ポアソン(Poisson):魚

「さかな・の・すーぷ」に、なります。

果たして、、、コチラ、どんなもの?かと云うと、、

材料の、色々な種類の、小さなお魚、香味野菜を、コックリ煮込み、ジューサーで全てを砕き、それを、こして作るものです。

なので、濃厚な魚介の美味しさが、味わえるます。

スポンサーリンク

本場仏国のスープ・ド・ポワソンはガッリ料理

ポタージュなので、「具ナシのシンプルスープ」です。

が、、

フランスのレストランで、注文すると

大量のクルトン

大量のトロけるチーズ

にんにく風味のマヨネーズが、ドッサリ

スープに、添えて出されるのが、フランス式。

良いレストランだと、、多少上品に出てきますが、

このスープ・ド・ポワソンを南仏下町辺りの、ビストロで注文すると

クルトンをたっぷりスープに投入!(カリッとさせた、バゲットの破片)

 

マヨネーズ(にんにく風味)をゴッソリ、クルトンの上にかけます。

チーズ(トロける系)を、スープの表面が見えなくなるくらい、山盛り。

この三つの物をスープに、豪快に投入して食べる、庶民の匂いのする食べ物です。
ヤケか?と云うくらい、フランス人が、この薬味を沢山入れ、食べる姿をよく見かけます。

でも

繊細な日本人にとっては、重たい料理が多いフランスのビストロなどでは、自分でボリュームを

調節して食べらるのが、、、

ヨロシイのでは、ないのではないかと思います?

スープの味の秘密の魚?

スープ・ド・ポワソンの、材料は?

さて、、、、

このフランスの魚スープ、スープ・ド・ポアソンは何からできているかというと、、、

フランスの魚屋さんには、スープ・ド・ポアソン用の、色々な種類の、小さな魚を集めた箱があるのですが。

これが、この魚スープの材料になるワケなんです。

■スープ・ド・ポアソンの材料のお魚達一覧

・カサゴ
・カワハギ
・コチ
・レンコダイ
・イサキ
・シロキス

イサキ、カサゴなど、日本でもお馴染みのお魚や、フランス近海物のお魚が、混ざっています。

こちらに好みで、他の魚を混ぜたりする様ですが、、、

私が魚スープの、レシピを試した所、、、一つ、味を大きく左右する魚がありました。

それは

パエリアなどにも使われるルジェ

金目ダイを、小型にした様な魚Rougerルジェ という 魚

日本では、ヒメジという名前だそうです。(日本では見た事ないです)

見た目、体長20cmほどの、淡い赤色に立派な口髭があります。

キンメダイを、もう少し、味わい深く、身を丈夫にした、食感のお魚です。普通に焼いても美味しいく、パエリアなんかに入れてもイケます。

自宅で、幾つかの、スープ・ド・ポアソンのレシピを試した所、この、ルジェRoujerという魚を、入れるのと、入れないのとでは、味に差があり。

入れないと、、

私には何か、もの足りない、お味に感じました。

やっぱり豪快に食べるのが美味しいです

スープ・ド・ポワソンを美味しく味わうには、、

私が思うに、やはり庶民の味なので、フランスの地元のレストランで、豪快にガッツリ食べるか、

あるいは、、

家で、新鮮な魚から作った、自家製のスープ・ド・ポアソンがイイと思います。
新鮮な小型のエビを丸ごと、入れようものなら、、ビスク風味で、相当なお美味しさになります!!

私の住む、フランス地方都市の行きつけの、お店のスープ・ド・ポワソンは、、、

ナント!

お代わり4杯分が、初めからサーブされます!!

冬の、市場の買い出し後の昼食など、肌寒く、お腹が空いた時には、

たまらない、ご馳走になります。

スポンサーリンク

おすすめ記事
仏国主婦主夫事情
白いタラのブランダッド
フランス人の長生きの秘密は?
フランス人が好きな日本食嫌いな日本食①

ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると
嬉しいです!!

人気ブログランキング

トップ写真出典:https://pixabay.com/

ピックアップ記事

  1. フランス人が英語を話さないワケ
  2. 標準的なフランス語って何?

関連記事

  1. 美味し国フランス

    仏国の聖なる味のバター

    フランス国民の、美味しいバターに対する情熱は熱く、…

  2. 美味し国フランス

    アスパラガスの秘密

    「アスパラガスを、食べました」とフランス人が、いう時「もう春で…

  3. 美味し国フランス

    フランスのお米は、意外と美味しい。

    フランスのお米料理は結構多彩日本人のお米の好みとは、微妙に、違…

  4. 美味し国フランス

    ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ

    美味しい、楽しみ年末から新年にかけ、、、、、フランスでは、街角…

  5. 美味し国フランス

    白いタラのブランダッド

    近頃、フランスの塩漬けの干し鱈が食べられるようになった私は自分…

  6. 美味し国フランス

    チョコレートは仏人のお口の恋人

    チョコレートは恋人フランス人にとって、チョコレートは、欠かすこ…

twitter

最近の記事

  1. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状
  2. コンタル城を100%楽しむための観光ガイド
  3. フランスのシングルマザー達
  4. タルトの王国フランス
  5. ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. フランス国事情

    フランス 時差|サマータイム、夏時間てナニ?
  2. カルカッソンヌ旅情報

    歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た
  3. 南フランスの毎日

    フィッッシング詐欺の戦慄|釣られた私
  4. 美味し国フランス

    リンゴの世界&世界のリンゴ
  5. フランス人観察記

    ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達
PAGE TOP