スポンサー·ド·リンク

フランス語訛り

日本語にも、地方訛りがあるように、フランス語にも、地方訛りがあります。

それを、フランスでは「アクセント」というのですが、話すフランス語に訛りがあると「彼に何処の地方の、のアクセントがある」と言います。

さて

東京下町ではベランメエ(古ッ)など独特の言いまわしがある「江戸子」は「江戸弁」を話し、、

テレビのアナウンサーなどが、話す標準語とは、違うわけですが、日本では、東京言葉が標準語とされています。

フランスでも、パリっ子が話す仏語には、パリジャンアクセントと呼ばれる訛りがあります。

中には、このパリジャンアクセントがとても強い人も中には居て、そうなると標準的なフランス語だといえないようです。

トップ写真:https://pixabay.com/

スポンサーリンク

日本にも、フランスにも地方訛りがる

フランスでは話す言葉に、訛りが、あると「彼には、何処何処のアクセントがある」と、、いいます。

訛りを、フランスでは「アクセント」というんです。

さて

日本では、東京言葉が標準語とされていますが、東京下町ではベランメエ(古ッ)など独特の言いまわしがある「江戸子」は「江戸弁」を話し、、

テレビのアナウンサーなどが、話す標準語とは、違うわけですが、

フランスでも、パリっ子が話す仏語には、パリジャンアクセントと呼ばれる訛りがあるんです。

中には、このパリジャンアクセントがとても強い人が居て、クセがあるフランス語な事もあり、そうなると標準的なフランス語とは、いえないそうです

スポンサーリンク

フランス語訛りが無い、標準語とは

写真出典:https://unsplash.com/

フランス語の、アクセントとは?

抑揚、イントネーションの事で、語
 尾の、上がり下がり。

発音に、特にアイウエオの母音に
 セがない。

こんな所だと思います。

例えば

日本で、アクセントに特徴があるのは関西弁ですが、抑揚が独特で、

東京と関西では「はし」と言ってもの、イントネーションで

標準語からすると、関西弁のアクセントは独特、という事になる訳です。

こんな風に、話し言葉にはフランス語でも国、地域によって何かしら違いがあるり、場所、人によって違いがあります。

そして、

アクセントが無い、と云う事をまとめると

自然な抑揚で、イントネーションの
上がり下がりが心地よく、変ではない。

フランス語発音、特に母音の発音と強弱が奇妙ではなく自然な事。

アクセントが有るという事

抑揚にクセがある、イントネーションの、上がり下がりが派手、時に耳障り。

■フランス語の基本の音(特に母音)の発音が、中途半端、逆に大げさ母音の発音が、標準語と大きく違う。

どうでしょう、なんとなく、お分かり頂けけるでしょうか?英語と同じ様に、多彩なフランス語が話されている世界の各地で、色々なアクセントのフランス語が、話されています。

よくフランス人は、

「彼には南仏のアクセントがある」などと、、、、

話し言葉に、どんなアクセントが、あるかを話題にします。

そして、、褒め言葉

「あなたのフランス語にはアクセントがないですね」といいます。

文法的な事を正しく話すのも、大切なのですが、アクセントが無い仏語を、話すのも>仏人的には、かなり大事です。

標準的フランス語を話す地域

写真出典:https://pixabay.com/

標準的なフランス語は、どこで話されているか?

よく知られているのは、、パリの北部のノルマンディ地方や、お城が有名な、ロワール地方。

実際、この地域のフランス人数人と、お話してみましたが、皆さん、確かに癖がなく、聞き取りやすいフランス語でした。

逆に

フランスでアクセントが強くて有名なのはマルセイユを、はじめとする南仏の地域で(他にももちろんあります)

「彼女は歌う様に話す」歌うようにと、南仏アクセントがある時云う様で

南部訛りで、特徴なのは語尾が上がる所です(標準では、語尾は下がります。私の仏人相棒が南仏出身なので個人的によく研究しました)

他に人気のあるアクセントとして、トゥルーズ訛りは、仏国では人気の「粋なアクセント」です。

外国人が、標準的なフランス語を話すには

写真出典:https://unsplash.com/

私達フランス語を勉強している、外国人にとって、気になるのは、どうすれば、アクセントのない「標準的なフランス語を話せるか」です

英語のように様々な、国で話さるフランス語です。

外国人がフランス語を話す時、多少、アクセント訛りがあっても、フランス人は、寛容に捉えてくれます。

ただ、、、、、、問題なのは「奇妙」で、強くキツイ、耳障りな」口調が、彼ら的にヨロシクないようで訛りと云うか、不快な音が、ダメらしいです。

「アクセントのない、美しいフランス語を話しますね」と、褒められるようなフランス語が話せれば、何よりですが。

外国人がフランス語を話す時気をつける事

■自分なりの発音でも相手に解りやす くクリアーに発音する事。

語尾の上がり下がりイントネーショ ン母音の発音を特に注意して。

自然な話し方をする。

フランスで人気の歌手で女優の故セルジュ・ゲンスブールグと結婚していた、英国人のジエーンバーキンのフランス語は自分なりの、美しい発音を大事にしていると、ある仏人が言っていました。

確かに、外国人が話す、個性的なフランス語の一例です。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク