スポンサー·ド·リンク

移民国家フランス

フランスは欧州でも、移民の数が一番多い国です。

驚くべきことに

今日現在、フランスの人口の10分の1が、移民です。

日本ではあまり馴染みがない移民ですが、、

「移民」とはフランスではドンナ人達の事?なのかというと。。

「フランス国外で生まれ、生まれた時に仏国籍を持っていなかった人々」です。

私の持っていたイメージは

貧しい国、政治的な問題で時刻に住めない人たちが、別の国に援助を求めて移り住むこと。

でした。。

先進国といわれる、日本で生まれ育ち、仏人相棒と普通に正式の手続きを踏んで、結婚したこの私は関係ないとおもっていたのですが、、

この私も「移民」になるワケです。

フランスに移り住んできた外国人は、協定がある欧米の国以外の外国から来た場合、、
日本人も、イスラム圏の国も、南米、アフリカ圏の人たちと同じ移民の立場になるんです!

当初私はこの事に、ピントきませんでした。

が、、、、

フランスで長期ビザを取得したり、諸々の手続きをするにあたり「アレ」なんか私「移民」なのと「?」実感が湧いてきました。

そして、改めて

なんだぁ〜、この括りだと、私も移民になるのかと、気がついた時

それは、驚きでした。。

refugees-1156245__340写真:https://pixabay.com/

スポンサーリンク

フランスの移民達のコト

移民が、かなり多くなったフランスでは、社会問題化していると言われていますが

犯罪に繋がったりして、大きな問題になるのは、

フランスに移り住んできても、社会に適応できない移民達が、コミュニティを作り、その街の地域の一角がスラム化して危険な区域になってしまし、犯罪の巣窟になってしまうこと。

そして、大問題なのは、移民の2世達がテロリスト化してしまうことでしょう。

この問題に解決策はあるのかと、誰もが思っている今の状況です。

それらは簡単な問題ではありません。

 

移民というと、、事件報道を聞いている限りあまり良い、イメージは持てないと、移民としてフランスに滞在している私も思います。

スポンサーリンク

色々な国の移民

一口に移民といっても、フランスには、本当に色々な人達がいるんです。

少し前、私は移民達と一緒に、政府のフランス語の教室で、彼らと机を並べました。

それは、

私のように、仏人と結婚した外国人は、フランス語が話せない場合、長期滞在ビザを取るためには
仏政府主催の、フランス語の授業に参加することが義務付けられているんです。

ビザを取るための義務でフランス語の学校に強制的に行かされる。訳です。。

そのフランス語の学校で私は、色々な国の移民達と、数ヶ月間一緒でした。

そして、色々な国から、フランスに移民としてやって来た人々を過ごすうちに、自分の持っていた、彼ら(政情の不安定な国や途上国といわれる国から来た人々)へのイメージが、、、

なんだか、メディアらか受けた印象とは結構違っていると思いました。

その教室の移民たちは半数以上、生徒が政治経済難民でした。

移民のクラスメイト達

印象に残っているクラスメイト達人は

チェチェン共和国の美人姉妹の一家

チェチェン共和国から、亡命してきた家族、お父さん、お母さん、子供二人の4人がいました。

お母さんの、家族への真心が周りにも伝わってくるような雰囲気で、2人の娘さん達が超可愛いらしく、心静かな人達でした。

命に関わるような大変な経験をしてきたようでしたが、とても慎ましく、暮らしていました。

オシャレなモロッコ移民

教室で一番オシャレだったのは、はモロッコから、やってきた男性の仕立て屋で、センスの良さはピカ一でした。

話を聞くと、モロッコでは、縫製工場で朝七時から十二時間労働をしていて、それは過酷な労働条件だったそうです。ある日買った宝くじが多たりで、それで一家の旅費をまかない、フランスに仕事を求めてきたそうです。

refugee-1244692__340写真:https://pixabay.com/

芸人のようなロシア人2組

ロシアから来た、2人組の兄ちゃん達は愉快な人たちでした。

彼らがいると、場が楽しい空気に包まれたものでしたが、、世渡り上手というか、要領がよくて、毎回授業には30分遅く来て、30分早
く引き上げて行き、私はチョット呆れてしまいました。

裕福な家庭のイラン人夫婦

イランから来た一家は、やはり政治難民で40歳くらいのご夫婦でした。お国では結構いい暮らしをされていたようでした、、何時も教室のみんなに気を配り、差し入れを持って来たりして、下さいました。

他にも、色々な国移民

トルコ、アルメニア、カメルーンの国の人達と一緒でした。

彼らは人に何か、してあげる事が好きで、私がそれまで、持っていた、イメージとは全然違いました。

例えば

フランス人の教室の先生と、休憩時間コーヒーを飲みに行くと、、、

女性だというコトで、絶対に彼らが代金を持ち回りで払ってくれ、私が自分の代金を払おうとすると、

「イヤ君はいいからと、、」言って。いつも、飲み物をご馳走してくれたものでした。

クリスマスの会では、

家で作った美味しご馳走を、持ってきてくれ、、素敵な良いものを交換プレゼントにも持ってきてくれました。

数ヶ月、彼らと一緒に過ごして思ったのは、、、

美味しい物、美しい物、心地良い物事が好きで、豊かさと云う物を、ある意味、私たちよりも知っているのかも知れないと、、思えました。

彼らはそれぞれの国で、快適な暮らしをして来た人達なんだなと、、

そして、例え自分の国を離れても、快適な暮らしを続けていく、才能が有るところが素晴らしいなと思いました。

しかし、こうして一緒に過ごす機会がなければ、知らなかったことでした。

彼らが、

うまく、フランスでそれぞれの、居場所を見つけてくれる事を、

心から祈るばかりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング応援クリックお願い致します!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサー·ド·リンク