フランス人観察記

仏国移民達と、実際交流してみた

フランスは欧州でも、移民の数が一番多く

驚くべきことに

今日現在、フランスの人口の10分の1が、
移民だといれています。

「移民」とはフランスではドンナ人達の事?
なのかというと。。

「フランス国外で生まれ、生まれた時に仏国
籍を持っていなかった人」だそうです。

と、、いう事で

一応先進国の、日本で生まれ育ち、仏人相棒
と普通に正式の手続きを踏んで、結婚したこ
の私も「移民」になるワケです。

私の頭の中では、移民とは政治宗教、経済の
問題で時刻を離れ、別の国に援助を求めて、
移り住んできた人達でした。

確かに、フランスで長期ビザを取得したり、
諸々の手続きをするにあたり「アレ」なんか
私「移民」なのと「?」な処があったのです
が、

改めて

なんだぁ〜、この括りだと、私も移民になる
のかと、気がついた時は、少なからず驚いた
のでした。

refugees-1156245__340
写真:https://pixabay.com/

サテ、移民達のコトですが

移民が本当に、多くなったフランスでは、
人種のルツボ化が起き、格差社会が広がり、
社会問題化していると言われていますが

大問題なのは、

フランス社会に適応できない、移民達がコ
ミュニティを作り、その街の地域の一角が
スラム化し、

危険な区域となり、犯罪の巣窟になってし
まったり、

移民の2世達がテロ化して、事件を起こし

誰もが、

この問題に解決策はあるのかと、思ってい
ような状況かも知れません。

確かに、それらは事実です。簡単な問題で
はありませんし

事件などの、報道を聞いている限りあまり
良い、イメージは持てないのですが、

移民といっても、

フランスには、本当に色々な人達がいるん
です。

少し前、移民達と一緒に、政府のフランス
語の教室で、彼らと机を並べたコトが、、
私はあります。

何故かと云うと、、、

私は、仏人の彼と結婚した時

仏政府主催の、外国人がフランスに定住
する際滞在許可証(長期滞在ビザ)を取
得するためのプログラムに参加して、
(ビザを取るための義務です)

フランス語の教室などで、結構な数の別
の国からやって来た多彩な移民達と、数
ヶ月に渡って一緒に過ごしてきました。

そこで、

色々な国から、フランスに移民としてや
って来た人々を過ごすうちに、自分の持
っていた、彼ら(政情の不安定な国や途
上国といわれる国から来た人々)へのイ
メージが、、、

なんだか、メディアらか受けた印象とは
結構違っていると思いました。

私が、

彼らと共に学んだフランス語の教室は、
私たち外国人が、無料で学べるように
政府が運営している物で、

移民が、フランスの社会に適応するため
の、訓練の一環のようなものでした

で、

私を除き殆どの、生徒が政治経済難民の
ようでした。

クラスメイトには

印象に残っている人達には

チェチェン共和国から、亡命してきた一
家の4人。

お父さん、お母さん、子供二人の家族が
いましたが、

とても慎ましく、暮らしているようでし
た。

命に関わるような大変な経験をしてきた
ようでしたが、

お母さんの、家族への真心が周りにも伝
わってくるようでした、

彼らはいつも、幸せそうで、2人の娘さ
ん達が超可愛いかったです。

モロッコから、やってきた教室で一番オ
シャレだった男性は、はテーラーで、セ
ンスの良さはピカ一でした。

なんでも

モロッコでは、縫製工場で朝七時から十
二時間労働をしていたそうで、買った宝
くじに当選し、それで旅費を賄え、フラ
ンスに仕事を求めてきたそうでした。

refugee-1244692__340
写真:https://pixabay.com/

それから、

ロシアから来た、2人組の兄ちゃん達は
愉快な人たちで、

彼らがいると、場が楽しい空気に包まれ
たものでしたが、、

世渡り上手というか、要領が大変ヨク

毎回授業には30分遅く来て、30分早
く引き上げて行き、私はチョット呆れて
しまいました。

その他に、、

イランから来た一家は、やはり政治難民
で40歳くらいのご夫婦でした。

お国では結構いい暮らしをされていたよ
うでした、、

何時も教室のみんなに気を配り、差し入
れを持って来たりして、下さいました。

スポンサーリンク

他にも、

もっと、色々な国の人たちと一緒で

トルコ、アルメニア、カメルーンなどの、
人たちと一緒でしたが、、

彼らは人、に何かする事が好きなようで

私が持っていた、イメージのようなもの
とは全然違いう人達で

例えば

フランス人の教室の先生と、休憩時間コ
ーヒーを飲みに行くと、、、

女性だというコトで、絶対に彼らが代金
を持ち回りで払ってくれ、私が自分の代
金を払おうとすると、

イヤ君はいいからと、、言って。

いつも、飲み物を奢ってくれたり。

クリスマスの会では、

家で作った美味しいものを、持ってきて
くれ、交換プレゼントにも、素敵な良い
ものを持ってきてくれました。

数ヶ月に渡り、彼らと一緒に過ごしてみ

思ったのは、、、

彼らはそれぞれの国で、快適な暮らしを
して来た人達で、

美味しい物、美しい物、心地良い物事が
好きで、豊かさと云う物を、ある意味、
私たちよりも

知っているのかも知れないと、、
私には、思えました。

そして素晴らしいのは、例え自分の国を
離れても、

自分達の快適な暮らしを続けていく、能
力が有る人達だということです。

私、は何故か、あまりイイと言えない、
彼らへのイメージがを持っていましたが

「全く違っていたな」と思いました。

彼らが、

うまく、フランスでそれぞれの、居場所
を見つけてくれる事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

おすすめ記事
おフランスのトイレ事情
フランスのシングルマザー達
フランス人が英語を話さないワケ
ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生

ブロウランキングに参加しています。
応援クリックお願い致しま〜す。

人気ブログランキングへ

ピックアップ記事

  1. ミディ運河 カルカッソンヌ今昔物語
  2. 歴史的要塞都市カルカッソンヌ|現地ツアー75分に参加して見た
  3. カルカッソンヌの五ッ星ホテル・ド・ラ・シテに!潜入ルポ!?
  4. カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  5. カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース

関連記事

  1. フランス人観察記

    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?

    色々な国の人が、フランスに暮らしているから、フランスは美しいと…

  2. フランス国事情

    フランスはスト天国②|傾向と対策 

    花の都 スト天国フランス、、、社会生活に深刻な影響が出るストが、あ…

  3. フランス国事情

    おフランスのトイレ事情 

    世界ランキング第一位仮に世界トイレコンテストが開催され他国と、勝負…

  4. フランス人観察記

    ノマドの多様化|仮想ノマド等の出現

    ノマドって、、何?ノマドワーカーという言葉を聞くようになって久…

  5. フランス人観察記

    ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編

    はじめに全5回「ピエノワール」のシリーズは、アフリカに住んでい…

  6. フランス国事情

    フランスのチップ事情①|どんな時必要か?

    「チップとは何でしょう?」</h5サービスを受けた時、感謝の…

twitter

最近の記事

  1. カルカソンヌでミッシェラン星付レストランより人気の?クレープ…
  2. 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合…
  3. 南仏小さな村の晩秋の散歩道
  4. カルカソンヌ城のお土産・世界遺産の名物は?
  5. フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  6. 世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
  7. ヨーロッッパの冬時間|時差だけでは読めない事

フランス人関係性特集

フランス人相棒のママンの記事

  1. ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  2. ピエ・ノワール②|100年前の仏人女性の一生
  3. ピエ・ノワール③|仏人相棒一家の旅路
  4. ピエ・ノワール④|仏人相棒一家の旅路 続編
  5. ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの天才達

人気記事

ブログランキング

  1. 美味し国フランス

    白いタラのブランダッド|グルメな魚の化石?!
  2. 美味し国フランス

    おフランスの魚達
  3. 未分類

    モンサンミッシェルと藤田夫妻|小さな奇跡の物語②
  4. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  5. フランス国事情

    おフランスの常識①|ユーロ通貨その2 
PAGE TOP