• フランス国事情
    日仏お正月くらべ
  • 美味し国フランス
    フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食①
  • 美味し国フランス
    おフランスの魚達
  • 美味し国フランス
    リンゴの世界&世界のリンゴ
  • 美味し国フランス
    フランスはパン王国
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール⑤|ピエノワールの日本の有名人と天才達
  • 美味し国フランス
    ひよこ豆、フランス庶民の美味しい味方
  • フランス国事情
    フランスのチップ事情①|どんな時必要か?
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌ世界遺産のお城へ|駅からのアクセス3つの方法
  • 仏旅の基本情報
    フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
  • フランス人観察記
    ピエ・ノワール①|欧州系移民とは?
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌのホテル|地元ガイドおすすめの4ッ星
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
  • フランス人観察記
    仏国温泉事情♨︎|仏人はお熱いのが苦手
  • カルカッソンヌ旅情報
    カルカッソンヌ城展望|河沿い散歩コース
  • フランス人観察記
    フランスの子育て支援は意識が高い|仏国のシングルマザー達
  • 南フランスの毎日
    南フランス田舎 春の桜の散歩道|南仏写真館
  • フランス人観察記
    フランス人バカンスの地味さと、日本人の結構豪華な花火休暇
  • 美味し国フランス
    フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  • フランス人観察記
    フランス人のバレンタインデーの過ごし方
ブランダッド塩鱈・フランスグルメな化石は美味しい
スポンサーリンク

塩漬け鱈

第一印象は悪かったです。

フランスに来て、人知れず頭のなかで思っていたのは、魚の化石のような、塩の結晶まみれの魚を、なんで又?

ワザワザ、食べるんだ、、、ということでした。

所変われば品変わる、趣味趣向は変わるものですが。。

「イキのいい魚」が豊富な日本で育ち「刺身」「塩焼き」のシンプルな調理法で、美味しくお魚が、食べられる、環境で成長した、日本人の私から見たら、、

そんな風に思うのも無理がない、と思います。

そして私は、完全に、食べ物としては「圏外」に、この塩漬けの干しタラの事は、していました。

得体が知れない塩漬け魚、だと云うだけでなく、、、

コノ塩干しダラ、調理の下ごしらえに、2日間水に浸け、数度水を取り替えるという、手間のかかるものだと聞いて、更に、、

「絶対ワタシには、関係ない物」だと、思っていたんです。

が、ふとしたキッカケでこの、「塩漬け干し鱈」が食べられるようになった私は、「フランス生活に適応」しのだと、、、

まで思っています。

この境地に至るまで、フランスに住んで、数年の月日が流れていてました。

美味しい!じゃないですかぁ

この「塩漬け干しダラ」が入った「ブランダッド」と云うジャガイモのピューレを食べて見ると、、、、、

「美味しかったんです!」

「カリッとしたバゲット」に添えて食べました。

それ以来、

私の「塩漬け干しダラ」に対する、偏見は無くなり

この国に、根ざした食文化なんだから、キット、深〜いワケがあるに違い。

そう思い、むげに拒絶するものではナイ、、、、と、スッカリ考えを改めました。

そして、、やはり、その土地の食べ物は、長い時間の中で育まれ、理由があって今日、コン日存在するんだと。。。云うことを発見しました。

スポンサーリンク

塩づけタラの歴史

実際、塩漬け干しダラの歴史は古く、、

ヨーロッパでは、中世の頃にはすでに民間に普及していたそう。

塩鱈は、美味で保存の効く食材として重宝され、農作物の不作の年には、飢饉を救っていたという「えらいモノ」だったんです。

img_0461屋台のおじいさんが、イイ味出してます

現在は、魚屋さんや乾物屋さん等で、よく見かけます。

塩がビッシリ付いている、塩漬けですから、冷蔵庫で2ヶ月ほど保存できるそうです。

手間な下ごしらえの、塩抜きは、、、

最低1日、普通で2日は、水に浸し、そして、数度水を取り替え変えなくてはならないそうです。

が、

後は「煮るなと、焼くなと」好きに調理できる食材です。

なので、冬が寒く長〜い所では、、重宝される物なんですね。

ブランダッドの作り方

この塩漬けのタラを使った、レシピが、塩鱈入りポテトピューレです。

フランスでは、「塩鱈のブランダット」と呼ばれています。
(La brandade de morue)
注:干した塩鱈 morue、
ブランダド(白いという意)brandade

こちらでは、大変ポピュラーで、パンのお供に食べます。

どんなものかと云うと、、
日本の食べ物で云えば、、タラモサラダが分かり易い例えでしょうか。

ジャガイモを「柔らかくマッシュ」したポテトのピューレに、塩鱈、ニンニク、ハーブ、などを混ぜ、少し癖のある塩鱈の風味が、イイ塩梅で風味を出していて、カリッとしたバゲットと相性抜群です。

こちら、フランスで「人気のお惣菜」です。

魚屋さんや、デリカッセンでよく売られて居るのを見かけます。

工場で作られた、出来合いが多いのですが、やはり、ホームメードが美味しいのです。

この塩鱈のブランダッドを、お試しになる時は、手作りの物を売っている、お店で買うのが勧めです。

それか、少し高級なデリカ屋さんのも味が良いです。

日本では、、塩の効いた鱈と、ジャガイモ、ニンニクがあればもちろん、家庭でも作れます。日本でも塩鱈で代用できると思います。

元々南仏の田舎料理ですから、作り方はそう難しくありません。

■ブランダッドの作り方

ポイント:田舎料理なので、塩鱈の分量割合等は、適当です。

が、正統派レシピに近づけるには、、塩鱈を多めにして、身を細か〜くし、ジャガイモを柔らかめに作ると「本場ニーム風ブランダッド」と呼ばれるものに近くなります。

ポテトサラダ位の食感で仕上げても、イケますが、本場フランスは、ニーム風に仕上げるには手間を押しまず、とにかくスムーズに、緩めに滑らかに作ります。

・材料

・塩鱈(タラのソテーの残りでも)
・ジャガイモ(男爵芋でなめらかに仕上げると本場風に)

・ニンニク(すり下ろして、お好みの量)
・牛乳適量(タラを調理する時加える)
・刻んだハーブ(タイム、パセリなど)

・作ってみよう
塩鱈をフライパンでソテーし、コショウ、ニンニク、牛乳を加え風味をまろやかにして身をほぐす(細い方がグッド)

別にジャガイモを茹で、マッシュポテトを作り、ミルクで緩さ硬さを、お好みの硬さに仕上げておく。

なめらかに、全ての材料を、混ぜ合わせれば出来上り。

耐熱皿に入れパン粉、パルメザンチーズ等、を振りかけてグラタンにしても美味し

・注意点

フランスと日本の素材の違いがあります。

こちらフランスの干し塩ダラはやや癖がある味ですが、

フランスの食材は風味が強く、日本の食材は味がマイルドです。なので、

仕上がりの味が物足りない時は、バターを加えるなど、の工夫されると良いでしょう

ブログランキング応援クリックお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フランス人の、セール戦術に学ぶべし
2018.3.29
フランス ソルド2018年開始 フランスで、毎年恒例のセール「ソルド」が始まりました。 ソルドの時期でしか買い物をしない、フランス人が80%程もいることが、ニュース番組でも伝えられ フランス国民がホボ全員参加する。といっても過言ではない、ホットな国民的行事です。 日本のセールとは違う訳は。。。 フラ...…
クリスマスティー|冬のヨーロッパ風物詩
2018.3.29
クリスマスティー 寒〜い、寒〜い、フランスの長〜〜〜い冬 クリスマス、ニューイヤーと、一年でも大きな、イベントが続く時期。 「クリスマスティー」は、フランス人に、人気の飲み物で、フランスだけではなく、ヨーロッパ全土でもポピュラー。 名前の通り「クリスマスに、飲むお茶」 飲めば、ホカホカ体が温まる、冬...…
フランス土産バラ撒きベスト4はコレだ!予算・買い方ガイド
2018.3.29
フランスのお土産買い物は迷わず こんにちは、フランスで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 楽しくも、忙しい観光の最中、日本へのおみやげを「 何が良いか?」と、悩む時間は勿体無い!ですよね。 そこで今回 気楽に買えるお値段で「おいしい」「使える」「喜ばれる」そんな、フランスのバラ撒き土産ベス...…
世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方|駅から写真解説
2018.3.29
世界遺産要塞都市まで、徒歩30分?! こんにちは、カルカッソンヌで観光ガイドをしているBIJA(ビジャ)です。 今回は現地カルカッソンヌ駅から、世界遺産カルカッソンヌ城までの歩き方レポートをお送りします。 世界一の城壁を誇るお城まで、歩いてみませんか? 早足で約30分で、カルカソンヌ駅から、お城まで...…
フランス語 美しく話す方法!?
2018.3.30
仏語発音が日本人に難しい訳 仏語の発音を正確に話すのに、日本人は、とても単純な事を見落としています!!! 私がそのワケを発見した、ストーリーを語らせて下さいませ。。 フランス語の発音は、難しいどころでは、ありません その理由を、考えたことがあるでしょうか? 日本人の自分に、発音が難しい、その理由を、...…
ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
2018.3.29
仏人の好きなものランキング2位!! 今日本に拡散中の 世界制覇を成し遂げた!模様のムールフリットとは!? パスタ鍋大一杯の、大量のムール貝と、山盛りフライドポテトのお料理。 「ムール・フリット(Moules Frites)」 フランス語では、 ムール(Moules):ムール貝 フリット(Frites...…
仏人が結婚しない3つの訳(仏人と結婚して見つけた) 
2018.3.30
まず、結婚したがる日本人 私は、、フランス人と長〜い間の交際期間を経て、、、 私は結婚しましたが、日本人と仏人の、恋愛結婚観の違いに戸惑い、必然的にその事について、考察して来ました。 そして、その事を 「フランス人が結婚しない三つの訳」として、この記事にまとめてみました。 日仏間の、恋愛結婚感覚の違...…

スポンサーリンク
  • 「フランスで魚」が安く!美味しく!!食べられる日の秘密!!!
  • クリスマスティー|冬のヨーロッパ風物詩
  • 海外でも、オイシイお米がたべたい!フランス生活が長い私の場合
  • ムール貝をフランスで食べると|一人バケツ鍋一杯が当たり前
  • スープ・ド・ポアソン|お魚のスープ
  • フランス人はアスパラガスがお好き
おすすめの記事
フランス人はアスパラガスがお好き
美味し国フランス
目次アスパラガス=春がフランスの春フランスのアスパラガス色々野生のアスパラガス仏人のアスパラガスのの味わい方豪華三ツ星レストランの味アスパラ...
フランスの新年の祝い方
フランス人観察記
目次フランスの新年の祝い方はソレゾレフランスのお正月飾りフランス新年のご馳走私の新年の晩餐体験まとめ スポンサーリンク フランスの新年の祝い...
南仏小さな街のクリスマス飾り写真集
フランス国事情
目次南仏小さな街のクリスマスの飾り写真集クリスマス飾り、お店入り口編クリスマスツリ何にでもクリエイティブまとめ スポンサーリンク 南仏小さな...
フランス人は禅「ZEN」が好き
フランス人観察記
目次フランスで日本の禅はZENとしてポピュラー禅てナニ?日本発の禅が、なぜフランスでZENとなったか?欧米では、禅とは スポンサーリンク フ...
リンゴの世界&世界のリンゴ
美味し国フランス
目次大量のりんご!!りんごを長持ちさせる保存方法りんごが沢山の時作ろうアップルスープりんごの薀蓄 スポンサーリンク 大量のりんご!! 籠イッ...
仏国の聖なる味のバター
美味し国フランス
目次フランス人はバターにまじめ農業大国バター大国バターの種類フランス人とバターの話をするとバターの歴史象徴としてのバター スポンサーリンク ...