美味し国フランス

白いタラのブランダッド

近頃、フランスの塩漬けの干し鱈が
食べられるようになった私は

自分が進化して

「フランス生活に適応」しのだと、、、
思いました

この「塩漬けの干しタラ」を食べれるよう
になるまで、フランスに住んで、数年の月
日が流れていてました。

「イキのいい魚」が豊富な日本で育ち
「刺身」「塩焼き」とお魚が、シンプルでも
美味しく食べられる、環境で成長したワケで
すから。

なんで又?

塩の結晶まみれの、魚の化石化したよう
なのをワザワザ、食べるんだ、、と

この塩漬けの干しタラの事は、完全に、
食べ物としては「圏外」にしていました。

しかもコノ塩干しダラ、調理の下ごしらえに
、2日間水に浸け、数度水を取り替えるとい
う、手間のかかるものだと聞いて、

「絶対ワタシには、関係ない物」だと、思
っていたんです。

デモ、、、少し前

この「塩漬け干しダラ」が入った「ブラン
ダッド」と云うジャガイモのピューレを

「カリッとしたバゲット」と食べて見ると
、、、、、

「美味しかったんです!」

それ以来、

私の「塩漬け干しダラ」に対する、偏見は
無くなり、

この国に、根ざした食文化なんだから

キット、深〜いワケがあるに違いなく
むげに拒絶するものではナイ、、、、
と考えを改めました。

やはり、その土地の食べ物は、長い時間の
中で育まれ、何か理由があって今日、コン
日存在するんだと。。。

スポンサーリンク

実際、塩漬け干しダラの歴史は古く

ヨーロッパでは、中世の頃にはすでに民間
に普及し、美味で保存の効く食材として重
宝され、

農作物の不作の年には、飢饉を救っていた
という「えらいモノ」だったんです。

現在は、魚屋さんや乾物屋さん等で、よく
見かけます。

img_0461
屋台のおじいさんがイイ味出してます

塩がビッシリ付いている、塩漬けですから
、冷蔵庫で2ヶ月ほど保存できるそうです。

手間な下ごしらえの、塩抜きは、、、

最低1日、普通で2日は、水に浸し、そし
て、数度水を取り替え変えなくてはならな
いそうですが、

後は「煮るなと、焼くなと」好きに調理で
きるので、冬が寒く長〜い所では、、重宝
される食材なんですね。

 

この塩漬けのタラを使った、レシピが

塩鱈入りポテトピューレです
La brandade de morue

注:干した塩鱈 morue、
ブランダド(白いという意)brandade

フランスでは大変ポピュラーで、パンに塗
って食べるんです。

ポテトのピューレに塩鱈、ニンニク、ハー
ブ、などを混ぜこんであり、少し癖のある
塩鱈の風味が、イイ塩梅で

カリッとしたバゲットと相性抜群です。

フランス庶民に「人気のお惣菜」で魚屋
さんや、デリカッセンで売レっ子です。

工場で作られた、ものが多いのですが、

やはり、ホームメードが美味しいので
手作りの物を売っている、お店で買うの
が勧めです。

それか、少し高級なデリカ屋さんのも味
が良いです。

日本では、、

塩の効いた鱈と、ジャガイモ、ニンニクが
あればもちろん、家庭でも作れます。日本
でも塩鱈で代用できると思います。

元々南仏の田舎料理ですから、作り方はそ
う難しくありません。

ブランダッドの作り方

ポイント:田舎料理なので、塩鱈の分量割
合等は、適当ですが、

塩鱈が多めで、身を細か〜く
し、ジャガイモを柔らかめに作ると「本場
ニーム風ブランダッド」と呼ばれるものに
近くなります。

ポテトサラダ位の食感で仕上げても、イケ
ますが、

本場フランスは、ニーム風に仕上げるには
手間を押しまず、とにかくスムーズに、緩
めに滑らかに作ります。

材料:

塩鱈(タラのソテーの残りでも)
ジャガイモ(男爵芋でなめらかに仕上げると
本場風に)

ニンニク(すり下ろして、お好みの量)
牛乳適量(タラを調理する時加える)
刻んだハーブ(タイム、パセリなど)

①塩鱈をフライパンでソテーし、コショウ
、ニンニク、牛乳を加え風味をまろやかに
して身をほぐす(細い方がグッド)

別にジャガイモを茹でマッシュポテトを作
りお好みの硬さに仕上げておく。なめらか
に混ぜ合わせれば出来上り。

耐熱皿に入れパン粉、パルメザンチーズ等
を振りかけてグラタンにしても美味しい。

こちらフランスの干し塩ダラはやや癖があ
る味です。

フランスの食材は風味が強く、日本の食材
は味がマイルドです。なので、

仕上がりの味が物足りない時は、バターを
加えるなど、の工夫されると良いでしょう

スポンサーリンク

関連記事:
うまし国フランス①|白いタラのブランダッド
・うまし国フランス②みんなの味方ポタージュスープ
うまし国フランス③|りんごの世界&世界のりんご
フランス人が好きな日本食、嫌いな日本食①
フランス人が好きな日本食、嫌いな日本食②

このブログはランキングに参加しています
応援クリックお願いいたします!!


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 標準的なフランス語って何?
  2. フランス人が英語を話さないワケ

関連記事

  1. 美味し国フランス

    仏国の聖なる味のバター

    フランス国民の、美味しいバターに対する情熱は熱く、…

  2. 美味し国フランス

    フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?

    日本人が毎晩家で、寿司、うなぎに天ぷら、すき焼きなどの、ご馳走を…

  3. 美味し国フランス

    フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食①

    仏人との味覚の違いを知るって、大事フランス暮らしが、結構、長〜い私…

  4. 美味し国フランス

    フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食②

    フランス人は日本食、日本文化に興味しんしんフランスでも、日本食の定…

  5. 美味し国フランス

    フランス人も病みつき旨旨ポテト

    美味しい、じゃがいも料理があれば、みんな幸せで、世界は平和になるか…

  6. 美味し国フランス

    タルトの王国フランス

    ケーキ文化の違い国が違えば、食の好みも違い、スイーツ、ケーキも…

twitter

最近の記事

  1. 仏国がマクロビオティックなワケ
  2. 仏国主夫主婦事情
  3. 南仏ガイド③|トゥルーズ 薔薇色の街て本当にバラ色?
  4. 秋フランス旅行気候と服装|トレンチコートは伊達じゃない
  5. フランス人の好きな日本食、嫌いな日本食①

おすすめ記事

  1. フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  2. フランスのチップ事情②|相場と渡し方
  3. 白いタラのブランダッド
  4. フランス人の長生きの秘密の晩御飯は?
  5. カルカッソンヌ名物料理カスレへの招待状

フランス人関係性特集

ブログランキング

  1. フランス人観察記

    フランスのシングルマザー達
  2. フランス国事情

    フランスチップの習慣①|どんな時必要か?
  3. 美味し国フランス

    フランス人も病みつき旨旨ポテト
  4. 美味し国フランス

    ガレット・デ・ロワ|王様になれる美味しい楽しみ
  5. カルカッソンヌ旅情報

    カルカッソンヌのレストラン|今一番熱いビストロ
PAGE TOP